どうも、さーづかです。

 

日々生活していると、どうしても【嫌な事】っておきますよね?

 

あなたはそんな時どう対処していますか?

 

「なんであんな事したんだろう……はぁ……」

と落ち込んでしまう状態になって、日常生活に支障が出てはいませんか。

 

今回は、そんな生活をしていたら必ず起こる【嫌な事】が続く理由とその対処法についてご紹介します。

実際に私が経験した事例と

↑のメンタリストDaiGoさんが書かれた著書の知識も参考にして解説していきます。

 

この記事を読む事で、あなたの日常で起こる嫌な事からすぐに解放される方法が分かります。

紹介する方法を上手く活用する事で、あなたもストレスフリーな生活を過ごせるようになりますよ。


嫌な事が続く時の対処法を紹介!【上手に切替る手順】

日常生活で嫌な事が起きる場面は数多くあります。

まずご紹介したいのは、【何故、嫌な事は続くのか】の原因から解説していきたいと思います。

嫌な事が続く理由は【嫌な事があったと考えるから】

嫌な事が起きた時に、

あなたは【何度も嫌な事を思い出してはモヤモヤした気持ち】になり続けていないでしょうか。

 

この【何度も頭の中で嫌な事を考えてしまう事】によって、新たに起きた出来事を【負の視線でしか見れない】から嫌な事が続いてしまうと感じてしまうんです。

物事に対して【視点を変えて判断】する

物事が起きた時に人によって感じる事は実は全然違うんです。

 

例えば、

AさんとBさんが同じりんごを見たとします。

 

Aさんは満腹でもう食べる事ができない状態、bさんは空腹で今にも倒れてしまう状態。

そんな時にAさんとBさんがりんごを見た時に思う事が違うのは誰でも分かるはずです。

 

Aさん(お腹いっぱいだから見るだけで気持ち悪くなるな)

Bさん(今すぐカブりつきたきたい!)

 

この例は極端ですが、日常生活で起きる事に対しても同じような事が起きています。

 

何故、人は同じモノを見て全く別々の事を考えるか。

 

それは【今の感情によって判断されている】からです。

感情はロボットでも再現できない、人間独自のものです。

 

嫌な事が起きたばかりのあなたは【負の感情】を抱えている真っ只中。

そんな時に日常生活で様々なモノを見ても【嫌な事】にすぐカテゴライズしてしまうのは必然です。

嫌な事が起きた時の対処法

では、そんな【負の感情】がある状態の時にどうすればいいのか。

対処法の解説をさせて頂きます。

主に以下の3つとなります。

  • ①嫌な事だと感じた事と自分の感情を切り離す
  • ②感情が不安定の解決法【深呼吸】
  • ③一旦置いて、今目の前にある事に集中する

①嫌な事だと感じた事と自分の感情を切り離す

あなたにどんな嫌な事が起きたのか私には分かりませんが、

まずはあなたが嫌だと感じた現象・相手・理由などから、あなたの感情を切り離しましょう。

 

良い方法は、

【他人が同じような状況に遭遇している】と思って判断する事です。

 

具体的には

斜め上から自分を見下ろしているのをイメージしてもらい、自分とは関係のない場所で起きている事だと思い込むんです。

 

そうした状態で今自分に起きている状況や嫌だと感じた事に対して【客観的に分析して改善方法を考える】事が非常に重要です。

  • なぜ、起きたのか
  • なぜ、そう思ったのか
  • なぜ、そうしたのか

など、嫌な事が起きた原因を解析する事で【今後同じ状況になった時の正しい判断が出来る】ようになります。

 

いわゆる【経験値が上がった】状態と言えます。

この対処法を実践して頂いて、あなた自身に起きる【嫌な事】に対処して頂ければと思います。

②感情が不安定の解決法【深呼吸】

とはいっても、一度不安定になった感情は落ち着かせる必要があります。

 

そんな時に有効なのが【深呼吸】です。

 

鬼滅の刃で一躍有名になった「全集中の呼吸」は的を得ているという事ですね。

 

深呼吸は、唯一あなたを落ち着かせる方法だったんです。

では何故、深呼吸があなたを落ち着かせるのか?

 

それは深呼吸があなたの自律神経に直接的に介入できる唯一の方法だからです。

自律神経って何?

