どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
さーづかさーづか

脂漏性皮膚炎で髪を洗ってもすぐに頭皮がフケだらけになってヤバイです…どうしたらいいんだろう?

塚原 藍子塚原 藍子

それはお困りですね…でも、しっかり対策をすれば症状は軽減するのでファイトです!

当記事では、脂漏性皮膚炎で起こる頭皮のフケなどの対策などについて解説していきます。
私自身、脂漏性皮膚炎で悩んでいた時期があり、無事解消出来たので、体験談も踏まえて解説していきます。
脂漏性皮膚炎でお悩みのあなたもこの記事を参考にして脂漏性皮膚炎対策を行って頂ければと思います。
追記:2020年4月23日
メンソレータムと同じ会社が開発した頭皮シャンプー登場
※この記事は4分で読み終わります。



脂漏性皮膚炎で発症する頭皮のフケ対策を解説!原因は頭皮のカビ菌!

かゆみ、フケ、湿疹、やたら脂っぽい、なんだか臭う…頭皮の悩みは意外と少なくありません。

しかも自分では直接見ることができないうえに、毛髪により触って状況を確かめることも簡単ではありませんし、 症状など様々で原因はそれほど多くはなく、頭皮の乾燥や過剰な皮脂分泌、それに伴う頭皮の細菌バランスの崩れ、シャンプーや毛染めなどの化学物質との接触による炎症などです。

この中でも細菌のバランスの崩れは厄介で、頭皮にもともと存在してる菌が大量の皮脂で増殖しすぎると「脂漏性湿疹」という脂漏性皮膚炎になり、程度によっては医療機関で抗真菌薬のローションなどで治療する必要が出てきます。

脂漏性皮膚炎時の頭皮のフケの悩み

フケの原因菌によって洗っても洗ってもフケが出る状態になります。

これが非常に厄介で、他人からは不潔に見られてしまう状態になってしまいます。

このような時は原因菌を叩くことによってフケの発生を抑えることができます。フケの原因菌はカビの一種。そのカビに効果がある成分を含んだシャンプーなどをご紹介します。

カダソン薬用スカルプシャンプー




モニター満足度93%!
皮膚科専門医が監修した、「脂漏性皮膚炎」できちんと清浄するスキンケアが必要な方にオススメしたいシャンプー。
男女問わず、また小さいお子様でもお使いいただけます。

私も実際にこのシャンプーを使い始めて1週間程度で効果が出始めて、フケがなくなりました。

もうフケが出まくって不安でたまらなかったのですが、このシャンプーを取り入れる事でフケが抑えられたのでもう感激モノでしたね。
頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

※定期コースで20%OFF+送料無料です。

脂漏性皮膚炎の原因は皮膚の常在菌

脂漏性皮膚炎の発症場所は、頭皮や髪の生え際、眉間やほうれい線、脇の下や股の付け根などの皮脂の分泌が多い場所に発症します。

頭皮であればフケ、顔や体であれば鱗屑(りんせつ)という白く粉を吹いたようなものが生じます。

かゆみを伴い、カサカサとした乾いた皮疹ができることもあります。

同じようにかゆみを伴うアトピー性皮膚炎が子どもに多く発症するのに対し、脂漏性皮膚炎は30~40代の男性に多いです。

発症には、皮脂を好むマラセチアという種類のカビが関係しているといわれており、誰の皮膚にもいる常在菌です。

専門家が言うにはマラセチアという種類のカビは「特に頭皮や顔などにすみつきやすく、食べた皮脂を分解してできた物質が、皮膚に刺激を与え炎症を起こすとされています」と説明しています。

ただし、発症に関連するのはマラセチアだけに限らず、体質や生活習慣など、他の要因も絡んでいると言われています。

脂漏性皮膚炎の治療法と予防法

最後に、シャンプー以外にも脂漏性皮膚炎の治療について解説していきます。

それはズバリ、日常生活の見直しです。脂漏性皮膚炎は、生活習慣の改善で、かなり予防 できる疾患でもあります。

まず適切な洗顔(基本は朝晩の1日2回)、洗髪(基本は毎日)によって脂漏部位の清潔に保つ ことが発症の予防や症状の改善につながります。

また、食生活にも注意が必要です。ビタミンB群を多く含む食品(レバー、しじみ、牛乳、卵、 ほうれん草、トマト、キャベツ、シイタケなど)を積極的にとるようにして、皮脂分泌を高めたり、 皮膚に刺激をもたらす、脂肪、糖分、コーヒー、アルコール、香辛料などはとりすぎないように注意します。

そして、ストレス、過労、睡眠不足なども増悪因子となるので、規則正しい生活を心掛けるよう努力 することも大切です。

脂漏性皮膚炎にならないように注意すること

脂漏性皮膚炎の予防や改善のためには、自分でも日常生活のなかで気をつけるべきことがあります。次のような点には、とくに注意しましょう。

①脂っこい食事を減らす

脂っこい食事を続けてとると、皮脂の分泌量が増え、マラセチアの増殖を助長することになります。

②ビタミンBとCを多くとる

ビタミンB群(とくにB2、B6)とビタミンCは、皮膚の代謝を改善し、ダメージの回復を早める働きをします。

③洗顔に気をつける

刺激の少ない石鹸をよく泡立て、泡でそっとなでるように顔を洗いましょう。また、拭くときはタオルを軽く顔に押し当てるようにし、けっしてこすらないようにします。

上で紹介したシャンプーと同じ会社が開発したスキンケア商品もあるのでご紹介します。


※定期コースで20%OFF+送料無料です。

④洗髪に気をつける

熱いお湯をいきなり頭にかけないこと。抗真菌剤入り、あるいは刺激の少ないシャンプーを使い、爪を立てないようにし、指の腹で頭皮をそっとなでるように洗います。

シャンプーの洗い残しがないように、よく洗い流しましょう(ただし、頭皮をこすらない)。

⑤紫外線をさける

紫外線は、皮膚のダメージを促進します。紫外線の強い季節は、帽子や傘で日よけをしましょう。ただし、帽子は風通しがよく、むれにくいものを選ぶことが大切です。

⑥睡眠をしっかりとる

睡眠不足も、皮膚の抵抗力を低下させる要因です。夜更かしはやめましょう。

まとめ:脂漏性皮膚炎の原因のカビを滅菌!

この記事では、脂漏性皮膚炎で起こる頭皮のフケなどの対策などについて解説していきました。

私自身、ご紹介したシャンプーやスキンケアで脂漏性皮膚炎を無事解消出来たので、脂漏性皮膚炎でお悩みのあなたもこの記事を参考にして脂漏性皮膚炎対策を行って頂ければと思います。
それでは。
追記:2020年4月23日
メンソレータムと同じ会社が開発した頭皮シャンプー登場