どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

プロテインダイエットって本当に効果があるんですか?

さーづかさーづか

あります! ただ、正しく行わないと逆に太ってしまうので正しい方法を解説していきますね。

当記事では、プロテインダイエットの正しい方法からプロテインに対しての正しい知識をご紹介していきます。

私自身、1ヵ月で8kgぐらい痩せる事が出来ましたし、痩せたい知人にアドバイスを行い10kg以上減量させる事が出来た実績があります。
まだダイエットに挑戦中で、あまり成果が出ていない方は、是非この記事を役立ててくださいね。
※この記事は3分で読み終わります。

合わせて読みたい記事

≫溶かさないプロテインが効果的

※今だけ7,980円が980円の88%OFFなのでお得です!




プロテインダイエットの失敗しない方法!正しい方法を解説!

健康的できれいな体づくりのポイントを押さえて、ダイエットを成功へと導く方法をご紹介します。

プロテインダイエットとは

プロテインダイエットとは、一般的に食事の一部をプロテインサプリメントに置き換えるダイエット法のことをいいます。

置き換えをすることで、摂取カロリーをおさえることが可能ですが、他の必要な栄養素の摂取も減ることから、体調不良やリバウンド等の原因となる場合があります。

ダイエットの基本は、バランスのよい食事からです。

まずは、現状の食事内容を見直し、余分に摂ってしまっているカロリーをカットし、不足している栄養素の補足としてプロテインを摂ることがのぞましいです。

例外として、代謝が落ちて体重が減りにくくなった減量末期に、さらに脂肪を落としたい場合などで実施されることもありますが、その他栄養素摂取にも緻密なフォローが必要なため専門家の指導のもとで行うことが基本となります。

プロテインダイエットのメリット

プロテインダイエットのメリットとしては、食事量を減らすことで不足しがちなタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補給できることです。

これらの栄養素はエネルギー代謝にも関わっているため、不足すると代謝低下につながる可能性があります。

また、プロテインダイエットは、食事にプラスすると必要な栄養素が補給できるので、手軽に食事のバランスを整えることが期待できます。

さらに満腹感を得やすいので、少し食事量を減らしてもストレスを感じにくく、継続しやすいというのもメリットとしてあげられます。

プロテインダイエットのデメリット

自己流で食事をプロテインのみに置き換えたり、極端に食事量を減らすと、一時的に体重は減りますが、その分、通常食にもどした際にリバウンドをしやすく、なにより体調を崩す可能性があります。

また、過剰にタンパク質を摂りすぎると、腎臓にも負担がかかる場合があるので、摂りすぎには注意をしましょう。

プロテインダイエットの方法

どのようにプロテインダイエットを進めていけばよいのか、ここでは、食事との適切な組み合わせ方、プロテインの摂取のタイミングなど、具体的な方法について紹介します。

プロテインと食事の組み合わせ方

基本的には、バランスのよい食事を心がけながら、食事を無理のない程度に減らし、その分をプロテインで補うように摂取しましょう。

例えば、朝食は

「食パンとコーヒー」

という方は、そこに「プロテイン+低脂肪乳」をプラスしてみましょう。

バタバタしがちな朝は、それだけでもビタミン、ミネラル、タンパク質が補給できます。

また、外食をするとどうしても脂質、炭水化物を必要以上に多く摂ってしまい、カロリーオーバーになってしまいがちです。

主食や脂っこいものは、いつもより1/3程度減らして、その分プロテインを摂るようにしてみましょう。

余分なカロリーをカットでき、外食時に不足しがちなビタミン、ミネラルもしっかり摂取できます。

さらに、自宅で食事する場合には、食事をする前にプロテインドリンクを飲むことで、食事量を無理なく抑えることが可能になります。

基本は、主食、主菜、副菜、汁物などの、バランスを意識した食事をとりながら、目標体重を目指すのですが、やはり忙しい毎日のなかで、毎食バランスの良い食事を摂ることが大変なこともあります。

