どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。

この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

塚原 藍子塚原 藍子

ゲーム業界に転職する時って、年齢が30代以上でも転職できるのかな?

笹塚 神之介笹塚 神之介

全然できますよ! 未経験でもゲーム業界には転職できるので詳しく解説していきますね。

当記事では、年齢別にゲーム業界の転職をするハードルについて解説と、具体的な対策について書いていきたいと思います。

ゲーム会社に転職を検討している方は、是非この記事を読んでゲーム業界にチャレンジしてみてくださいね。

※この記事は3分で読めます。



ゲーム業界に転職は何歳まで可能?年齢制限や未経験でも転職できるのか調査!

結論から言えば、何歳からでも転職は可能です。

ですが、30代以降の完全未経験からはかなり厳しいと思った方がいいですね。

ゲーム業界に従事する人の平均年齢は20代が多め

特にソーシャルゲーム開発を中心に行っている会社は若い傾向で、一般的な会社より平均年齢は低めなのが実情です。

20代でも大きなプロジェクトに主力として参入することは普通のことですから、早い段階でチャンスをゲットできる業界といえます。

特にソーシャルゲームの業界ではその傾向が顕著になっています。

一方、その分責任も発生しますから、その点は認識しておく必要があります。

キャリアをある程度積んだ30代は、むしろゲーム会社の主戦力

プログラマーは30歳や35歳で「定年」、「需要が無くなる」といった説もありますが、それは全くのデマといっても良いでしょう。

現実的にゲーム業界では30代の人たちは主力として働いていますし、経験も技能もあるという点で大きな評価を得ている人も大勢います。

ただしそれは経験者に限る

ただし、上記はゲーム業界内で20代を過ごした人たちの話です。

「ゲーム業界への転職は30歳まで」という通例がありますが、これは正確には「未経験職へ転職する場合は30歳まで」という意味です。

これは単に、書類選考で「30歳」という節目で問答無用で弾く会社が増えるからです。それに合わせて、人材会社側も30歳からは経歴不問・未経験者への紹介を弾く傾向にあるわけです。

未経験で、異業種から30代でゲーム業界に転職するというのが厳しいことは事実です。

 

ただ、リーダー経験やマネジメント能力などがあり、映像系の3DCGデザイナーやweb系の開発エンジニアの経験があれば、多くのチャンスはあります。

例えば異業種でもアニメやマンガの業界などでの大きな実績があれば歓迎されるケースもありますが、それも稀な例でしかありません。

ですので、より厳密に言うのであれば「大手人材会社のサービス(求人サイト、転職エージェント)を通して、経歴勝負で転職するのであれば、30歳以降は非常に厳しい」という意味で捉えてもらえれば、認識を間違えずに済むと思います。

40代以降の未経験者の場合は転職自体が厳しくなる

前述の通り、完全な未経験からの採用は40歳以降はどの業界でも厳しくなるのが、転職業界の一般論です。

ただし、非正規雇用の拡大で「契約社員」「派遣社員」で妥協できるのであれば、話は別です。

自社が派遣会社である「シリコンスタジオエージェント」に関しては、紹介求人の幅も広いので使っておくだけマシでしょう。

ただし特殊なスキルがあれば問題なし

ただ、クリエイター・技術者・プランナーなど、純粋に「ゲーム制作に関わる仕事(=一般業務を担当していない人)」であれば、実力主義ですので30代以降でも転職も可能ではあります。

ゲーム業界はかなり競争の激しい業界ですので、

  • 超有名タイトルの開発者・クリエイターレベルでも、結果を出し続けなければ退職に追い込まれる
  • 併合・倒産など、下請け以下の企業の衰退が激しい
  • クリエイターのヘッドハンティング、個別の仕事の発注

…などの事例がよく発生しています。

なので「大手未満の下請けクラス」に的を絞るのであれば、30代以降でもチャンスは転がっている業界だと言えます。

この分類に当てはまる方は、スキル・経歴がそこそこあれば(ポートフォリオを十分に作れる量が目安)、転職エージェントを有効活用すれば、間違いなくゲーム業界での転職先は見つかるはずです。

以前、ゲーム業界に転職する時に必要なスキルとポートフォリオをまとめた記事を作ったので参考にしてください。

ゲーム業界に転職したい人は作品orポートフォリオは必須!必要なスキルも解説!


ゲーム業界に転職するには常にアンテナを張ろう

ここもまでは年齢別にゲーム業界に転職できるハードルについて書いていきました。

転職活用をする上で個人のスキルももちろん重要ですが、それだけで生き残っていくのは厳しいのがゲーム業界の現状です。

常にアンテナを張って生活をしていく

新しいものに触れる機会や、それを習得する速度は年々後退し、いつまでも20歳代と勝負するのは難しくなっていきます。

30歳以降の人が業界で求められるのは、発信力や人脈、リアル社会での問題対処能力です。

積極的に勉強会や講習会に参加したり、自分からイベントを企画したりするなど、多方面にアンテナを伸ばす工夫を怠らないようにしましょう。

体調や自己管理をしっかりしておく

プログラマーの30歳または35歳定年説は「俗説」といいましたが、老化による機能減退もその俗説が生まれる理由のひとつではあります。

一方あらゆる業界に、平均年齢を超えて第一線で活躍する人が多数いるのも事実です。

そのような人たちの多くは不摂生を避けるなどの肉体上の管理や、年齢にとらわれない好奇心を保つこと、自分の得意ジャンルと社会から求められるものをしっかりマッチングさせていることなど、自己管理上の工夫を必ず行っています。

いつまでも自分の価値を保ちたいという人は、比較対象を「自分より若い人」ではなく、「自分よりすごい人」に置くなどしてモチベーションを高く持つことをお勧めします。

以前、転職エージェントのランキングを記事でまとめたので参考にしてください。

おすすめな転職エージェントランキングを解説|評判・口コミ徹底比較!


まとめ

この記事では、ゲーム業界に転職をする上で年齢別のハードルについて解説していきました。

ざっと箇条書きにすると以下になります。

  • 20代:ゲーム業界関わらず、未経験職への転職は容易(クリエイター経験・スキルがあるとより有利に)
  • 30代:未経験からの間口は狭くなる。一般職の場合は工夫が必要。
  • 40代:一般職で空きのポジションさえ見つかればゲーム業界への転職チャンスはある

未経験でゲーム業界を目指す場合、クリエイター・技術者寄りであれば「シリコンスタジオエージェント」を使うのが、ベストだと言えます。

それでは。