悩み人悩み人

会社の残業が辛い。

今のご時世で残業とかヤバイ。
このまま勤めてていいのかな?

このような悩みに答えます。

 

本記事の内容
  • 仕事の残業多くなる原因が分かる
  • 残業をしないメリットが分かる
  • 残業が多い対処法が分かる

過去に東京大学の中原淳准教授のもと500名の会社員にアンケートを

した結果、仕事をしている8割の人が残業を経験している事が分かっています。

引用:BUSINESS INSIDER

※青色の部分以外は全て残業をしている人です。

 

更に、残業をしている人の平均残業時間もグラフに用意されています。

引用:BUSINESS INSIDER

グラフからも分かる通り、2割の方が毎日残業をしている結果が出ています。

 

私も過去にゲーム会社で月に残業時間100時間を経験した事がありますが、

自分の時間もなくなるし、生活の大部分が仕事に割り振られてしまいます。

 

その状態から脱出する事が出来た事で、自分の時間も出来て

好きな事が出来るようになりました。

 

会社の残業が当たり前になっている会社にいる方は、要注意。

この記事を参考にして頂き、すぐに対策を打っていきましょう。

※この記事は4分で読み終わります。




仕事の残業が辛いのなら逃げてしまえばOK!残業は何の意味もない!

30年ぐらい前は、会社の為に氏ぬ勢いで人々は生活をしていた時代でした。

今はそんな時代ではなく、1つの会社に縛られる必要もありません。

 

でも世の中には残業が必要な会社は多いです。

まずは、そういった会社の特徴を解説していきましょう。

仕事の残業が多くなる原因6選

  • ①繁盛期の場合
  • ②人手不足の場合
  • ③経営者が無知な場合
  • ④クライアントの都合
  • ⑤仕事量がそもそも多い
  • ⑥みんなやっているから

①繁盛期の場合

例えば、旅行会社だと夏や年末年始が忙しいですし、

会社によっては繁盛期という期間があります。

 

そういった期間に応じて忙しくなる会社が

残業が多くなる傾向にあります。

 

大前提として、こういった繁盛期がある会社で

仕事をしない方がいいですね。

 

会社の都合で、残業を強制されるのは論外です。

②人手不足の場合

残業が多い理由の一つとしては、

人が足りないという理由があります。

 

出来る人が少ないので一人で行う仕事が増え、

結果的に残業しないと終わらない状態になります。

 

こういった状況になっている時点でその会社は終わっている証拠。

経営が成り立っていない事が分かります。

 

すぐにそんな会社からは脱出しましょう。

③経営者が無知な場合

経営者が無知、サービス残業などを

強制している会社もあります。

 

サービス残業は違法です。

 

それも知らないで、サビ残をしている企業が

未だに存在しているのも事実。

 

こういった会社にいるのなら

労働基準法に従って残業代を請求する事もできます。

④クライアントの都合

クライアントが待っているから

明日までに書類を用意しないといけない。

 

こういった案件で残業をする場合があります。

クライアントワークには頻繁にある事例ですね。

 

これは難しい問題でもあります。

仕事を頂いているから早く返答したいのは

分かります。

 

経営者の視点から考えると

こればかりは、頑張ってこなす必要はありますね。

⑤仕事量がそもそも多い

仕事量と人員のバランスが

崩壊している場合でも残業は多いです。

 

これは社員の事を考えずに

仕事を受けている会社に問題があります。

⑥みんなやっているから

これが悪循環を作っている原因かも。

別会社も残業しているから自社も残業をする。

 

こういった考えで残業が改善されず、

ズルズル続いていく原因です。

 

以上が、残業時間が発生する原因になります。

あなたの会社は当てはまっていましたか?

 

それでは、次に残業をしない事で得られる事も知っておきましょう。

残業しない事で得られるメリット5選

  • ①自分の時間が増える
  • ②知識を増やす行動が出来る
  • ③心の安定して過ごせる
  • ④人間関係が良くなる
  • ⑤健康でいられる

①自分の時間が増える

会社にいる時間が少なくなるので、

自分の時間が単純に増えます。

 

その時間を好きに使えますし、

何かを学ぶ事もできるようになります。

②知識を増やす行動が出来る

時間が出来ると自分の知識を増やす事ができます。

例えば、

  • 映画を見る
  • 読書をする
  • 副業をしてみる

など出来る事が多く、いずれも知識が増えていきます。

 

知識が増えると選択肢が増える事なので、

やりたい事も増えていきます。

③心の安定して過ごせる

時間が出来ると心も安定します。

忙しいという感じは心を亡くすと描きますよね。

 

忙しいのは感情を無くしていくんです。

残業が多いと危険信号です。

④人間関係が良くなる

残業が少ないとストレスも少なくなり、

精神的にも落ち着きます。

 

必然的に他人に優しくなれますし、

その結果、人間関係も良くあるでしょう。

⑤健康でいられる

残業時間が無いと、単純に健康でいられます。

リラックスする事はとても大切で、

残業が日々ある生活をしていると

リラックスなんてできません。

 

健康を失うと後悔しても遅いです。

失う前に対策をしていきましょう。

仕事の残業が多くて辛い場合の対処法

もし、会社の残業が慢性的にある会社なのであれば

対処法は一つ、転職する事です。

転職するサイトのコツは主な以下になります。

  • コツ①:社員の不満が少ない
  • コツ②:離職率が低い会社
  • コツ③:業務量が安定している

コツ①:社員の不満が少ない

不満がある会社は問題を抱えている会社という意味です。

転職する時は、「転職会議」などの口コミサイトなどで事前に

会社の評判を確認しておきましょう。

コツ②:離職率が低い会社

会社の離職率が低い会社を選ぶようにしましょう。

平均離職率は15%なので、それより多い会社は危険信号です。

 

主な離職率が高い職種は以下になります。

  • 飲食サービス・宿泊業界 50.4%
  • 娯楽業界・生活関連サービス 46.6%
  • 教育・学習支援業界 45.9%
  • 医療福祉業界 39%
  • 小売業界 37.4%

多い会社だと離職率50%ぐらいなので、一目で分かりますよね。

そこはヤバイ会社という事です。

コツ③:業務量が安定している

季節に関係なく、業務量が安定している会社は

残業時間は少ない傾向にあります。

 

転職をするのなら、業務量が安定している業界を

選択肢して転職するようにしましょう。

 

以上の3点を踏まえた上で転職をするようにしましょう。

転職エージェントなら、あなたの代わりに会社を探してくれます。

お勧めな転職エージェント

無料で登録できる上記の転職エージェント登録しておけば、

自分に合う会社をエージェントが勝手に探してくれるので、自分で探す手間が省けるので時間的にも効率的ですよ。

まとめ:残業が多い会社からは転職しよう

この記事では、残業が多い会社の原因と残業しない事で得られるメリットについて解説していきました。

結論から言えば、残業が多い会社からは転職をするべきで、

それと同時に副業を始めてみましょう。

 

会社の給料に依存しているから、会社からの残業要請を受け入れるしかないんです。

会社以外に収入を作れば、そんな会社の要請なんか突き返せますからね。

なので、まずは転職エージェントで会社探しです。

転職エージェントなら、あなたの代わりに会社を探してくれますからね。

お勧めな転職エージェント

無料で登録できる上記の転職エージェント登録しておけば、

エージェントが勝手に転職先を探して貰っているうちに副業も初めてみましょう。