これからコロナの影響で在宅勤務が多くなっていく時代です。

そんな時代にあなたはまだ家で座って過ごしてはいないでしょうか?

 

「え? 座って過ごすって悪い事なの?」

こういった風に思う人も多いでしょう。

 

まず、初めにお伝えしたいのは【座り過ぎは死亡リスクが高めます】

オーストラリアの座位行動研究第一人者であるシドニー大学のネヴィル・オーウェン博士の調査研究の結果では、

  • 座っている時間が1日4時間以上の人は死亡率が増加※4時間未満の人と比べて
  • 8時間~11時間座っていると死亡リスクが15%増加
  • 11時間以上だと40%増加

などなど、座る行動があなたの肉体に与えている悪影響は想像以上のものとなります。

 

今会社に出勤している方で、どうしても座って仕事をしないといけない環境にいる方は仕方ないですが、

家にいる時間だけは出来る限り座っている時間を減らしたくはないですか?

 

それを実現するのが【環境を変える】ということです。

つまり、家のデスクを【スタンディングデスクに変える】という事ですね。

 

私は2019年の5月からスタンディングデスクを導入して2年が経過しようとしています。

↑のように既に持っているデスクを改造してスタンディングデスク化させています。

足元にはステッパーを配置して、足踏みしながら作業をする事もできるような環境にしています。

 

その経験も踏まえてスタンディングデスクの効果やメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。


スタンディングデスクの効果とは?【導入方法とおすすめデスク】

私は2019年の4月ぐらいからメンタリストDaiGoさんのチャンネル会員になり、ひたすら勉強になる動画を見まくっていました。

最近ではDラボと名称を新たにして独自サービスとして確立しています。

 

そのサービス内の多くある動画の中で、部屋で集中力を上げる方法の動画で【スタンディングデススの必要性】を強烈に説いていたのが印象的でした。

メンタリストDaiGoさんのYoutubeチャンネルを見ている方ならご存じだと思いますが、常に立って過ごしています。

 

2019年の5月ぐらいから、そんなメンタリストDaiGoさんに憧れて私自身もスタンディングデスクを導入しようと決めたです。

 

それから気が付いたら2年が経過していました。

今では、2年前とは比べものにならないぐらいの健康体を手に入れる事ができ、メンタリストDaiGoさんには非常に感謝しています。

 

では、具体的にどんな効果があったのかを紹介していきますね。

実際に2年立ち机をして感じた事7選

  • ①眠気防止
  • ②集中力向上
  • ③姿勢が良くなる
  • ④運動不足軽減
  • ⑤ダイエット効果
  • ⑥行動力アップ
  • ⑦椅子を置く場所が必要ない

①眠気防止

あなたに想像してほしいんですが、

【立ったまま寝れますか?】

 

……多くの人が寝る事は難しいと思います。

 

でも座ったままならどうでしょう?

殆どの人が寝る事が出来ると思います。

 

そうです。

スタンディングデスクには睡眠防止の効果が爆裂にあるんです。

②集中力向上

集中力を生み出しているのはどこだと思いますか?

それは【あなたの脳みそ】です。

 

脳みそに血液が十分に行き届いている状態が集中力が高い状態と言えます。

立っている状態だと【ふくらはぎがポンプの効果を発揮】して脳に十分な血液を運んでくれるんです。

それにより、集中力が向上する効果があります。

 

でも、座っている状態だと上手くふくらはぎは機能しておらず、脳みそに血が十分に回らず集中力が続かない思考停止状態になる訳です。

結果的に集中力が低下するんですね。

③姿勢が良くなる

座っている状態だとどうでしょうか?

結構の方が猫背になっているんじゃないでしょうか。

 

ですが、立っていると【猫背】なんてしません。

なぜなら猫背のまま体制を保つのが難しいからです。

 

そういった風に、スタンディングデスクは姿勢矯正にも役に立つと言えます。

姿勢が良くなると【あなたのやる気UP】に繋がり、更に高い生産性を叩き出せるようになるでしょう。

④運動不足軽減

立っている状態と座っている状態、

明らかに筋肉を使っているのは立っている状態ですよね?

 

また、更に運動不足を向上する方法としては【スタンディングデスクにステッパーを設置】する事です。

今、私の足元にあるステッパーが↑になります。

 

絵を描いたりする時は、足踏みせずに立った状態のまま作業をしますが

【うっかりYoutubeの動画を見たり】

【アニメを数話見てしまったり】

する時などは、その場で足踏みしながら視聴する事ができる訳です。

 

要するに

【娯楽】→【運動する時間】

に変換可能なのです!

