どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

便秘に効く薬ってあるんですか?

笹塚 神之介笹塚 神之介

便秘薬は注意して選ばないと逆に悪化する薬もあるので、その点に関してご紹介しますね。

当記事では、便秘を解消する便秘薬の選び方について書いていきたいと思います。
今も便秘でお悩みの方は、是非参考にしてみてくださいね。
サプリメントはOK!
時間を掛けずに解消したい方は↓をどうぞ。

※初回定期購入66% OFF

絶好腸酸を購入する
 



便秘に【効く薬】と【悪化する薬】の違いを解説!サプリメントはOK!

便秘は多くの人が経験している日常的なものですが、決して油断はできません。

便秘が続くことで、うつや不安などの心理的な影響が生じたり、日常生活に支障を来したりする場合があります。

ひどい便秘の場合、残便感や痛みなどを伴うこともあり、著しくQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を損なうことになります。

人知れず悩まれている方も多いのではないでしょうか。

また、市販の便秘薬を買いあさったり、自己流の治療をしようとしてうまくいかなかったりする人も多くいます。適切な対処、治療を行うことが大切です。

それでは、そんな「便秘」の症状、原因、そして正しい治療法についてまとめます。

便秘の仕組みを知りたい方はこちらの記事でまとめています。

便秘が原因で起こる吐き気や嘔吐、ツラい便秘を解消する6つの習慣!

まずは便秘薬の種類を知ろう

便秘薬と言っても実に様々なものがあります。お腹が痛くなりやすいもの、飲み続けていると効かなくなってくるもの、錠剤、液剤、坐薬に浣腸。

効き方も特徴があり、緩やかに効く「緩下剤(かんげざい)」、刺激を与えて出す「刺激性下剤」、素早く効果が出る「峻下剤(しゅんげざい)」などなどです。

詳しくはこちらをチェック

便秘薬が必要な排便困難症について

排便困難症とは、以下の状態を指します。

  • 大腸が便を運ぶぜん動運動については正常で、便は直腸まで運ばれてきているが、そこから出すことができない
  • 肛門まで便が来ているにもかかわらず出せないので、強くいきむ
  • 残便感
  • 肛門で便が詰まってしまう感覚がある
  • 一回で出し切ることができず、何回もトイレにいく

便秘の排便困難症になる原因7選

主な原因は以下になります。

  • ①廊下による衰え
  • ②女性ホルモンによる大腸の運動機能抑制
  • ③食事量、水分摂取量が少ない
  • ④過度なストレス
  • ⑤長時間トイレを我慢
  • ⑥腸内環境が最悪
  • ⑦便秘に繋がる薬の服用

①廊下による衰え

老化によって筋肉が衰え、うまく力が入らず排便がしづらくなるケースが考えられます。

また、歳をとることで排便をしたいと思う感覚が鈍くなり、排便の数が少なくなって便が固まりやすくなるといったこともあります。

②女性ホルモンによる大腸の運動機能抑制

大腸を動かすぜん動運動は、女性ホルモンによってゆっくりになるということがわかっています。

その影響で便が大腸を通る時間が非常にゆっくりになり、便の水分がその結果多く吸収されて便が硬くなってしまい、排便がしづらくなります。

③食事量、水分摂取量が少ない

食事量が少ない場合、便のまとまりが形成されづらいため長い時間、大腸に便がとどまります。

長時間、大腸で水分を吸収され続けた便は、便秘を引き起こす硬い便となります。
便の固まりやすさが便秘に影響するので、摂取水分量が少ない場合も同様に便秘を引き起こす原因になります。

④過度なストレス

大きなストレスを抱えることによって、排便が自然に抑制されてしまう事があります。

⑤長時間トイレを我慢

大腸に便がとどまっている時間が長ければ長いほど、便の水分が吸収されてしまい硬くなります。

そのため、長時間のトイレの我慢は非常に良くありません。また、トイレを我慢すること繰り返すと、自然に便意を感じづらくなってしまい慢性的な便秘につながります。

⑥腸内環境が最悪

病気によって便秘が引き起こされる場合もあります。非常に心配しなくてはいけないのは、まれではありますが大腸がんのケースです。

加えて、パーキンソン病、レビー小体型認知症などといった認知症発症前から便秘が始まることがわかっています。

その他、糖尿病も便秘を引き起こしやすい病気の一つと考えられています。

⑦便秘に繋がる薬の服用

例えばがんの痛み止めに使われる医療用麻薬、あるいは精神疾患の治療薬などには副作用で便秘が起こるものがあります。

便秘に効果的な薬

これは腸内にたまった便を出したい方にお勧めで、ビフィズス菌と乳酸菌をプラスした便秘薬です。
おやすみ前に服用すると、翌朝自然に近いお通じが得られます。
また、ビフィズス菌と乳酸菌が腸内環境を整え、便秘を期待できる薬ですね。

服用時のQ&A

就眠前に服用するとどれぐらいで効果がでる?

通常、7~12時間後に効果が期待できます。

個人や症状によって差はありますが、就寝前の服用で翌朝には効果が期待できます。

妊娠中も服用して良いのか

医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。

大腸刺激性下剤の場合、早・流産を起こすおそれがあり、安易に使用することはよくありません。

妊娠中はくすりに対して慎重であることが大切です。妊娠している、または妊娠していると思われるときは、医療機関でご相談ください。

毎日服用してもいいのか

長期服用はさけてください。

一般に便秘薬は長期服用すると習慣性になりやすく、次第に量を増やさないと効果が得られにくくなる傾向があります。

この薬は習慣性になりにくい便秘薬ですが、原則として症状が現れたときに服用してください。

服用しても効果が表れない場合はどうすればいいのか

次の日に、もう一度服用量を増やして様子を見てください。

1週間程度服用しても症状の改善が見られない場合は、他に原因があることも考えられますので服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。


まとめ:ビオフェルミンかサプリでOK

この記事では、腸内を整える便秘薬やサプリメントについてご紹介していきました。

便秘にお悩みの方は、是非試してみてくださいね。
それでは。