あなたはFIREというものをご存じでしょうか?

「火ですか? 魔法ですか?」

という声が聞こえてきますが全く違います!

 

FIREとは

Financial(ファイナンシャル)

Independence(インディペンデンス)

(意味:経済的自立)

Retire(リタイア)

Early(アーリー)

(意味:早期リタイア)

の頭文字を繋げたもとを指します。

 

意味はそのまま、経済的自立をして仕事をせずに自分の好きな事をして過ごせる状態の事を指します。

これを聞いて誰もが

「それって上級国民の一部が出来るもんでしょ?」

と思うはず。

 

でも、安心してください。

正しい方法を行えば、誰でも自分の好きな事をして過ごせる【FIRE】にたどり着く事ができるんです。

 

それを教えてくれたのが

この著書でした。

この著者は、極貧状態からFIREを達成した経験談を元に、私たちがFIREにたどり着くまでの道のりを丁寧に教えてくれています。

 

当記事では、分かりやすくFIREまでたどり着く方法を紹介していきます。

あなたも本当に自分がしたかった事をする人生にする為、人生をかけてFIREを実現させワクワクする事だけできる状態にしていきましょう。


経済的自由になる方法とは?5つのSTEPで目指せる経済的独立!

経済的自由と聞いてよく聞く反応が

「お金より大切なものはある!」

といった風に

愛する人・大切な家族・かけがえのない親友・教育・文化などお金より大切なものはあるんじゃないか?

という意見があります。

 

この考えを持っている人にお伝えします。

  • あなたは家族や愛する者と長い時間を共に過ごしたい場合【お金があった方がいい】はずです。
  • 教育・読書・文化の為の時間や余暇を楽しみたい場合【お金があった方がいい】はずです。
  • 親友と楽しい時間を共有したい場合【お金があった方がいい】はずです。

 

多くの日本人は、日本の悪しき教育で【お金に嫌悪感を抱く人】が量産されている状態です。

 

まず覚えておきたいのは、

お金愛・家族・親友・文化などは全て【共存】できるという事。

どちらか片方だけを手に入れるものではなく、両方手に入れていいんです。

 

その事を踏まえて、FIREへの道のりを解説していきたいと思います。

SETP①:支出を極限まで下げる

まず、あなたに行って頂きたいのは毎月の口座収支の把握です。

 

無料で使える家計簿アプリ【マネーフォワードME】というものが無料で使えるので導入してみましょう。

日々のお金の出入りが見える化する事ができます。

 

マネーフォワードMEについて詳しくは↓から確認してみてください。

 

そして、収支を確認したらあなたの口座から毎月出ている支出をリストアップしましょう。

その中から無くせる・減らせるものを徹底的に排除していきます。

 

私は家賃・食事・交通費を減らした結果、毎月8万円ぐらいお金を浮かせる事ができました。

支出を下げる事については↓で詳しく解説しています。

SETP②:貯めるお金を決める

支出を極限まで下げる事ができた後、あなたが目指すべき【貯蓄額】を決めていきます。

 

計算は簡単で【あなたの年間支出】×25倍をした額になります。

例えば、一ヵ月の支出が20万だとした場合、あなたの年間支出は20万×12ヶ月で240万になります。

その240万を25倍した額の6000万が目指すべき貯蓄額になります。

 

あなた自身の年間支出を計算して、あなた自身の貯蓄額を決めていきましょう。

SETP③:決めた額までお金を貯める

収入には3種類あります。

それは【給与所得・事業所得・資産所得】の3種類です。

 

多くの人が1つ目の給与所得を務めている会社から得ている状態です。

ここで残酷な事実をお伝えしますが、【給与所得だけではFIREは出来ません】

出来たとしても、ものすごい時間がかかります。

 

必ずといっていい程、事業所得を得る必要があるんです。

要するに、副業をしないとFIREには早くたどり着けないという事です。

 

会社員が進みべき道は以下の通りです。

  1. まずは本業をしながら副業で稼ぐ
  2. 副業が軌道に乗ったら本業を辞める
  3. 副業を自分の事業にして稼ぐ

なぜ、給与所得ではダメなのか。

その理由は税金にあります。

 

詳しく説明すると、複雑になりすぎて混乱すると思うのでザックリ説明します。

あなたが会社員の場合、収入の半分ぐらいを【税金として知らない間に払わされている状態】です。

 

なので、毎月25万ぐらい稼いでいる人は50万ぐらい稼いでいるのに、半分ぐらいは会社が税として差し引いている状態なんです。

おかしいとは思いませんか?