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つを指す言葉です。

「交感神経」活発な時やイライラした時に優位になる神経、

「副交感神経」リラックスした時に優位になる神経。

 

嫌な感情を感じた時は交感神経が優位になっている状態なので、深呼吸をする事で副交感神経を強制的に優位にさせる事ができるんです。

体の構造的に深呼吸は1番心を落ち着かせる方法なんですね。

 

スポーツ選手なども試合の前に深呼吸をするシーンをあなたも見た事があると思います。

それは、緊張して交感神経が優位になっている状態を強制的に抑える為だったという訳ですね。

③一旦置いて、今目の前にある事に集中する

視点を変えたり、深呼吸をしたりしても

まだモヤモヤが続いてしまう場合、【一旦嫌な事を頭の隅に置く】ようにしましょう。

 

これは決して【忘れてしまう】という事ではなく、【今は考えない】という事の方が重要になります。

 

イメージ的には【嫌な事を付箋にメモって棚の上に置いておく】感じです。

そうした状態で、【今目の前にある作業に集中する】事です。

 

そうすると、想像以上に心が落ち着き嫌な気持ちもなくなっていきます。

その状態でしばらく時間を置いた後に棚の上に置いた【嫌な事】を取り出す事で、感情が落ち着いた状態で対処する事ができるようになります。

①で紹介した状況に意図的にする事ができるという事です。

 

以上が、嫌な事に対する対処法でした。

嫌な事を考える場面別の対処法

続いて、嫌な事を感じた場面別に具体的に対処法を紹介していきます。

主に嫌な事を感じる場面は以下になります。

  • ①自分が原因で起きた事
  • ②相手から嫌な事をされた時
  • ③これから起こる嫌な事を考えた時

①自分が原因で起きた事

自分の起こした行動が原因で何かミスをしてしまったり、相手に嫌な思いをさせてしまった事があなたにもあると思います。

 

そんな時、

「なんであんな事したんだろう…」

といった風にず~っと考えてしまう状態になるのではないでしょうか。

 

そんな際に考えるのは、【何故、私はその行動をしたんだろう?】と考える事が大切です。

↑で紹介した【嫌な事だと感じた事と自分の感情を切り離す】を活用した方法ですね。

 

  • ミスをしてしまう行動をした理由はなんだろう。
  • なぜ、相手を嫌な気持ちにする行動をしたんだろう。

これらの理由”だけ”を考えるようにして【今のあなたの感情は放置】しておきましょう。

 

そうする事によって、起きた出来事の根本的な原因が理解でき、次回以降は同じ過ちを繰り返さないように出来ます。

 

【ず~~~~っと同じ事を永遠と考え続けてため息を吐く】のはもうやめて、正しい対処法を行いましょう。

②相手から嫌な事をされた時

相手から嫌な事をされた時ですが、この対処法はシンプルです。

【その人から離れるだけ】です。

 

でも、

「仕事の都合で離れる事が出来ないっす!」

という方もいると思います。

 

これについては人間関係についてまとめた記事に詳しく書いているので

↑の記事内の【人間関係のキモは「聴く事」】という箇所で嫌な相手の対処法を書いています。

こちらを参考にしてみてください。

③これから起こる嫌な事を考えた時

これは今でも過去でもなく、未来について考えて嫌な気持ちになる事を指します。

 

最近で言うと年金問題だったり、コロナがいつまで続くのかであったり、様々あると思います。

その時にまず行って頂きたいのは【深呼吸】です。

 

「深呼吸って……それだけでこの不安は解消されるんですか!?」

という声も聞こえてきます。

ですが、まずご理解頂きたいのは

世の中には

  • 変えられるもの
  • 変えられないもの

の2種類があります。

これはアメリカの神学者ラインホルド・ニーバーが唱える祈り「ニーバーの祈り」の中でも出てきます。

神よ、変えることのできないものを静穏に受け入れる力を与えてください。
変えるべきものを変える勇気を、
そして、変えられないものと変えるべきものを区別する賢さを与えて下さい。

出典:wikipedia

 

あなたが未来に対して嫌な気持ちになる時、その対象が

”変えられるもの”なのか、”変えられないもの”なのかをまず判断するようにしましょう。

 

↑で例に挙げた年金問題だったり、コロナは【変えられないもの】に分類されます。

 

でも老後の生活の不安だったり、このまま会社で嫌な上司の元で働くのが嫌、といったものは【変えられるもの】に分類されます。

老後の生活は不安を抱えないようにお金を稼ぐ行動を起こせばいいし、

会社の嫌な上司がいるのなら人間関係のスキルを身に付けたり、転職をしたりする事もできます。

 

未来の事に対して嫌な事だと感じた時は、しっかりこの内容を思い出して行動するようにしましょう。

まとめ 嫌な事を上手く対処して日々を過ごそう!

さて、今回は日々感じる嫌な事への対処法を紹介してきました。

私はいままで様々なビジネスを行う過程で嫌な事を「これでもか!」という程、経験してきた過去があります。

 

今行っている物販でも一部のお客さんからのクレーム対応なども大変ですし、

過去に行った投資でも膨大な損失を出してしまい口座に1円もないどん底の状態も経験しています。

 

当時は、今ある知識もなくて「もがきまくって」抜け出しました。

 

ですが、私は去年の12月から読書を習慣化する事が出来ました。

それにより得た知識で、今回紹介した対処法も私自身が実践する事ができ【起きた嫌な事で悩み続ける】という事がなくなりました。

 

今回紹介した知識をあなたの血肉にして頂き、今後起こる【嫌な事】への処方箋として覚えて頂ければ幸いです。