幸せになる方法って何だと思いますか?

「う~ん……お金を稼いで自由に暮らす事ですか?」

と考える人が多いと思います。

 

ですが、

現代の科学的に【幸せになる方法は証明されて】いる事が分かっています。

 

簡単にお伝えすると、幸せになる方法は【脳を磨く事】です。

そうする事であなたの

  • 経済的な安定
  • 豊かさ
  • 仕事に対する誇りや働きがい
  • 共に生きていく仲間や家族
  • 健康
  • 生きがい

等が手に入るようになります。

 

とは言っても脳を磨くって言われてもピンと来ない人が多いでしょう。

その具体的な方法を紹介してくれるのが

こちらの著書です。

筆者は25年の間、ノースウェスタン大学医学部など欧米を中心に世界最先端の医学の科学研究を行っている方です。

 

この著書では、職人の様に一定の技能を習得するのと同じように、脳も磨く事が出来ると紹介されています。

当記事を読んで頂き、あなたにも【脳を磨くスキル】を身に付けて幸せな日々を過ごして頂ければ幸いです。


簡単に幸せになる方法とは?【すぐに始められる方法を紹介】

幸せを感じるのは脳であり、約50年の間

「どうすれば人は豊かな人生を送る事ができるのか?」

「人が幸せを感じるにはどうすればいいのか?」

といった問題を解く為に研究した結果。

脳内にある【島皮質】という部位を鍛える事が幸せを感じる事に関係している事が分かりました。

 

では、具体的に【島皮質】を鍛える方法を紹介していきましょう!

Awe(オウ)体験をすると幸せになる

あなたはAwe(オウ)体験と聞いて

「なにそれ?」

と感じたと思いますが、私も同じ反応でした。

 

要するにAwe(オウ)体験とは【広大な世界を見て自分はなんてちっぽけな存在なんだろう】と思う事を指します。

例えば、キャンプや旅行などをする時に【目の前に広がる広大な景色】などを見た時に感じる事がAwe(オウ)体験です。

広い世界を知り、世の中のため他者のためになる事をしようという志が生まれやすくなります。

 

なので

「自分はちっぽけな存在だな」

と感じる事で【島皮質】は鍛えられるという事です。

 

こういったAwe(オウ)体験をする事で

  • あなたの人生で本当にやりたい事が見えてくる
  • 謙虚な気持ちが育つ
  • 前向きなる
  • 誰かの為に行動したくなる
  • 世の中の為に役立ちたいと思える
  • 未来を今生きているのと同じ感覚で捉えられる
  • 寿命が延びる
  • 幸福感が高まる

など様々な効果があります。

あなたが今【何をしたいのか分からない】のなら、Awe(オウ)体験をしてみては如何でしょうか。

 

ここで

「私はキャンプや旅行なんて行かないんですけど!」

という声もあるでしょう。

ですが、対策法があります。

 

Awe(オウ)体験は【動画で広大な世界の美しさを見る事でもAwe(オウ)体験を得る事ができます】

利他の心を持つと幸せになる

利他の心とは【まずは他者の事を考え、人の役に立てる事はないか、喜ばせる事は無いか】と考える事です。

 

ここまで読んで、自分よがりな人は【幸せになれない】事が分かって頂けたと思います。

そうなんです。

利他の心を持つことが、脳を磨く事だった訳です。

他者に貢献する事が幸せになる為の条件なんですね。

 

ただし、ここで落とし穴があります。

それは【打算的な親切は効果がない】という事です。

 

つまり

  • 何かのお礼として何かをしてあげる
  • 見返りを期待して何かをしてあげる

などは全く効果が無い事を覚えておきましょう。

 

共感に基づいた行動を行う事で、脳内には快楽物質である【ドーパミン】が分泌されます。

それにより、他人への親切をすると気持ちよくなってくる訳です。

 

気持ちよくなってさらに幸せになるので、まさに一石二鳥な方法です。

 

また、他人への親切から得られる幸福感は長続きする事も分かっています。

ここまで読んであなたも【他人に親切をしたくなってきた】と思います。

 

ただ、くれぐれも打算的な親切は行わないように注意しつつ行動していってくださいね。

前向きになると幸せになる

 

よく【ポジティブに物事を捉えると人生は上手くいく】という言葉を聞いた事があります。

実はそれは脳科学的にも正解だという事が証明されています。

 

理由は簡単で、前向きに物事を考えると脳が活性化して脳全体が働きやすくなるからです。

普段から前向きに生活していると脳は上手く機能しているので、何か問題が発生した時も脳が働き上手く対処する事が出来ます。

更に

  • 視野が広がり気づきが増える
  • 新しいアイデアが思いつきやすくなる

など前向きにポジティブに物事を捉える事で得られるんですね。

 

逆に後ろ向きの人は幸福感は下がります。

前向きに考えるようにしておくだけで、幸せになれるというのは簡単で今からでも始められることだとは思いませんか?

 

とはいっても

「いろんな問題が襲ってきて不安だらけです!」

といったようになかなかポジティブになる事が難しい人もいます。

 

でも、これはしょうがない事です。

人は元々ネガティブな事に反応しやすい生き物だからです。

 

それもそのはず、狩猟採集民時代は常に警戒して過ごさないと死んでしまうような状況で生きていたんですからね。

それから人類は何も変わらずに現代も生きているので、当時の習性が強く今でも起こっているという訳です。

そういった

  • 危険なモノ
  • 良くないモノ

を悪く捉える【ネガティブバイアス】というものが備わっています。

 

ネガティブバイアスによって

  • 人のあらを探したり
  • ネットのマイナス評価を気にしたり
  • 他人の目が気になってしまったり

様々な負の感情を作り出してしまうものです。

 

だからこそ、そういった【ネガティブバイアスに負けない脳を鍛えよう】という事が大切なんです。

ここからどうすればネガティブバイアスに負けずに前向きになれるかを紹介していきます。

主に以下の3つになります。

  • ①過去の経験を思い出す
  • ②自分にポジティブな声掛けをする
  • ③小さくても出来た事に目を向ける

それぞれ解説していきますね。

①過去の経験を思い出す

まずは【過去の経験で気持ちが前向きになった時の事を思い出す】という方法です。

過去に経験した成功体験を思い出し

「自分は出来る!」

と思えるようになるというものです。

 

過去の成功体験を思い出さなかった人と比べても【脳機能が35%も向上】していた事が分かっています。

なので、ネガティブバイアスに負けそうになったら過去の成功体験を思い出すようにしましょう。

②自分にポジティブな声掛けをする

続いて、自分自身にポジティブな声掛けをする事です。

ネガティブバイアスに負けそうになった時に

  • 「まだまだ大丈夫!」
  • 「俺ならまだいける!」
  • 「どうせ全部上手くいく!」

などといった、根拠のない事でも良いので【自分自身にポジティブな声掛けをする】事が非常に効果的です。

 

あなたは考え事している時も【言語を使って脳内で考えていますよね?】

私たちは常に言語を使って考え事をしている訳です。

 

その言語を全てポジティブな言葉に変えて、自分に投げかける事で前向きになっていきますよ。

また、自分だけではなく

  • 日常的にポジティブな言葉を使う
  • 他人にポジティブな言葉をかける

などといった事でも前向きになるので、是非試してみてください。

③小さくても出来た事に目を向ける

続いて、どんなに小さな事でも良いので【よくやったな!】と自分を認める事です。

 

  • 何かをしよう
  • 何かを目指そう

といった未来に向かうエネルギーは長続きしません。

ですが、その過程で小さな出来た事に目を向けて少しずつ前進している感覚を得る事が大切です。