あなたは睡眠を削って日々過ごしていませんか?

「睡眠って時間を無駄にしている感覚がして嫌なんだよね」

とは思っていませんでしたか。

実は私も元々は同じように考えていました。

 

一日の睡眠時間を4時間ぐらいにして過ごしていた頃、私はイラスト制作の仕事に追われていました。

仕事を期日までに終わらせる為に寝る時間を削って作業をしたり、当時は副業だったので会社に出勤する10分前まで寝ずに作業を続けていたりなど。

非常に危険な生活習慣を送っていました。

 

ですが、今回はそんな睡眠不足な人にとってとても有益な情報を手に入れたので紹介していきます。

それはズバリ【とある事を10分間するだけで睡眠不足が軽減できる】というものです。

 

日々の生活で睡眠不足を感じる人は、簡単に取り入れる事ができる時間です。

なので、是非記事を最後まで読んで頂いてあなたの生活に取り入れてみてくださいね。

 


睡眠不足を10分で改善する方法を紹介!【睡眠をとるって凄く大切】

具体的な方法を焦らしてもしょうがないので、初めに方法をお伝えします。

それはなんと【毎朝10分間マインドフルネスをするだけで睡眠不足を解消できる】という事です。

 

これはチャールズ・マーニエックス博士の研究によって以下の論文で証言されています。

  • Charles Y.Murnieksa Jonathan D.Arthursb Melissa S.Cardonc NusratFarahd JasonStornellie J.Michael Haynief
  • “Close your eyes or open your mind: Effects of sleep and mindfulness exercises on entrepreneurs’ exhaustion” 2018.12.004

詳細をお伝えすると、

週に70分、つまり1日10分のマインドフルネス瞑想を行う事で、夜44分の睡眠を追加するのと同じ利点があるかもしれない。

という事が分かっているんです。

この調査では、睡眠時間が不足している起業家105人を対象に研究されたものです。

起業家達は週に50時間以上働き、毎日6時間未満の睡眠しかとっていなかった者たちです。

そんな起業家達にマインドフルネスを実行してもらった結果、明らかに疲労感が取れ生産性が上がったと証言しています。

【10分間のマインドフルネス】にはそれほども効果が期待できるんですね。

他の研究でも329人の起業家に同様の検証を行った結果、マインドフルネスが睡眠不足の悪影響を相殺する可能性がある事がわかっています。

 

私も毎朝起きた後、10分の運動をした後に20分のマインドフルネス瞑想を行っているので既に実体験として経験しています。

私自身、睡眠不足の時のコンディション低下の状態を体験しています。

 

マインドフルネス取り入れてからは、全くと言っていいほど眠気を感じる事は無くなったのを経験しています。

マインドフルネスって何か宗教っぽくて嫌

とは言っても、初めてマインドフルネスを聞いた人は

「宗教っぽくてなんか嫌!」

「生理的に無理です」

とあまり良いイメージを抱いていないはず。

 

私も初めは同じように考えていて

「そんな時間があったら絵でも描いてるよ!」

という事などを考えていました。

 

でも、あらゆる書籍やメンタリストDaiGoさんなどの証言にとり少しずつ取り入れてみると、驚くぐらい不安が無くなった経験を既にしています。

マインドフルネスを行う事で、自分を客観的に捕らえる事ができ

  • 日々のストレス
  • 将来の不安
  • 過去の後悔
  • あらゆる負の感情

これらの全てから解放された日々を過ごす事ができたんです。

マインドフルネスの効果はすごい!

マインドフルネスは10分すれば睡眠不足を補う事ができますが、

なんと、マインドフルネスはやればやるだけ本当の効果が実感できるものです。

うつ病軽減・集中力・生産性アップ効果

マインドフルネスとは、簡単に言うと【今この瞬間に意識を集中する】ことです。

 

今に集中する事で、あなたが過去に行って後悔した事や未来の不安を考える事が無くなります。

うつ病の人は【反芻思考】という過去に経験した嫌なことを何度も繰り返して思い出す事でうつの症状が悪化していきます。

 

要するに、マインドフルネスで今に集中するトレーニングを行う事で、余計な事を考えないように脳みそが働いてくれるようになるんです。

その結果、集中力が増し生産性もアップしていきます。

睡眠不足以外の人もマインドフルネスはお勧め

今回はマインドフルネスを睡眠不足を改善する行為として紹介しています。

ですが、マインドフルネスは何かチャレンジしている人なら誰しも行う価値のあるトレーニングだと言えます。

 

人生で

  • 嫌な事
  • 嫌な上司
  • 嫌な場所
  • 後悔
  • 不安

などなど、あなたを苦しめる事は数多くあります。

 

そういった状況になる前に、マインドフルネスを取り入れて未然に予防する事をお勧めします。


マインドフルネスの時間が作れない人向けの方法

マインドフルネスの効果を知ったはいいものの

「そのマインドフルネスをする時間が作れないんですけど!」

とあなたは思うかもしれません。

 

ですが安心してください。

そんな時に日常生活で取り入れる事ができるマインドフルネスをご紹介していきます。

マインドフルブラッシング

あなたも早朝・食後・寝る前などに歯磨きをされていると思います。

 

していない方は、歯の重要性を知ってもらう必要があるので

↓の記事で復習をしておいてくださいね。

 

具体的なやり方ですが、

歯ブラシをする時に

歯ブラシが歯に当たる感覚に意識を集中しながらブラッシングを行う

というものです。

 

これだとどこでも行う事ができますので、簡単に取り入れる事ができると思います。

マインドフルネス歩行

あなたは毎日必ず歩くと思います。

 

そんな時に行えるのがマインドフルネス歩行です。

やり方は、

歩く時に自分の足が地面に当たる事に対して意識を集中させながら歩く

というものです。

 

出来れば素足で行って貰うのが効果的で、ゆっくり歩いて足の裏が地面に当たる感覚に意識を集中させます。

マインドフルネスイーティング

続いて、食事を行う際に取り入れる事が出来るマインドフルネスです。

 

あなたはいつも食事をする時にスマホなどで動画やサイトを見てはいませんか?

 

それを一旦辞めて頂き、食事中は何も見ずに

食べ物を噛む感覚に意識を集中させる

といった方法を取り入れてみてください。

 

食事を楽しむ事ができますし、満腹度も向上して余計な食費を払わなくてよくなりますよ。

マインドフルネスシャワー

朝や夜にシャワーを浴びる人ができるマインドフルネスです。

 

やり方ですが、

シャワーが体に当たる感覚に意識を集中させる

もしくは、

シャワーを浴びている時に発生する音に意識を集中させる。

という方法です。

 

シャワーを無意識で浴びている人は是非試してみてくださいね。

マインドフルネス入浴

続いてシャワーではなく、湯船に浸かっている人ができるマインドフルネスです。

 

やり方は

お湯が自分を包み込む感覚に意識を集中させる

と言う方法です。

 

普通に入る以上に副交感神経を刺激できリラックスできます。

その結果、睡眠の質も向上して睡眠不足も軽減できるので一石二鳥でお勧めです。


まとめ マインドフルネスを取り入れると睡眠不足が軽減

今回は、睡眠不足な方が10分のマインドフルネスで解消できる事について紹介しました。

マインドフルネスというものをあまり知らなかった方は、今回をキッカケにマインドフルネスを生活の一部に取り入れてみては如何でしょうか?

 

まずは睡眠不足を軽減する為に取り入れて、慣れてきたらガッツリ私のようにマインドフルネスを習慣にすればいいと思います。

習慣化のコツも別の記事で紹介しているので、興味がある方は

↓の記事からチェックしてみてくださいね。