25万の税金の大部分は何に使われているのでしょうか。

それは健康保険です。

 

今後も日本の人口は更に減り続け老人の人口が増えている今の状態では、何も知らない会社員から税として取れるだけ取っているのが現状です。

でも会社を辞めて、個人事業主・法人などになった場合はどうでしょうか。

 

【あなたの所得】ー【経費】=【残った所得に初めて税がかかる】

という状態に出来る訳です。

 

あなたの稼いだ額にあらゆる経費を引いた額に税金が発生するんです。

今の日本は、個人事業主・法人だと節税が極限まで行う事ができる起業者には優しい社会になっているんです。

 

今でも会社員を続けている人は

今の国が何も知らない会社員から税金を取れるだけ取るような社会にしている事実を覚えておきましょう。

なので、あなたもいち早く副業で稼ぎ、今勤めている会社を辞める事を目標に行動していってください。

 

ただ、どうしても副業で稼ぐ事が難しい方は

POTスコアの高い【コンピュータ・エンジニア】などIT業界に入って収入を上げるのをお勧めします。

POTスコアとは?

POTスコアとは、スキル習得に発生するお金スキルを身に付けた事で増える収入をスコア化したものです。

ざっと著書で書かれていたPOTスコアを箇条書きにしてみます。

  • ライター(0.2)
  • ダンサー(0.51)
  • 役者(0.52)
  • 医者(0.78)
  • 美術家(0.83)
  • 弁護士(1.09)
  • 会計士(1.83)
  • コンピュータ・エンジニア(2.81)
  • 配管工(5.14)

といったものです。

配管工が異様に高いですが、著者は2.81のコンピュータ・エンジニアの仕事に就職したようです。

人には稼ぐ力・投資力・節制力の3種類いる

また著書でも言われていましたが、お金を稼ぐ中には

  • スティーブ・ジョブズのように稼ぐ力が高い人
  • ウォーレン・バフェットのように投資力が高い人
  • 一般人でも出来る節制力が高い人

の3種類います。

 

副業などでなかなか稼げない人は、

↑で紹介したPOTスコアの高い職種に就き、支出を徹底的に減らす節制力を高める事でFIREを実現する方法もあります。

稼ぐ方法の注意点

会社員を辞める為に

「いざ副業を始めて稼ぐぞ!」

と思った時にしてはいけない注意点をお伝えします。

それは以下になります。

  • 週末にアルバイトをする
  • ネット上にある高額商材を買わない
  • まずは、無料で出来る事から始める

まず、アルバイトは会社と同じ給与所得なのでやる意味はありません。

ネット上で稼ごうとしても、「稼ぎたい!」という思いを餌に高額商材も売ってくる人も大勢いるので、そういった商品を買う価値はありません。

買いたくても5万以上は警戒心を持って対処してください。

 

私自身、過去に

  • ビジネスコミュニティ半年分18万
  • 物販ノウハウ24万+コンサル50万
  • FX投資ノウハウ30万
  • ブックメーカー投資50万
  • ブログノウハウ1.3万

などにお金を払っており、ブックメーカー投資ではギャンブル的な投機をしてしまい500万ぐらい大損した経験があります。

一度は貯蓄が全て無くなり今日食べるものを買うお金もない状態という人生のどん底を経験】しています。

そんな経験をしているからこそ逆境に怯むことはなくなり、今では復活して本業とは別にブログ・物販・イラストの3柱で収入を増やしています。

 

私の様にいろいろ挑戦すると濃厚な経験を出来ますが痛みを伴います。

 

辛い経験をすると自殺をしてしまう可能性も0ではありません。

なので、まずあなたは無料で始められるブログ・物販・Youtubeなどを行うといいでしょう。

SETP④:債券&投資信託に貯金を投資

投資をしていく過程で注意して頂きたいのが1つあります。

それは、生活防衛資金は残しておく事。

 

その額は年間支出の5年分です。

理由は2008年に起きた【リーマンショック事件】で大暴落した株価が元に戻った期間が5年だからです。

また、大抵の経営危機は2年で元に戻るようなので、多めに見積もって5年分の年間支出を残しておくと安心です。

年間支出が20万だと100万ぐらいですね。

 

そして、100万以上の資金が貯まってきたタイミングで、その余剰資金を投資に当てていきます。

ただ、投資するべき銘柄は個別銘柄ではなく【インデックス投資】をお勧めします。

 

有名なのがS&P500などで、米国のトップ500社をまとめたものになります。

S&P500は少しでも業績が低迷したら500社から問答無用で除外され、新しい会社が加えられるので年々成長していく傾向にあります。

 

また、ここまで読んで

「過去に投資で500万ぐらい損しているのに投資するんですか?」

という声もあると思います。

 

ですが、私がしていたのは投資ではなく【投機】です。

短期間で稼ぐ投資は全て投機であり、投資ではありません。

 

投機は必ず大きなリスクがあり、身を亡ぼす原因となります。

これは身をもって経験した事なので、声を大にしてお伝えしたい事ですね。

 

なので、短期間の利益ではなく長期的な投資の運用をする事で利益を得ていくんです。

 

また、お金を全て株に投入するのもリスクがあります。

そこで登場するのが【債券】です。

債券も持つ事でリスクヘッジになる

債券とは、簡単に言うと国にお金を貸す為の証券のようなものです。

保有しておく事で、利子を得る事ができます。

 

投資よりリスクが低いのが利点です。

なので、目安的には投資額の比率が【債券40%:インデックス投資60%】ぐらいがいいでしょう。

また、株が大暴落した際に株価が低下しますが、【債券が高騰する場合が多い】です。

 

