塚原 藍子塚原 藍子

WEBデザイナーってどんな仕事なんだろう?

この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

さーづかさーづか

どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。

Webデザイナーとは、依頼されたWebサイトのデザインを担当する職業です。

当記事では、WEBデザイナーがどんな仕事なのか、どんなスキルを持っていればなれるのかを解説していきます。





Webデザインとは?Webデザイナーの仕事内容と将来性について

良質なWebサイトを作るポイントの1つとして、「デザイン」があります。

デザインの良し悪しによって、Webサイトの使いやすさや見た目の美しさ、そしてWebサイトから得られる成果は大きく変わります。このように重要な役割を果たすWebデザインを専門に扱っている職業が、Webデザイナーです。

今回は、Webデザイナーの仕事内容や将来性についてご紹介します。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。クライアントが思い描いているWebサイトを制作できるよう、全体の構成を考えながらデザインを構築していきます。それでは、Webデザイナーの業務内容は主に以下になります。

  • ①構成とレイアウトを決める
  • ②デザインを作る
  • ③コーディングを行う

①構成とレイアウトを決める

まずは、制作するWebサイトの大まかなレイアウトを決めます。基本的な構成や全体のボリュームなどを考慮し、キーとなるビジュアルやWebサイト全体のイメージを決定します。

②デザインを作る

続いて行うことは、Webサイトの色合いや装飾決めです。「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを用いて、Webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めます。基本的に、ここまでの作業はクライアントと相談を重ねながら進めることが一般的です。

③コーディングを行う

Webサイトの大まかなレイアウトにクライアントの合意が得られた後、Webサイトを構成する言語であるHTML、CSS、JavaScriptを 使用してコーディングを行います。HTMLは文章や画像を表示し、CSSは配置、フォント、文字サイズ、色などを指定し、JavaScriptで動きを表 現します。 ユーザーの使いやすさや見た目の美しさも意識しつつ、事前に決めた大まかなレイアウトに沿ってロゴやアイコンなどのデザインを行います。最終的なデザイン の調整はミリ単位で行われるため、Webデザイナーには集中力と根気が不可欠です。

パソコンと向き合う時間が長いと思われがちなWebデザイナーですが、クライアントとのミーティングなど、人と接する機会も多くあります。Webサイトに対するクライアントの要望をしっかりとヒアリングする必要があるため、デザイン能力に加えてコミュニケーション能力も試される仕事です。

Webデザイナーになるには?

Webデザイナーになるために、特別な資格は必要ありません

知識とスキルがあれば、未経験でも仕事に就くことができます。もちろん、過去にWeb関係の業務経験があったり、あらかじめWebスクールに通い高度なスキルを身につけていたりする場合には、即戦力として歓迎されます

Webデザイナーを志す場合は、HTMLとCSSに関する基礎的な知識が最低限必要です。HTMLとCSSは、Webサイトの構築やデザインをする際に用 いられる言語です。比較的簡単な言語であるため、基礎的な書き方は簡単に身につけることができます。マークアップ言語に加えて、 「Illustrator」や「Photoshop」の使い方も学んでおきましょう。

Webデザイナーの将来性

Web業界はますます拡大しており、それに伴ってWebデザイナーの需要も高まりを見せています。

またWebデザイナーは、勤める会社によってはデザイン以外に、プログラミングや文字コンテンツ制作にも携わる可能性があります。複雑なプログラミングはプログラマーに、Webサイト内の文章の執筆はライターに任せることが一般的ですが、これらのスキルも併せて身につけることができれば、さらに重宝 される人材へと成長することができます。

Webデザイナーの年収は契約形態などにより大きく異なりますが、平均的な年収は300~400万円程度です。また、JavaScriptなどの動きを取り入れるプログラミング技術や、検索エンジンからの集客を最適化するSEO対策などの技術を理解することで年収 は増加します。さらに、Webデザイナーとしての経験を積むことにより、将来的にはWebディレクターやWebプロデューサーへとスキルアップすることも できます。WebディレクターやWebプロデューサーへ転身した場合は、年収も大幅に上がります。

おわり:デザインが好きな人にお勧め

Webデザイナーという仕事は、デザインをすることが好きな方、そして常に新しい知識や技術を習得して自分のスキルとして活かすことにやりがいを感じる方に向いています。興味のある方は、Webデザインにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。