どうも、笹塚神之介です。

 

最近のスマホは動画撮影機能が向上してデジカメ並みのクオリティで動画撮影できる状態になりました。

今回はそんなスマホをWEBカメラとしてパソコンに同期させ、撮影できる方法をまとめていきたいと思います。



Androidの場合

①「DroidCam」をインストール

playストアアプリを起動し、該当のアプリを検索します。


検索窓に「droidcam」と記入して検索


DroidCam Wireless Webcamが出てくるのでこちらをインストールします。


インストールボタンを押すとカメラ/マイク/Wifi接続などの許可をする必要があるのでこちらに同意します。

②DroidCam Wireless Webcamを起動

インストールが終わったら起動します。


完了すると開くボタンが表示されるので起動します。ホーム画面でアイコンが追加されているのでそちらからも可能です。


最初に起動するとアプリの説明があるのでNextで次に進ませます


ここでAndroid側の準備は一旦完了です。続いてPCの設定に移ります。

③PCにインストール

まずはこちらからダウンロードします。


リンクに飛んだあと、少し下にスクロールしたら一番左のアイコンをクリックしてダウンロードします。


開いた後、画面のボタンをクリックすればアプリケーションがダウンロードできます。


するとDroidCam.Client.6.0.FullOffline.zipファイルがダウンロードされます。このzipファイルを展開してDroidCam.Client.6.0.FullOfflineフォルダを表示されます。
展開したDroidCam.Client.6.0.FullOfflineフォルダ内にDroidCam.Client.6.0.FullOffline.exeファイルがあるのでダブルクリックしてインストールします。


Nextボタンをクリックします。


「I Agree」ボタンをクリックします。


「Install」ボタンをクリックします。


インストールの途中でポップアップが出ますが「インストール」ボタンをクリックします。


Finishボタンでインストール作業は終わります。インストール完了です。

インストール終了すると自動的にWindowsのデスクトップにアイコンが表示されます。

④スマホのDroidCamを実行

スマホ版を起動する場合は、実内で同じネットワーク内にいる必要があります。

要するに、家のルーターをwifiルーターにしておけば問題ありません。

条件を確かめたらスマホの方から「DroidCam Wireless Webcam」を起動させます。


DroiCamをスマホで起動するとWifiで受信しているSSIDとIPアドレスとポート番号が表示されます。

この2を控えておきます。

⑤PCのDroidCam Clientを起動


PCのデスクトップにあるDroidCam Clientが起動します。


先ほど控えたIPアドレスとポート番号を記入します。


二つを記入した後はVideoとAudioのチェックボックスにチェック、全て記入してスマホの「DroidCam」起動を確認してPCの「DroidCam」の「Start」ボタンをクリックします。

以上の設定でAndroidをWEBカメラとして使えるようになります。


iPhoneの場合

Androidで使用するアプリは「iVcam」になります。

AppStoreにて「iVCam」を検索したら『入手』をタップしてインストールされるまで待ちます。

インストール出来たら『iVCam』を起動し『通知』を許可。

チュートリアルのような画面が開くので『x』をタップして「iVCam PCを検索中…」の画面のままiPhoneは待機しておきます。

 

 

②PCにiVCamをインストールする/待機

次にPCに『iVCam』をインストールします。

https://www.e2esoft.com/ivcam/

から『Download』をクリック。

適当な場所にインストーラーを『保存』します。

ダウンロードできたら『iVCam』のexeファイルを起動します。 

言語を選択して『OK』。

インストール先を選択。こだわりなければそのまま『次へ』。

スタートメニューにショートカットを追加します。こだわりなければそのまま『次へ』。

「デスクトップアイコン」や「起動時に実行」を自分好みに選択し『次へ』。

セットアップ内容が問題なければ『インストール』をクリック。

インストールは数十秒で完了します。『完了』をクリック。

PCでも『iVCam』を起動。以下の画面で待機します。

 

 

③iPhoneとPCを接続

iPhoneとPCの両方で「iVCam」を待機状態にしておくと自動で接続されます。

初回接続時はiPhoneの方で「カメラ」と「マイク」の権限付与の画面がでるので両方『OK』をタップします。

以上でiPhoneをウェブカメラ化することができました。ブラウザも認識するので「許可」をすればウェブカメラを必要とされるサイトで使用することも可能です。

IPhoneはAndoroidより導入しやすいですね


最後

さて、今回はスマホをパソコンのWEBカメラにして動画撮影する方法について解説しました。

これをすれば、動画撮影で高い機材を用意する必要はなくなります。

なるべく初期コストを下げてリスクのないチャレンジしていくといいと思います。

それでは。