なので

  1. 株価暴落
  2. 債券高騰
  3. 債券を売る
  4. 売ったお金で暴落した株を買う
  5. 株が元に戻るまで待ってから株を売る
  6. 比率を戻す為に債券を買う

この手順を行うと株価が大暴落をした時のリスクヘッジになり、メンタル的にも安心できると思います。

 

なので、投資金はバランスよく【債券40%:インデックス投資60%】ぐらいにしておきましょう

SETP⑤:4%ルールに従って生活

この4%ルールがFIREを実現させる為に1番大切な知識です。

 

簡単に説明すると、上記の【債券40%:インデックス投資60%】で運用すると年利5%~7%のお金が増えます。

仮に6000万を運用すると仮定して、6000万×年利5%で6300万にお金が増える計算となります。

その増えた300万で1年を過ごすと、働かなくても生活できる状態になる訳です。

これがFIREを達成した状態と言えます。

 

ではなぜ、【債券40%:インデックス投資60%】のバランスで貯めたお金を運用すると5%~7%の利益が出るのでしょうか?

「そんな上手話しがあるのか?」

「新手の詐欺なんじゃないの?」

と疑念の声は絶えないと思います。

 

ですが、安心してください。

過去に行われた【トリニティスタディ】という研究で以下の検証が行われています。

1926年~1995年の70年間、株式50%・債券50%の組み合わせで資産を運用していきます。

毎年4%を取り崩していくと、30年後に資産が残っている確率がなんと【96%】だったという事が証明されています。

しかも、資産残高は中央値ベースで8倍に成長している事が分かっているんです。

要するに、

3000万運用して年間4%を切り崩し、120万で生活している状態を30年続けると、資産は3000万から2億4000万に増えている。

といったものすごい数値になるんです。

 

つまり、4%ルールで資産を運用すると資産が0になるどころか、資産が増え続けるという研究結果が既に証明されているんです。

これを聞いたあなたは既に興奮状態だと思いますが、どうか落ち着いてください。

より早くFIREを実現させる為の施策3選

そんな魅力的なFIREに出来る限り早く実現させる施策をお伝えします。

  • ①セミリタイアにする
  • ②地理的アービトラージを行う
  • ③やりたい事を封印する

①セミリタイアにする

生活費すべてを4%ルールから賄うと【貯蓄する額が多く】なってしまいます。

そこで、おすすめしたいのが【セミリタイアをする事】です。

 

年間の生活費が240万かかる場合、どうしても6000万が必要です。

その中の120万を投資の収入、残りの120万は別の事業で稼げばいいんです。

 

すると、6000万用意する必要はなく半分の3000万を貯めれば達成となります。

 

今の時代、【好きな事をお金に変換する】事も難しくはないはずです。

生活費を全て好きな事で賄うのは難しいにしても、投資で軽減する事で実現しやすくなります。

 

まさに私が今目指しているのが、このFIREによるセミリタイアです。

【セミリタイアをして創作活動をしながら過ごしていく】のが、今の私が目指している人生の目標となります。

②地理的アービトラージを行う

これは毎月の支出を抑える時に活躍する方法です。

 

東京など物価が高い場所は、大抵家賃が高いです。

なので、

  • 海外の物価が安い場所に移住してコストを抑える
  • 田舎に引っ越してコストを抑える

など、地方の田舎やタイやフィリピンなどの物価が安い海外に移住して生活する事で、毎月の支出を下げる事に役だっていく訳です。

 

ただ、これには【ネット上から稼げるようになる】という条件が必須となります。

副業をする過程で、ネット上からでも稼げる力を手に入れておくといいでしょう。

 

私も来年か再来年には田舎に引っ越しをして、この地理的アービトラージを行う予定です。

③やりたい事を封印する

お金を稼ぐ際に【やりたい事】=【稼げる事】ではない場合が多いです。

 

私のようにやりたいイラスト制作が収益に繋がっていく人もいますが、そうでない場合は【やりたい事を封印】する事も意識するといいでしょう。

むしろ、

「FIREを達成したら沢山やりたい事をやってやる!」

という闘志に燃えた状態にもできるので、是非一度考えてみてくださいね。


まとめ FIREという概念を理解して人生の目標にしよう

今回は、FIREという経済的独立という概念とFIREになる方法について紹介していきました。

私は、このFIREを知る前は漠然と「創作活動が自由にできる状態にしたいなぁ」と思ってネット上の高額商材などを沢山手に入れ試してきました。

 

一度大きな失敗をして復活した今、

この著書と出会い自分が進むべき道が明るく照らされた気分を味わいました。

やる事は簡単です

  1. 支出を徹底的に下げる
  2. 収入を増やす
  3. 債券+インデックス投資に投資する

これだけだったんですね。

 

あなたも高額商材や短期間で稼ぐ投資手法に惑わされてはいけません。

それはあなたの銀行口座を限りなく0に近づけていく悪魔の誘いです。

 

私もFIREに向けて頑張っていきます!

あなたも一緒に達成するまで頑張っていきましょう。