どうも、satoshi(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

転売ってよく規制されていますけど、良くない行いなのかな?

転売はしない方がいいのかな?

satoshisatoshi

転売が規制される原因は悪質な転売屋による行いで起きている事です。健全に転売をすれば問題はありませんよ。

当記事では、転売が規制される原因は悪質な転売屋が原因であることについて解説していきます。

一部の転売屋だけを見て、転売は悪だという認識を持っている人は、是非この記事を読んでみてください。

 

私自身、3年ぐらい転売で稼いでいますが、規制されない商材を扱う事で継続的に稼ぐ事ができるようになっています。

転売に興味がある方や、転売をしている方も参考にして頂ければと思います。

※この記事は4分で読み終わります。




転売の規制は大抵悪質な人の影響で起きるもの!健全に転売をしよう!

転売は一般的な評価としては、品薄の商品を高額で売る集団だという認識だと思います。

それは、本当にその通りなのですが、扱う商材によって規制されたり、音沙汰無しで稼ぎ続ける事ができる訳です。

 

いままでに規制された商品について振り返っていきましょう。

転売を悪用すると規制された商材

主に以下の3点になります。

  • ①コンサートチケット
  • ②マスク
  • ③トイレットペーパー

①コンサートチケット

一部のアイドルコンサートチケットをネット上で高額で販売されはじめ、運営側も巻き込む大事になった事例です。

楽しみにしているファンもいるのに、コンサートチケットに当選した人がヤフオクなどで売り始め、徐々に広がっていきました。

 

本来の値段の数倍で販売されている状態が続き、結果的にコンサートチケットの転売をすると捕まってしまう状態になっています。

さらに、コンサート会場ではチケットと本人確認の書類が必要になったケースもあり、単純に楽しみにしていたファンが本人確認書類が無いためにコンサート会場に入れなかった事もあったようです。

こういった状態になってしまうので、品薄な商品を転売するとものすごい速さで規制されていくので絶対やめましょう。

②マスク

最近規制された商品ですね。

コロナウイルスの影響でマスクが品薄になり、転売屋が買占めヤフオクやAmazonで高額で販売し始めた事が話題になりました。

セブンイレブンでは、高額でマウスを仕入れ、高額で店舗で売っていた事により「コンビニが転売している!」と少し騒ぎになっていました。

 

ちなみに「コンビニが転売をしている!」のは当たり前な事です。

転売が悪だと思っている人の典型的な意見ですね。

 

こういった規制に繋がる行いを悪質な転売屋が行う事で転売している全体のイメージが悪くなっている訳ですね。

③トイレットペーパー

これは、SNSなどで「トイレットペーパーも品薄になる!」的な事が拡散された事によって、

信じたSNSの一般大衆や転売屋の人たちがトイレットペーパーを買い込み、高額で売っていたようです。

 

この前、Amazonから「マスクなどを転売したらアカウントが一発BANするよ?」といった警告メールが一斉送信されている状態です。

天下のAmazonさんもそういった対応をする状態になっている訳なので、こういった必需品の転売は辞めましょう。

転売で規制されない転売商材

では健全な転売はどんな商材を扱えばいいのか。

主に以下になります。

  • ①必需品ではない商品の転売
  • ②家電などの生活器具
  • ③地方住みの方が購入しづらい商品

①必需品ではない商品の転売

生活する上で必需品ではない商品ですね。

 

主にゲーム、アニメグッズ、コミック、アイドルグッズなどですね。

趣味趣向の世界のグッズを転売する事で、苦情になりませんし、稼げます。

②家電などの生活器具

家電などの生活器具も転売される商材としては多いですね。

これは店舗によって、販売価格がバラけており、値段差がある場合が多い訳です。

 

そういった商品をリサーチしてAmazonで売っていく事で利益を上げていくんですね。

家電はどんな家にもある商材なので、需要もあり、結構稼げる商材です。

が、仕入れが大変なので、私は扱わない商材ですね。

③地方住みの方が購入しづらい商品

田舎に住んでいる人が東京のライブ会場で販売されている商品を買いたい場合

  • 東京までの移動費
  • 購入するまでに発生する時間

この2つが必要になる訳です。

なので、ネットで買う事で移動費や時間を消費せずに商品を手に入れる事ができるので、

購入者は非常に喜んでくれます。

私もいままで、沢山の購入者に喜ばれています!

転売は無在庫と有在庫がある

転売には主に二種類あります。

  • ①有在庫
  • ②無在庫

①有在庫

在庫を予め購入しておき、購入された後で発送する種類です。

一般的な転売はこちらですね。

デメリットとしては、言うまでもなく不良在庫ですね。

 

買ったのに売れない、といった状態です。

これは怖いですよ…。

クレジットカードで支払っているので、

支払い期間までに売れないと身銭をうって支払う必要があるんですね。

 

私はそういった事をしたくないので、無在庫転売をするようになりました。

②無在庫

私が3年前から行っている手法ですね。

ネット上に売られている商品を予めAmazonに出品しておき、売れたら商品を仕入れて発送する方法ですね。

PCが1台あれば完結できるので、非常にお勧めです。

 

商品が売れた時は嬉しいですし、売れた段階で利益が確定しているので、毎度ニヤニヤしながら仕入れていますね。

転売は無在庫がお勧めな理由

私が何故ずっと無在庫をしているのかを解説します。

  • ①在庫を抱える不安がない
  • ②誰もがすぐに始められる
  • ③出品しまくれば稼げる

①在庫を抱える不安がない

無在庫は言うまでもなく、在庫を抱える心配はありません。

塚原 藍子塚原 藍子

Amazonで売れて仕入れる商品が無かった場合はどうするんですか?

といった質問があると思いますが、そうならないように在庫管理ツールを導入しています。

 

在庫管理ツールを使う事で、Amazonに出品された商品がまだ販売されているかが分かるようになります。

このツールがある限り、無在庫でトラブルが起こる事はまずありません。

②誰もがすぐに始められる

無在庫は、難しい梱包・検品などがなく、全て他人が無料でしてくれます。

なので、覚える事が非常に少ないんですね。

 

すると、初心者でも簡単に始める事ができ、すぐに慣れていくので比較的に早く稼げるようになっていく訳です。

私も無在庫転売を始めた初月で20万も稼げましたからね。

③出品しまくれば稼げる

在庫を抱えないので、ひたすら出品しまくったら、その分収益は上がっていくようになっています。

私自身も無在庫転売を始めた初月は、会社以外の時間を全てビジネスに全振りして作業を行って20万を達成できましたからね。

 

どんなビジネスにも言えますが、圧倒的な作業量が稼げる秘訣です。

楽に稼げる事はないので肝に銘じておくといいですね。

まとめ:転売は規制されないように健全にしよう

この記事では、転売が規制される原因は悪質な転売屋が原因であることについて解説していきました。

転売は無在庫が一番お勧めです。

間違っても有在庫の転売をしないようにしてください。消耗するだけです。

在庫を保管する場所だったり、送料などが多くかかりますからね。

そんな手間なく簡単に無在庫転売を始めてみるといいんじゃないでしょうか。