どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

私は転売で失敗したくないです!

転売を行う時に注意しておく事ってありますか?

さーづかさーづか

そうですね…。

転売では扱ってはいけない商品がありますからね。
詳しく解説していきます。

当記事では、転売では扱ってはいけない商品を厳選して紹介していきます。

この記事を読んで学ばないと、最悪犯罪になってしまうので、しっかりおさえて転売活動を行っていきましょう。

 

私自身、健全な転売活動を3年間行っており、継続的に稼がせて頂いています。

転売を始めようと考えている人や転売を既に行っている人は参考にしてみてください。

※この記事は4分で読み終わります。




転売で失敗する商材をご紹介!転売で販売してはいけない商品4選!

転売では、扱ってはいけない商材が存在します。

それを詳しくしっておく必要があり、よく知らない状態で行ってしまうと違法となり、逮捕されてしまう場合があります。

 

それでは早速、ご紹介していきますね。

転売で失敗する商材4選

  • ①コンサートチケット
  • ②マスク
  • ③トイレットぺーパー
  • ④新販売の商品

①コンサートチケット

有名ですが、アイドルなどのコンサートチケットの転売です。

 

そもそも、コンサートチケットを定価以上で販売すると「チケット不正転売禁止法」となり違法になります。

 

「チケット不正転売禁止法」とは 2019年6月から施行されたチケット不正転売禁止法です。

コンサートやイベントのチケットを不正に転売することを禁止する法律ですね。

実際にこの法律に反したとして逮捕者も出ています。絶対にコンサートチケットは転売をしないようにしましょう。

転売の弊害で本人確認が必要になる

悪質な転売屋の影響で、コンサートチケットの転売により、コンサート会場に入場の際には本人確認が必要になってしまった事が大きな変化ですね。

これで、健全なコンサートチケットを持っている方が、

本人確認の書類がなくてコンサートを見れなくなってしまった事例も多く、

全く無関係の人たちにも被害が起きている状態になっています。

 

こういった誰も望まない結末になるので、コンサートチケットの転売は絶対に行ってはいけません。

②マスク

新型コロナウイルスの影響で転売屋に買占めされたマスクです。

悪質なマスクの転売により、一気にマスク転売が違法となりました。

 

法律を変えるレベルで悪質な転売が蔓延っている訳ですね。

なので、こういった状況に応じて必要になる商品を買占め、転売する行動は絶対にしないでください。

③トイレットぺーパー

こちらもマスクと同様ですね。

よくわかりませんが、SNSなどのデマでトイレットペーパーも品薄になっているようです。

 

これに便乗した転売屋がトイレットペーパーを転売し始めて高額で販売をしている人が多く存在しています。

こういった購入者の足元を見る転売屋は数多くいるので、一人でも多くの悪質な転売屋が排除されるようになってほしいです。

④新販売の商品

また、新しく販売される商品ですね。

これは、悪質というより、大赤字になり自爆してしまう可能性が高い傾向があります。

 

例えば、PSVRの買占め問題。

思いのほかPSVRが流行らず、商品を買い占めた転売屋たちが、商品の投げ売りがおきました。

結果的に、転売屋たちは大赤字になってしまった訳ですね。

 

こういった風に、新発売される商品で買占めを行うと売れなかった時の反動が非常に大きいので失敗する原因になります。

やはり、転売は予め仕入れておくという事が、非効率でしかたないですね。

 

塚原 藍子塚原 藍子

やっぱり、転売って良くない行いなんですか?

こういった事を思う人もいますが、そうではありません。

なぜなら、

ほとんどの商品は転売で成り立っている

からですね。

身近にあるもので以下も店舗でも転売は行われています。

  • ①コンビニ
  • ②スーパー

①コンビニ

誰もが1日に1度は言っているコンビニです。

コンビニも転売をしています。

 

安く仕入れて、高く売っている訳ですね。

転売とは、企業レベルで行っていた商品の小売業を個人がしているだけなんですね。

②スーパー

同じようにスーパーなどの商品も安く仕入れて高く売られているので、これも転売になります。

 

転売=悪ではなく、今までのビジネスで普通に行われている事なんです。

 

これで分かった人が多いと思いますが、

転売のすべてが悪ではない

という事です。

例えば、以下の人たちにとっては転売は嬉しい事になります。

  • ①地方住みの人が欲しい商品
  • ②限定品など会場限定の商品

①地方住みの人が欲しい商品

地方に住んでいる人が、東京限定で販売されている商品が欲しい場合、以下の費用が掛かります。

  1. 地方から東京までの移動賃金
  2. 商品を買うまでにかかる時間

基本的に移動費用と購入するまでの時間が必要になります。

 

でも、ネット上から買う事で上記の2点を行わずに商品をゲットできる訳です。

時間をお金で買う感覚に近いですね。

 

これは、北海道や沖縄に住んでいる人にとって、非常に嬉しい行いなんです。

ちなみに、私はこういった転売をメインで行っています。

②限定品など会場限定の商品

限定品なども同じで、実際に会場に出向いた人しか買えない商品を、ネット上から販売する事で、

限定品を手に入れるまでに発生する費用

を抑えて商品を手に入れる事ができる訳です。

 

こういった購入者に対して、欲しかった商品を届ける仕事を私たちは行っている訳です。

これで私は3年間稼がせて頂いています。

 

また、こういった稼ぐ事が出来るようになった背景としてはインターネットが広まった事が大きな理由ですね。

ネットが流行り電脳せどりが誰でも出来るようになった

今では主に以下からネット完結で商品を仕入れる事ができます。

  • ①ヤフオク
  • ②メルカリ
  • ③Amazon

①ヤフオク

ヤフオクは日本最大のオークションサイトです。

 

このサイトは、転売屋に対してとても恩恵を与えているサイトになります。

ヤフオクが無ければ個人の転売が成り立たないレベルで重宝しています。

 

利用者が膨大で大抵の商品は扱っています。

ここで仕入れる事ができない商品はほぼないですね。

②メルカリ

ここ数年で勢力を拡大してきたスマホアプリです。

 

販売価格も安く、安く仕入れて高く売りやすい傾向が高い状態になっています。

私もここから商品を仕入れますし、大きな利益も出す事ができるようになっています。

③Amazon

Amazonは世界最大のオンラインショッピングサイトです。

このサイトにない商品はほぼないと言っても等しいですね。

 

ただ、私はAmazonは仕入れをするサイトというより、販売するサイトにしています。

まとめ:転売は正攻法でやると健全に稼げる

この記事では、転売では扱ってはいけない商品を厳選して紹介していきました。

健全な商材を扱い、継続的に収益を上げていく事が転売では最重要事項になっています。

短期的に稼げたとしても、継続できなければ意味がありません。

 

なので、転売を行う人は必ず正攻法で転売を行うようにしてくださいね。