どうも、satoshi(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

転売を始める時ってどこを使えばすればいいんだろう?

メルカリ? ヤフオク?
どこが一番いいんだろう?

satoshisatoshi

転売を始める時は絶対にAmazonを使った方がいいですね。詳しく解説していきます。

当記事では、転売を始める時はAmazonを絶対に使うべき理由を解説していきます。

私自身、Amazonを使って転売をしていますが、Amazonの集客力は本当に凄いです。

一番難しい集客をAmazonが行ってくれるので、私たちは売れる商品を出品しておけば勝手に売れていく訳です。

 

私自身は、3年ぐらいAmazonさんにお世話になっているので、体験談も踏まえて解説していきます。

※この記事は3分で読み終わります。




転売はamazonを使うべき理由と簡単な無在庫転売の手法を解説!

転売を始めるなら最初に思い浮かぶのがAmazonだと思います。

Amazonは、ネットを使っている人なら殆どの人が知っているネットショッピングです。

当然ながら、転売はAmazonを使っていった方が多く稼げるようになっていく訳です。

 

では、まず初めに転売をAmazonでする理由について解説していきます。

転売はAmazonでするべき理由

  • ①圧倒的な集客力
  • ②倒産する危険性がない
  • ③使用者が膨大すぎる

①圧倒的な集客力

転売で儲ける為には、当然ながら出品した商品が売れなければ利益になりません。

なので、出品した商品を買ってくれる購入者を集客しなくてはいけない訳です。

 

Amazonはその”集客力”が爆発的にあるので、売れる商品を出品しておけば、あとは勝手に売れていくようになるんです。

特に、その集客力は毎月およそ5000円の費用で使わせてもらえるAmazonは、非常にコスパが良い転売の販売所になるんですね。

 

なので、転売を始めようと考えている人はAmazonを使うのは確定事項だと思っていてもらえたらいいですね。

②倒産する危険性がない

あなたはGAFA(ガーファ)というものをご存じですか?

  • Google
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon

この4社の最初の文字を合体させてGAFA(ガーファ)と呼ばれます。

GAFAがどういったものかというと「倒産する事がない会社」と呼ばれるほどの企業なんですね。

 

Googleは言うまでもなく、検索シェアを9割ぐらい独占しています。

Appleもあなたが今触っている端末を作った企業です。

Facebookはそのまんまで、実名のSNSを作った企業です。

そして最後はAmazon、世界最大のネットショッピングサイトですね。

 

この4社は潰れる事が無いと言われている会社な訳ですから、その1社であるAmazonを使わせていただく訳なので、超絶安定しているという事なんですね。

 

ただ、プラットフォームを借りているので、しっかりAmazonの規約は守って運用していく必要があるのでご注意ください。

少しでも規約を破ったら、二度と使えなくなるので本当に注意してくださいね。

③使用者が膨大すぎる

世界規模のネットショッピングサイトなので、当然ながら使用者も膨大にいます。

 

ただ、膨大に使用者がいすぎてAmazonが管理出来ていない感がすごいです。

その結果、私たちのような無在庫転売が成り立っている訳でもありますからね。

Amazonさん、いつもお世話になっております。

 

では販売先はAmazonで確定だとして、続いて商品を仕入れるショッピングサイトを紹介していきます。

転売の仕入れ先はAmazon以外の全ショップ

有名なのは主に以下になります。

  • ①ヤフオク
  • ②メルカリ
  • ③ラクマ

①ヤフオク

みなさんお馴染みの日本最大のオークションサイトですね。

ここを使えば、だいたい仕入れる事ができます。

 

ただ、使う人が多過ぎて若干飽和している感が否めないですが、まだまだ使えるショッピングサイトなので、重宝しています。

 

また、ヤフオクをメインの販売先にしている転売屋の方もいるので、転売には様々なノウハウがあるという事ですね。

私は、Amazonを使ったノウハウのみ使っているので、ヤフオクは完全に仕入れ専用サイトにしています。

②メルカリ

ここ数年で勢力を伸ばしてきたメルカリですね。

 

