どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

格安SIMのYモバイルって安さと速度が知りたいです!

笹塚 神之介笹塚 神之介

Yモバイルは格安SIMの中で特でも安さと速度を兼ね備えた格安SIMです。/char]

本記事では、Yモバイルを使う事でかかる料金から通信速度など、Yモバイルを使う場合に気になる問題が解決できます。

そもとも格安SIMを利用することで、大手キャリアより格段に安くなるので毎月の固定費を安くできるようになるので、是非導入して頂ければと思います。



Yモバイルの格安SIMは高評価!料金も大手キャリアの30%以下!

それでは、格安SIMの中の一つ、Yモバイルを使う事で得られる利点と料金を解説していきたいと思います。

Yモバイルの料金プラン「スマホプラン」

Yモバイルのスマホを契約した際に加入するスマホプランは、データ通信量に応じてS・M・Lの3種類から選べるようになっています。

シンプルな料金プランで誰にでも分かりやすく、契約から1年間は1,000円引きで利用できます。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 ※ 1,980円
※13ヶ月目以降
2,980円
2,980円
※13ヶ月目以降
3,980円
4,980円
※13ヶ月目以降
5,980円
通話料 10分以内の通話が何度でも無料
10分を超過した場合、30秒につき20円
データ通信量 2GB→3GB 6GB→9GB 14GB→21GB
制限時通信速度 上下最大200Kbps
契約期間・解約金 2年間・9,500円

※利用開始月から25ヵ月間の「スマホプラン割引」利用開始月26ヵ月目以降におけるスマホプラン長期利用者向け特典適用時。

全プランに通話定額が含まれており、10分以内の通話が何度でもかけ放題になります。

10分を超過した場合は30秒当たり20円が発生するため注意です。まぁ10分もあれば大抵事足りますよね。

データ通信量は契約から2年間は通常から2倍に増量され、3GB、9GB、21GBから選べます。

私はデータ通信量はあまり使わないのでスマホプランSを契約していますが十分事足ります。

ご覧の通り、2000円程度でデータ通信料3Gと無料通話10分まであるスマホプランSですが、以前使っていたソフトバンクの料金だとデータ通信1Gだけで2400円ぐらいでした。

ちなみに2G以上使うと4400円ぐらいまで上がります。高すぎ。

値段が違いすぎますよね。本当にビックリです。

また、あまり知られていないのが、Yモバイルではスマホなどの端末とセットで購入する以外にSIMのみ”でも契約することができます。

Yモバイルの対応端末であれば、現在お持ちの端末をSIMロック解除すればそのまま使うことができます。

Yモバイルの契約期間・解除料について

Yモバイルは非常に安いですが、スマホプランの契約期間は24ヶ月間と大手キャリアと同じいわゆる「2年縛り」が付いています。

期間内に解約をすると9,500円の解除料が発生するため注意が必要です。

ですので、契約してから2年後の月と翌月までの間が無料で解約できるようになるので、事前に無料で解約できる時期を調べておく必要があります。

契約期間の縛りがない「スマホベーシックプラン」も用意されていますが、割引サービスが適用されないため毎月の料金が高額になってしまいます。

月額料金 データ通信量
スマホベーシックプランS 5,480円 2GB→3GB
スマホベーシックプランM 6,480円 6GB→9GB
スマホベーシックプランL 8,480円 14GB→21GB

複数台使いたい人はシェアプランがお勧め

スマホやタブレットを複数台使う方にはシェアプランがオススメです。シェアプランに加入することで親回線のパケットを最大3回線まで子回線に分けあえます。

基本使用料 データ通信量 追加最大枚数
スマホプランS 980円 3GB 3枚まで
スマホプランM 980円→490円 9GB 3枚まで
スマホプランL 980円→0円 21GB 3枚まで

この子回線はデータ通信専用で、タブレットや他社のSIMフリースマートフォンなどでサブ機として使用するのに適しています

シェアプランの子回線で音声契約は出来ないので、他社のシェアプランのように家族で分けあって使うイメージとは少し違います。

ドコモでは子回線でも基本使用料に加えてシェアオプションの加入が必須となりますが、ワイモバイルではシェアプランの「基本使用料のみ」でOKです。より安価で複数枚のSIMが使えます。

パケットマイレージでパケットを無料で手に入れよう

Yahoo! JAPAN関連サービスを使えば使うほどマイルが貯まり、貯めたマイルをデータ通信量として利用できる「パケットマイレージ」もワイモバイル独自のサービスです

Yahoo! JAPANアプリやブラウザ版のYahoo!トップページを開いて利用するだけで毎日マイルが貯まります。

さらにボーナスマイルやお得なクーポンなどが当たる「パケくじ」もあります。

貯まったマイルは翌月無料で追加できる高速データ通信量になり、600マイル(プラチナ)まで貯めると翌月のデータ通信量は無制限になります!

無料でも毎日コツコツアクセスするだけで貯まっていくのでぜひお試しください。

データ増量無料キャンペーン

新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクからの番号移行といった新規契約、または機種変更時にスマホプランS/M/Lに契約すると、データ増量オプションの月額料金が2年間無料。データ増量オプションの月額料金は500円なので、2年間で12,000円相当の割引になります。

データ増量オプションは通常の容量が1.5倍になる優れもの。最も容量の少ないスマホプランSでも容量が2GB→3GBと増量されるので、使い勝手が良くなりますね。

スマホプランS +1GB(2GB→3GB)
スマホプランM +3GB(6GB→9GB)
スマホプランL +7GB(14GB→21GB)

申込翌月から2年間、データ通信量が契約プランの2倍使えます。データ通信量が大きくなるほど増量される容量も増えていきます。

Yモバイル契約者にはYahoo!プレミアムが無料!

一番大きな特典ですが、Yモバイルを使うとYahoo!プレミアム(月額462円)が無料になる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」がとてもオトクな内容になっています。

「Yahoo!ショッピング」、「LOHACO」で買い物をする際にポイントが通常1%なのに対していつでも5倍貯まります。人気オークションサイト「ヤフオク!」なども制限なしで利用可能。Yahoo!関係のサービスを利用している方はよりお得に使えます

⇒ Yモバイルの詳細を確認する


Yモバイルと大手キャリア携帯の具体的な値段の違い

Yモバイルの利点や料金をご紹介したので、大手キャリア「ソフトバンク」と比較してみましょう。

ソフトバンクの料金プラン

Yモバイルと同じ条件のデータ通信が3G使えるプランを簡単に記載すると

データ定額料 5,980円/月
基本通話プラン 1200円/月
ウェブ使用料 300円/月

合計金額は7,480円/月になります。高すぎ。

Yモバイルの料金プラン

そして改めてYモバイルのデータ通信が3G使える料金プランは

データ定額料 1.980円/月
基本通話プラン 0円/月
ウェブ使用料 0円/月
特典 Yahooプレミアム無料(+462円)

料金の違いが一目瞭然ですよね。

これを知っても大手キャリア(他の大手キャリアも同じぐらいの金額です)を使い続けますか?

この金額の差額が5,962円ですね。1年で約7万円ぐらいの節約になります。

なので、Yモバイルに乗り換える事で毎年7万もお金がふえるようになります。

変えない手はありませんよね。

⇒ Yモバイルの詳細を確認する


最後

今回は格安SIMの中のYモバイルについて書いていきました。

まだ大手キャリアを使っている人は、この記事を読んで格安SIMに変更するのを検討してみてはいかがでしょうか?

それでは。

記事で紹介した格安SIM