世の中には美味しい食べ物って沢山ありますよね?

  • ステーキ
  • ハンバーガー
  • フライドチキン
  • ビザ
  • 鶏のから揚げ

など多種多様にあります。

 

でも、その食べ物は【あなたの体を蝕んでいる】としたら、あなたは食べ続ける事はできますか?

 

よく、

「体に悪いのは知ってるけど、ついやっちゃうんだよネー」

といった風に分かっているけど、続けてしまう事はあなたも身に覚えがあるはず。

 

今回の記事で取り上げる食事に関しても、

正しい知識を持たないと、知らない間にあなたの体が取り返しのつかない状況になります。

 

結論から言えば、体を健康的な状態にする最善の方法は【免疫力を高めるだけ】で実現します。

その具体的な知識は

↑の書籍を参考にさせて頂きました。

順天堂大学の医学部教授が書かれた著書で、とても説得力のある本となっております。

 

この記事を参考にして毎日食べる食事を見直し、体を芯から作り変えてみてくださいね。


簡単に体調が良くなる食事とはどんなもの?

毎日誰でも食事をとっていますが、よく考えずに食べている人が大半です。

体調を崩している原因は主に【添加物まみれの食品を食べているから】です。

なので、出来る限り自炊を行って添加物をなるべく含まない食事をとる事が大切です。

 

最近では良く聞く【生活習慣病】という病気が有名になっています。

主に

  • がん
  • 脳血管疾患
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 動脈硬化症
  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症

といった漢字だらけで如何にもヤバそうな病気だらけです。

 

食事を見直す事で、上記の生活習慣病は劇的に改善する事は明白です。

 

また、あなたの日常生活の中で行われる

【睡眠・運動】によって予防する事ができます。

 

今回は食事について詳細を書いていくので、その前に

睡眠を詳しく知りたい方はこちらの記事を

 

運動について詳しく知りたい方はこちらの記事を

参考にしてみてください。

 

それでは具体的に食事で免疫力を高める為の知識を紹介していきます。


免疫力を上げる食事習慣

体調を良くする食事の紹介の前に覚えておきたい知識があります。

それは【あなたの腸】についてです

 

なんと、体の8割の免疫力を作っているのは、あなたの【腸】だという事です。

要するに腸に良い食事を心がける事で免疫力は上がっていくんですね。

 

それも踏まえて、食事を行う際に気を付けておく事を紹介していきます。。

具体的に以下の5点です。

  • ①ゆっくりよく噛んで食べる
  • ②腸に良い食材を食べる
  • ③納豆・豆腐を食べる
  • ④オリーブオイルを摂取する
  • ⑤糖質はあまりとらない

①ゆっくりよく噛んで食べる

よく食事をする時に、ガーっと口に食べ物をかきこんであまり噛まずに水で胃の中に流し込んでいる人がいます。

いわゆる「早食い」をする人がいますが、これは完全にNGです。

 

しっかり噛まれていない食材は十分に栄養を吸収する事が出来ず、無駄に胃の粘膜で溶かす必要が出てきます。

効率が悪く、体も無駄なエネルギーを使う状態になってしまいます。

 

なので、食事をするときはゆっくりよく噛んで、粉々になってから飲み込むようにしましょう。

だいたい30回前後で口の中の食べ物は粉々になるので、30回前後を目安に噛むようにしましょう。

②腸に良い食材を食べる

冒頭でもお伝えしましたが、腸が体の免疫力の8割を作っています。

その腸に良い食品として「発酵食品」が挙げられます。

 

発酵食品は発酵過程で乳酸菌が増殖している食材なので、食べる事で腸内の善玉菌が増え腸内環境を良くする効果があります。

善玉菌って何?