そんなときは、プロテインを食事にプラスしてみてくださいね。

お勧めのプロテイン3選

1位 パワープロダクション

体づくりのベースに吸収の速いホエイたんぱくを使用したプロテインです。

特にたんぱく質は体づくりには欠かせない栄養素です。トレーニングで体づくりをしたい方、そのためにがんがん毎日プロテインを摂りたい方におすすめです。

2位 ザバス

ザバスホエイプロテイン100 ココア味は、ホエイプロテインを100%使用したザバスのプロテインです。

たんぱく原料として、吸収の良い「ホエイプロテイン」を100%使用しています。トレーニング直後などのプロテイン摂取ポイントに合わせてたんぱく質を補給できるので、理想的なカラダづくりをサポートします。

3位 DNS ホエイプロテインG+

コストパフォーマンスが高いプロテインです。

身体作りのゴールデンタイムにたんぱく質を素早く吸収できるよう、ペプチドとプロテインを理想的なバランスで配合し、効率的な身体作りを実現させた商品です。

※ホエイプロテインだったらなんでもOKです。

番外編 しなりずむ

手軽ですぐに飲める、忙しい女性にぴったりの粒タイプのオールインワン・プロテインサプリメントです。

プロテインは水や牛乳に溶かして飲むタイプのものが主流ですが、飲む量の多さや、味が気になる方も多いはず。しなりずむは味がついておらず飽きにくいので、ジムなどで運動した後に飲むことを習慣化することで、長期的に「理想のカラダ」へとあなたをサポートします。

≫溶かさないプロテインが効果的

※今だけ7,980円が980円の88%OFFで購入できます。

プロテインダイエット中に運動を意識するとさらなる効果がある

痩せやすいカラダ作りをするには、筋肉を増やして、基礎代謝を上げることも大切です。

基礎代謝が上がることでリバウンドもしにくくなります。

「運動をしたくても時間がない」「運動が苦手」という方は一駅分歩いてみたり、積極的に階段を使ったり、歩行量を増やしてみることからはじめてみるのもいいですね。

そのときに大股を心がけることもポイントです。

そして、可能であれば一日30分程度、ウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。

プロテインダイエットで気を付けるべきポイント

極端な置き換えを取り入れた無理な減量は控えるようにしてください。

基本はバランスの良い食事を心がけ、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの足りない栄養素をプロテインで補給することです。

また、プロテインは水に溶かして時間が経つと変質しやすいため、飲む直前に飲料と割りましょう。割り物は水や、エネルギー代謝をスムーズにしてくれるビタミンB1が豊富に含まれている豆乳がおすすめです。

プロテインダイエットにまつわる迷惑な幻想

「運動をせずにプロテインを飲んだら太る」と思っている人もいると思いますが、勘違いしてほしくないが、プロテイン=タンパク質であり、プロテインから摂取するタンパク質も、肉や魚から摂取するタンパク質も本質的には同じです。

ではなぜ、プロテインが筋トレオタクたちから好まれるかというと、ごくシンプルにとても便利だからです。

本来は肉や魚からタンパク質を摂取することが理想だが、まとまった量が食べられなかったり、調理の手間がかかることもある。一方で、プロテインパウダーならシェーカーに入れておけば持ち運びが楽だし、水を入れればいつでもタンパク質を補給できる。消化が早い為、トレーニング後の速やかなタンパク質補給にも重宝されている訳です。

タンパク質にも1g=4kcalというカロリーがあり、だから取りすぎたら太るのですが、それは「運動をせずにプロテインを飲んだら太る」のではなく「一日の総摂取カロリーが消費カロリーを上回ったから太る」が正しいです。

そして、ダイエットをするうえではタンパク質の存在はとても重要です。

それは何度も言うように筋肉にとって欠かせないからであり、筋肉をいかに保つかがダイエット成功のカギであるからです。

目安としては体重の1.5~2倍、たとえば60kgの人なら90~120g取るようにするといいですね。

これをすべて食事からまかなおうとすると結構な量になるので、プロテインをうまく使いながら摂取するようにしましょう。

まとめ:プロテインダイエットは堅実な方法!

この記事では、プロテインダイエットの正しい方法からプロテインに対しての正しい知識をご紹介していきました。
ダイエット中の方で、あまり成果が出ていない方は、是非この記事を役立ててくださいね。

それでは。

合わせて読みたい記事

≫溶かさないプロテインが効果的

※今だけ7,980円が980円の88%OFFなのでお得です!