どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。

 

ここでは無在庫転売をする際に、Amazon出品アカウントで商品を出品する際のブランドを取得する方法と、出品をする対象の商品リサーチ方法についてまとめています。



無在庫転売を行う際のブランド取得&商品リサーチ方法を解説!

始めにブランド取得の方法を解説していきます。

Amazon出品アカウントで取得するブランドですが、「ノーブランド」となります。

手順を説明していきますね。

  1. Amazon セラーセントラルトップページにアクセス
  2. 一番右上の検索窓に「コード申請」と入力し検索
  3. 検索結果一番上の「製品コード免除の許可ー申請方法」をクリック
  4. クリック先のページ最下部の「製品コード免除の申請はこちら。」の青字の「こちら」をクリック。
  5. もしくは(https://sellercentral.amazon.co.jp/gtinx/browser)このリンクをクリック

4までの方法か、5のリンクをクリックすると製品コード免除を申請できる画面になります。


既に選んでいますが、商品カテゴリーは「おもちゃ&ホビー」を「選択」ボタンを押してから選べます。
その後は、右側のブランド/出版社のテキストボックスにノーブランドと記入します。

それが終わった後、利用資格の確認を押します。

すると↑に画面になりますので「申請を続ける」を選びます。

すると、「はい」か「いいえ」を選ぶ画面になるので「いいえ」を選びます。証明書なんてないですからね笑

そうすると、該当する商品の商品名と商品画像を探してきます。

探す方法は動画で解説しているので確認をお願いします。

商品の探し方

※動画ではバンダイのブランド取得について話していますが、ノーブランドの認識でお願いします。

見つけれたら、見つけた商品名と商品の画像を保存し登録して申請します。

すると、このようなメールが届くのでノーブランド取得が完了しました。


出品対象商品のリサーチ

次に出品すべき商品のリサーチ方法について解説します。

数量が少ない商品

それはズバリ「人の手が加わった商品」です。
人の手が加わった商品とはどのような物があるかピックアップしていきますね。

  1. 人がセットにしたもの
  2. 人が当てた物
  3. 特典
  4. 会場限定品
  5. コンプリート品

以上のような商品が Amazon への出品して大きく利益の取れる商品になります。
この考え方はどんなジャンルになっても変わりません。必ずこの考え方は頭に入れておいてくださいね。

出品対象の広げ方

更に出品対象の広げ方について解説します。
例えばあなたが AKB のハンドタオルが需要がありそうだ!
と予測したとします。
そうするとこの予想をどんどん横展開していくといいです。

具体的には、AKB のハンドタオルが需要がありそうだと予想したのならば、EXILE のハンドタオルはどうなのか?乃木坂のハンドタオルはどうなのか?他のアニメ系のハンドタオルはどうなのか?
といった具合です。
他にも、AKB の T シャツが需要があると予想したならば、SKE はどうなのか?NMB はどうなのか?BABYMETAL はどうなのか?
と言った具合で、商品の種類をジャンルに横展開していけば無限に出品対象を見つけることが出来ます。

更に、ヤフオク出品者から広げる方法についても動画で解説しているので、この概念はとても重要なのでぜひマスターしてくださいね。


最後

今回は、Amazon出品アカウントのブランド取得と出品対象のリサーチ方法について解説しました。

基本的にノーブランドを取得できれば、なんでも出品できるので取得できればOKです。