善玉菌とは腸内にいる菌の事です。

腸内には【善玉菌・悪玉菌・日和見菌】の3種類が合計100兆ぐらい生息しています。

  • 善玉菌が優勢だと腸内環境は良くなり健康的な日々を過ごせます。
  • 悪玉菌が優勢だと腸内環境が悪くなり様々な不調が起きていきます。

※日和見菌は中立の菌

 

主に発酵食品は

  • ヨーグルト
  • 味噌
  • 納豆
  • 醤油
  • チーズ
  • ぬか漬け
  • キムチ

になります。

 

ひとまず、日頃から上記の食材は積極的に食べるようにしましょう。

善玉菌の餌になる食物繊維

発酵食品と合わせて食べたいのが食物繊維を多く含む食材です

食物繊維は善玉菌の餌になるからです。

 

なので、積極的に摂取する事で腸内環境は良くなります。

 

食物繊維には

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維

の2種類があり、文字通り【水に溶けないかどうか】の違いがあります。

善玉菌の餌になるのは水溶性食物繊維ですね。

 

「それじゃ不溶性食物繊維はいらないの?」

と思うかもしれませんが、不溶性食物繊維は水を吸収して膨張するので腸内に貯まった便を押し出してくれるので便秘予防になります。

 

結論、食物繊維は非常に重要な栄養素という訳ですね。

③納豆・豆腐を食べる

タンパク質も非常に重要な栄養素です。

タンパク質はあなたの体を作り上げる大切な素材なので、主に納豆や豆腐などの植物性タンパク質から摂取するようにします。

お肉からもタンパク質は摂取できますが、余計な脂質なども取ってしまうのでやめておきましょう。

 

また、納豆は↑でも紹介した【発酵食品の代表格】です。

出来れば毎日1パックは摂取する事を心がけるといいでしょう。

④良質な油を摂取する

脂質も非常に重要な要素を含んでいます。

 

まず気を付けてほしいのが【酸化した油で揚げた物・トランス脂肪酸で揚げた物】この2つです。

つまり、外食などの揚げ物は完全にNGです。

理由は揚げ物などに使われている油は酸化している油を使っている可能性も高いからです。

こちらも同様に悪玉菌が大量に作られます。

 

また、トランス脂肪酸を多く含む【ショートニング】で作られるクッキーなども控えるようにしましょう。

他にもトランス脂肪酸が含まれているのは【マーガリン】です。

パンにはバターを塗るようにしましょう。

 

ちなみに、パンも体に良くない、

詳しくは↓からご覧ください。

 

良質な油を取る方法として

  • エクストラバージンオリーブオイル
  • エクストラバージンココナッツオイル
  • 亜麻仁油

から油を摂取する事です。

 

ただ、

  • 亜麻仁油
  • エクストラバージンオリーブオイル

は加熱をすると毒性の油になり栄養素が消えるので、加熱をしないで野菜にかけて食べるようにします。

 

後半で良質な油を使ったレシピを紹介するのでお楽しみに!

⑤糖質はあまりとらない

糖質を多く摂取すると、あなたの体はヤバイ状態になります。

症状としては主に

  • 太る
  • 病気リスクが上がる
  • 老ける
  • 中毒になる
  • 集中力低下
  • イライラする
  • 脳みそ機能低下

などを引き起こします。

 

糖質は甘いので油断すると、沢山食べてしまいます。

非常に注意が必要なんですね。

糖質が含まれる食材

糖質が含まれる食材をざっとまとめると

  • ご飯
  • うどん
  • パスタ
  • パン
  • お菓子
  • アイスクリーム
  • ジュース
  • 砂糖

などです。

 

全部無くせ、という訳ではなく【取り過ぎないのが大切】という事です。

ただ、【お菓子・ジュース・砂糖】などには要注意。

中毒性も高く、大量に摂取してしまう場合があるので気を付けてください。


簡単に体調をよくする食事レシピ4選

食事習慣を覚えたところで、具体的にどんな料理を食べればいいのかを紹介していきます。

それは以下になります。

  • ①納豆+オクラ
  • ②お味噌汁+わかめ+きのこ+豆腐
  • ③ブロッコリー+良質な油+鯖缶
  • ④りんご+アボカド

①オクラ納豆【奇跡の食材】

これは納豆とオクラを混ぜ合わせて食べるだけなので、非常に簡単です。

 

手順としては

  1. 納豆のパックを開ける
  2. 水洗いしたオクラを輪切りにする
  3. 納豆に乗せて混ぜる

これだけで完成です!