ここでは、商品の値段相場が分からない人が商品を出品している確率が超絶高いので利益を多く取れる可能性があるショッピングサイトです。

基本的にヤフオクで商品が無かった場合、メルカリで探す。といった流れですね。

③ラクマ

ラクマは、正直メルカリの下位互換的なところはありますが、仕入れる事はできるので活用しています。

 

ただ、商品が品薄な気がするので、あまり使っている人がいない説が濃厚ですね。

「ラクマ使うならメルカリ使うよ」

といった人が多いのかもしれません。

 

でも、仕入れる事は出来るのでヤフオク→メルカリ→ラクマの順番で商品を探して、あれば仕入れる。といった感じですね。

私がAmazonでしてる転売の手法

ついでなので、私が行っている転売の手法を書いておきます。

 

ちなみに、この手法は当時24万で購入したノウハウなので、噛みしめながら読むといいです😌

扱う商材はホビーグッズ

まずは、扱う商品は「アイドルグッズ」と「アニメ・マンガグッズ」になります。

そして、上記で解説したヤフオク・メルカリ・ラクマなどから売れそうな商品を予めAmazonに出品しておきます。

在庫管理を毎日行う

そして出品した商品を毎日在庫管理していく訳ですね。

在庫管理はエクセルで管理しています。マクロ使って各商品のサイトから出品中か売れたのかが分かるようになります。

この在庫管理しないと、「Amazonで売れた商品が仕入れられない!」といった状況になるので、在庫管理は必須になりますね。

 

以上です。

 

はい、24万のノウハウは以上になります。

 

塚原 藍子塚原 藍子

えっ! 終わりですか!?

と思った方もいますが、簡単に言えばこんな感じです。

 

ただ、私はこのノウハウで初月で20万稼ぎましたからね。

ほぼ、教材代を回収できた訳ですが、好きなアイドルやアニメのグッズって面白いぐらいに売れるんですよね。

私自身もアニメとか好きな人なので、気持ちは何となく分かりますね。

無在庫転売のサポートツールを開発中

ざっと私が行っている転売の手法をサラッと解説しましたが、現在この無在庫転売の効率を大幅に上げるツールを現在開発中なんですね。

作る予定のツールは4つあります。

  • ①自動在庫管理ツール
  • ②リサーチ&出品ツール
  • ③自動値段改定ツール
  • ④自動仕入れツール

①自動在庫管理ツール

これは出品した商品を自動で在庫管理するツールですね。

パソコンを起動しておけば、自動で動いて在庫管理するツールにする予定です。

②リサーチ&出品ツール

これは、ヤフオクとかメルカリなどに出品されている商品をツールが検索し、出品条件を満たしている商品を全て洗い出してくれるツールで、出品も簡単にできるツールですね。

 

これが完成したら、ネット上のホビー市場は独占したようなものになります。

配布は正直考えていませんが、私の教材を購入した人には特別に配布しようか検討中ですね。

③自動値段改定ツール

これはAmazonに出品している商品の値段を自動的に最安値にしてくれるツールですね。

 

Amazonにはカートボックスというものがあります。

これですね。

値段を最安値にする事で、カートボックスを取得しやすくなります。

なぜかと言うと、このボタンを押すと自分のショップから購入する事になるので、より売れやすくなる訳ですね。

④自動仕入れツール

これはAmazonで売れた商品を自動で仕入れてくれるツールですね。

支払い関係もあるので、支払う手前まで自動でしてくれるように作る予定です。

 

これらのツールはまだ開発中なので、まだ出来ていません。

ただ、完成したらちょっとすごい事になると思います。

ばら撒く事はしませんので、私から無在庫転売を教わりたい方限定で配布しようと考えています。

なので、今の段階から初めてみてはいかがでしょうか。

まとめ:転売はAmazonを使って始めよう!

この記事では、転売を始める時はAmazonを絶対に使うべき理由を解説して、私が行っている転売手法も書いちゃいました。

ツールはまだ開発中ですが、結構すごいツールになると思うので、転売にチャレンジしたい方は、試してみてくださいね。

転売はアフィリエイトなどとは違ってすぐに稼げる手法になります。

転売はすぐに稼ぎたい人向けのビジネスなので、是非チャレンジしてみてくださいね。