画期的すぎます。

 

スタンディングデスクを設置する際はステッパーも合わせて用意するがおすすめです。

⑤ダイエット効果

立ちながら作業をしていると、私の様に自然と【健康面を意識】し始めます。

 

ダイエットが挫折する大きな理由は【いきなり大きく変化させる】事が原因です。

でも、日常の1部を少しずつ変化させていけば継続は苦じゃなくなります。

 

スタンディングデスクにする事も、結果的にダイエットに役に立つ行為になっているだけで、

あとはあなたの好きなタイミングで

  • 食事を見直したり
  • HIITなどの運動を取り入れたり
  • 睡眠時間を見直したり

などするキッカケになっていくんですね。

↑で私が実践した健康を整える最高の方法をまとめています。

⑥行動力アップ

スタンディングデスクを導入する過程で、既に行動力が発揮されている訳です。

 

なので、導入した時点で【あなたは達成感】を得る事が出来ます。

達成感を得ると、脳内麻薬と言われている【ドーパミン】があなたの脳内に分泌されます。

それにより快楽を得られ、行動する事に楽しみを見いだす事ができるんです。

 

ドーパミンとは、

ポルノ中毒や、ギャンブル依存症など【辞める事が出来なくなる状態】にする原因の脳内伝達物質です。

 

スタンディングデスクを導入する事で【あなたは行動した事の達成感】をまた経験したくなるんです。

使い方によっては地獄に落ちるドーパミンですが、上手く使って自分の成長に繋げていきましょう!

⑦椅子を置く場所が必要ない

スタンディングデスクを導入すると、椅子がいらなくなります。

 

椅子って結構スペースを取っている事をお気づきでしょうか?

その椅子をヤフオクやメルカリで売る事で、お金も手に入りますし部屋も広くなりますよ。

 

 

以上の効果を私自身が感じたスタンディングデスクの効果となります。


スタンディングデスクの導入方法

では、具体的にスタンディングデスクを部屋に導入する方法を紹介していきます。

 

主に行える導入方法としては2つあります。

  • ①既存のデスクをスタンディングデスクにする
  • ②新たにスタンディングデスクを購入する

それぞれ解説していきます。

①既存のデスクをスタンディングデスクにする

既存のデスクをスタンディングデスク化にする方法は一番コスト的にも良い方法になります。

私自身、既存のデスクをスタンディングデスク化させています。

 

主な方法としては2つ

  1. 机の高さを底上げする
  2. 机の上に台を置く

1.机の高さを底上げする

机の高さを底上げする土台を机の脚元に設置して机の高さを底上げする方法です。

私も使っているのが↓です。

↑こんな感じで机の脚を乗せて高さを底上げする事ができます。

 

一番シンプルな方法となります。

2.机の上に台を置く

続いて、机の上に台を置いて高さを調整する方法です。

 

置く台は、正直何でもいいです。

私の場合は、

  • ちょうどいい高さの段ボールだったり
  • 本立ての木棚だったり
  • 貯金箱だったり

様々です。

お金を使わずにスタンディングデスク化したい人は、机の上に台を設置してみましょう。

 

でも、台になるものが無い場合は↓のような台を購入してみるのもいいですね。

②新たにスタンディングデスクを購入する

続いて、新しくスタンディングデスクを購入する方法です。

私も↑で紹介したデスクとは別にスタンディングデスクを購入して設置しています。

主に

  • 本を読んだり
  • 日記を書いたり
  • 模写したり
  • 簡単なパソコン作業

 

 

など、この机で行っています。

 

数あるスタンディングデスクの中から折り畳み式で、高さ調整も付いている状態で安いものはこれしかありませんでした。

当時すぐにポチった記憶がありますね。

既にあるデスクを改造できない方は、新たにスタンディングデスクを用意してみるといいです。

 

でも、大抵は改造できる机が殆どだと思います。

なので↑で紹介した方法をまずは試してみてくださいね。


スタンディングデスクを始める際の注意事項

さて、晴れてスタンディングデスクを導入したは良いものの、初めに大きな障害があなたを待ち受けています。

 

それは

【足が非常に痛くなる現象】

です。

 

そりゃ、立っている時間が長くなれば足に負担がかかるのは当たり前です。

ですが、安心してください。

良い対処法があるんです。

スタンディングデスク用の室内スリッパを用意

室内のスタンディングデスクで過ごす時の専用のスリッパを用意すればいいんです。

 

でも、スリッパだけでは物足りません。

更に必要なのが【底厚なインソール】です。

 

全体重の負荷が両足にかかるので、相応の対処が必要です。

私がいつも履いているのは↓です。

これが無いと、余裕で足が死にます。

使っているインソールは↓

大抵のインソールには接着機能が無いので、木工ボンドなどを代用して接着しておきます。

まとめ スタンディングデスクを導入すれば生産性爆増

今回は、私も2年間導入しているスタンディングデスクの効果や導入方法について紹介していきました。

これからコロナ過も長くなるのは目に見えています。

なので、スタンディングデスクは導入しなければ健康被害は目に見えています。

 

今の段階から在宅でも運動不足にならない対処をあなたも行ってみてはいかがでしょうか?

実際に導入する事で、運動不足以外にも

  • 眠気防止
  • 集中力向上
  • 姿勢が良くなる
  • ダイエット効果
  • 行動力アップ
  • 椅子を置く場所が必要ない

など、数多くの恩恵がスタンディングデスクを導入する事で得られます。

なので、スタンディングデスクを導入する価値は十分にあると思いますよ。

↑では、体調を整える方法がまとめています。