 

納豆は↑でも書いた通り、腸内の善玉菌を増やすしタンパク質も摂取できる【奇跡の食材】と呼ばれているぐらいです。

臭いが嫌いな人は、すぐに鼻をつまんで食べる訓練から初めていきましょう!

②お味噌汁【黄金のスープ】

味噌も↑で書いた通り、発酵食品なので腸にいいです。

 

更に、具材として腸に良い食物繊維も効果的に摂取できる【黄金のスープ】と呼ばれる料理なんです。

主に味噌汁に入れたい食材は

  • 昆布だし
  • こんにゃく
  • わかめ
  • きのこ
  • 豆腐

などですね。

 

手順としては

  1. 小型の鍋に400ml程度の水を入れる
  2. 昆布だしを入れる
  3. ジャガイモを切って入れる
  4. たまねぎを入れる
  5. こんにゃくを入れる
  6. カットわかめを入れる
  7. きのこを入れる
  8. 味噌を溶かす
  9. 豆腐を入れる
  10. 5分ぐらい中火で煮込む

以上で黄金のスープの出来上がりです。

 

入れる具材を変える事でバリエーションも増え、非常にお勧めな料理となっています。

ただ、↑で書いた

  • 昆布だし
  • こんにゃく
  • わかめ
  • きのこ
  • 豆腐

これらの食材は必ず入れておきましょう。

③ブロッコリー+良質な油+鯖缶

最後はブロッコリーと鯖缶にオリーブオイルをかけた料理です。

「いきなり鯖缶!?」

と思った方もいますが、鯖缶には良質な油が含まれています。

オリーブオイル+鯖缶で体の脂質を良質なものに変えていきましょう。

 

あと、ブロッコリーは加熱すると栄養素が減るので生で食べます。

なので、全く火を使わずに作る事ができます。

 

手順は

  1. ブロッコリーをカット(茎も食う)
  2. 食べる量を皿に盛り付け鯖缶と混ぜる
  3. 味の素とクレイジーソルトをかける
  4. オリーブオイルをかける

で完成です。

 

大切なのは味の素とクレイジーソルトです。

この2つをふりかけるだけで超絶美味しいサラダの出来上がりです。

 

④りんご+アボカド

料理か?

と疑問を思うかもしれませんが、この2つの果物が非常に体調を整える上で大切なんです。

 

りんごは腸内環境を整える働きを行い、アボカドは良質な油を摂取できる。

非常に体調改善効果のある果物2つなんです。

切ってすぐに食べられるものなので、毎日1つずつは食べるようにしてみては如何でしょうか。

 

以上の4つの料理を日々の生活の食事に取り入れる事で体調が良くなっていくのを実感できますよ。

番外編:お肉は美味しいけど…ね

以上のレシピで分かると思いますが、【美味しいお肉】はあまり食べない方がいいですね。

食べる事で、体の不調の原因になります。

 

なぜなら、今で回っているお肉は大抵畜産された動物だからです。

狭い飼育場で狭い場所に閉じ込められ、ストレス過多で育てられた動物の肉にはあらゆる薬品が投与され育てられています。

そんなよく知らない薬品まみれの動物の肉を食べたくはないですよね。

 

でも、多くの日本人はその事実を知らない為、お肉を沢山食べています。

更に多くの人が【美味しい】には歯向かえないんですね。

 

一時的な美味しさを求めたい方は「ご自由にしてください」

ですが、体調を良くする食事を心がけたい方は、腸に良い食事をとるようにする事で格段に日々の活力が上がっていきますよ。

まとめ 食事を見直し健康的な日々を過ごそう

さて、今回は食事から免疫力を上げる食事習慣から食事レシピについて紹介しました。

食事はあなたの体を作り上げている大切なものです。

 

なので、【美味しい】という理由だけで体に良くないものを取るのを減らしていきましょう。

 

あなたを作り上げているのは食事だという事を忘れないでくださいね。

 

最後に、

健康的な体を手に入れるには【睡眠・運動・食事】などを改善する事で実現できます。

 

今回の記事では食事についてまとめていきましたが、

睡眠を詳しく知りたい方はこちらの記事を

 

運動について詳しく知りたい方はこちらの記事を

参考にしてみてくださいね