あなたは

「夜ベットに入ったけど、寝返りばかりで全然寝れないんですよね…」

といった事はないでしょうか?

 

それは体がまだ寝る準備が出来ていない証拠です。

私も数か月前までは睡眠を軽視していましたが、今では読書を通じて睡眠時間の大切さを身に染みています。

 

 

そして、寝つきが悪い時に活躍する睡眠を手助けしてくれるサプリメントも厳選して見つけ出したので、今回はそのサプリメントについて情報共有させて頂ければと思います。

 

あなたも

「なかなか寝付けなくて困ってるんだよね…」

と思っているのなら、是非当記事を読んで頂きサプリメントを試してぐっすり眠り気持ちのいい朝を迎えてくださいね。


睡眠サプリのおすすめ3選!私も実際に使っているサプリメント紹介!

実は睡眠の質を決めるのは【起きた時】から始まっています。

 

私たちは起きた後に行われる

  • 日光の光
  • リズム運動
  • 人との交流

などを行う事でセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。

日中にどれだけセロトニンを分泌させる事が出来たかによって、夜熟睡できる確率が変わっていくんですね。

 

ですが、生活が不規則であったり運動不足だった場合は十分にセトロニンが分泌されません。

その結果、夜眠りづらくなってしまうんです。

セロトニン(幸せホルモン)サプリ

そこで役に立つのがセロトニンをサプリメントで摂取する方法です。

夜寝る際、このセロトニンを材料にメラトニン(睡眠ホルモン)という物質を作り出して私たちに眠気をもたらしてくれます。

 

また、セトロニンを通常通り分泌されている場合でも、セトロニンがあればあるだけ【メラトニンは作られます】

その結果、よりよい睡眠を手に入れる事ができる訳ですね。

生活が不規則で

  • 日光の光
  • リズム運動
  • 人との交流

などの行動を十分に行えない場合は、サプリメントに頼るようにしましょう。


セロトニンサプリはこちら

メラトニン(睡眠ホルモン)サプリ

続いて、メラトニンを直接摂取できるアプリを紹介します。

 

↑で解説した通り、メラトニンはセロトニンを材料に作られる神経伝達物質です。

それをメラトニンを直接摂取する考え方ですね。

 

私はこのサプリメントを寝る前に服用しているのですが、明らかに寝つきのスピードが変わりました。

オーラリングという睡眠トラッキングツールを使っているのですが、睡眠までの時間が5分前後ぐらいです。

 

もう、ドラえもんののび太みたいに【ベットに入ったらすぐに睡眠】みたいな感覚に近かったです。

値段も非常に安くお勧めなので、寝つきが悪いと感じている方は是非試してみてくださいね。

メラトニンサプリはこちら

L-テアニン(リラックス)サプリ

続いて紹介するのは、お茶などに含まれている【リラックス成分テアニン】です。

 

テアニンを寝る前に摂取する事で【起床時のスッキリ感】が改善する事が太陽化学の研究で明らかになっています。

 

研究レビューの結果、L-テアニンを摂取すると「疲労回復感」「起床時の眠気」が特に有意に改善することがわかりました。

出典:お茶の成分でリラックス?~睡眠・抗ストレスとL-テアニン~

実際に朝のスッキリ感も経験していますし、この研究からも分かる通りテアニンを寝る前に摂取するといいんじゃないでしょうか。

テアニンサプリはこちら

 

私も毎日寝る前に服用しているのですが、

メラトニンの力で即効寝る事が出来て起きたら爽快という睡眠習慣を手に入れています。

 

なので、

朝不規則な生活をしている人は

セロトニンサプリ

 

夜強制的に寝たい人は

メラトニンサプリ

 

寝起きをスッキリにしたい人は

テアニンサプリ

を試してみるといいでしょうね。


サプリメントなしで熟睡する方法

サプリメントに頼るのもいいですが、日常生活を少し変えるだけでも睡眠の質は上げる事はできます。

最後に少しだけ日頃の生活習慣を変える事で睡眠の質を上げる方法を紹介していきます。

熟睡を手に入れる方法5選

  • ①寝る3時間前には食事を済ます
  • ②寝る90分前に湯船に浸かる
  • ③寝る1時間前にはスマホ&PCは見ない
  • ④寝る前にマッサージやストレッチをする
  • ⑤寝る前に10分の瞑想を行う

①寝る3時間前には食事を済ます

寝ている間に胃の中に食べ物があると、体を修復してくれる【成長ホルモン】が分泌されなくなります。

 

その結果、起きても疲れが取れていない状態になりやすくなります。

なので寝る3時間前ぐらいには食事を済ませ、何も食べない状態で寝る間で過ごしていきましょう。

②寝る90分前に湯船に浸かる

人が眠気を感じるタイミングは【深部体温が下がった時】です。

深部体温を高める方法は、単純ですが湯船に浸かる事です。

 

ただ、熱すぎるとNGなので41度前後の熱すぎない湯船にするようにします。

その湯船に15分ぐらい使ってから寝ると、90分ぐらい掛けて深部体温が低下して心地よい眠気が襲ってくるようになります。

③寝る1時間前にはスマホ&PCは見ない

寝る時の天敵が【ブルーライト】となります。

スマホ画面やPC画面などから発せられるブルーライトによって、脳がまだ寝る時間じゃないと錯覚してしまいます。

 

それを防ぐ為に、寝る1時間前にはスマホやPCを封印して、他の事で時間を潰すようにしましょう。

④寝る前にマッサージやストレッチをする

時間を潰す際にお勧めなのが、マッサージやストレッチです。

 

私も使っているマッサージボールが非常にお勧めです。

地面にボールを置いて、背中を体重でグリグリすると最高に気持ちいいです。

他にもストレッチもいいですね。

 

マッサージボールもストレッチもヨガマット等地面に置いてするようにしましょう。

⑤寝る前に10分の瞑想を行う

最後は瞑想です。

 

寝る10分前に瞑想を行う事で、心身リラックスした状態で睡眠に入る事ができます。

瞑想のやり方は↓の記事でまとめているので参考にしてくださいね。


まとめ 睡眠はサプリでも生活習慣でも改善できる

今回は、睡眠サプリでお勧めなものを紹介しました。

他にはサプリメントに頼らない睡眠の質を上げる方法も紹介しました。

 

お好きな方法で、あなたの睡眠の質を上げていってもらえれば幸いです。

睡眠以外にも体の体調を整える方法も↓でまとめていますので、よかったら覗いてみてくださいね。