悩み人悩み人

フリーランスの働き方を知りたい。

僕もこれからフリーランスを目指して頑張りたいけど、フリーランスって一体どんな働き方で過ごしているんだろう?

このような悩みに答えます。

 

私自身フリーランスを始めて丁度1年ぐらいが経過していますが、

フリーランスは個人で稼ぐ力があるのが前提で成り立つものです。

 

 

何もスキルがない状態でフリーランスになるのは自殺行為なので、

絶対にしないようにしてくださいね。

なので、これからフリーランスになろうと考えているあなた向けに

フリーランスになる前の準備する事や、フリーランスになれるスキルを解説していきますね。

※この記事は3分で読み終わります。




フリーランスの働き方を解説!必要なスキルを手に入れて自由に働こう!

フリーランスには別名、個人事業主とも呼ばれており、会社以外からお金を稼ぐ事は全て個人事業主としての収入になっていきます。

フリーランスの働き方は2種類

フリーランスには2種類の働き方があります。

主に

  • ①フルタイムワーカー
  • ②副業ワーカー

の2つですね。

①フルタイムワーカー

これは会社を退職した方が主に行っているもので、フルタイムで作業を行っている人達です。

1日中仕事をしている人達ですね。

 

必然的に収入もあがりますが、遊ぶ時間なども無くなってしまう場合も発生してくるのでメリハリが大切になっていきます。

仕事をする時間と息抜きをする時間を管理しておくといいですね。

②副業ワーカー

これは主に副業で会社以外からお金を稼いでいる人たちの事を指します。

まずはこちらからチャレンジして、

本業の収入の2倍以上になったタイミングで、本業を辞めるといいですね。

 

続いてフリーランスで働くメリットを解説していきます。

フリーランスとして働く3つのメリット

  • ①働く時間を自分で決められる
  • ②働いた分だけ収入が増える
  • ③人間関係がなくなる

①働く時間を自分で決められる

これが一番のメリットですね。

 

あなたの好きな時間で働く事ができます。

働く場所も選べるので、好きなカフェでも作業できます。

よくカフェなどでカタカタしている人たちはフリーランスで働いている人たちの可能性が高いですね。

②働いた分だけ収入が増える

フリーランスは、働いた分だけ給料が上がっていきます。

ただ、ストイックに仕事をし過ぎるとストレスが溜まってしまうので、

適度に休憩は挟むようにしておいた方がいいですね。

③人間関係がなくなる

仕事で一番面倒くさい人間関係がフリーランスにはありません。

ただ、最低限のやり取りはあるので、ビジネスマナーに反しない程度のは対応をするようにしましょう。

フリーランスとして働く3つのデメリット

  • ①収入が安定しない
  • ②生活習慣が乱れる
  • ③信用がなくなる

①収入が安定しない

フリーランスは、企業と個人契約する性質上、仕事がないと収入が入ってこない訳です。

なので、営業スキルも求められます。

仕事を獲得する事ができないと詰んでしまいますので、できれば三ヶ月先ぐらいのスケジュールを埋めておくようにしましょう。

②生活習慣が乱れる

フリーランスは、いつ仕事をしてもいいので簡単に生活習慣が崩れます。

これは結構危険で、目覚まし時計などを駆使して、しっかり夜には寝るようにして規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

また、フリーランスだと運動などもしなくなるので、週に1,2回はスポーツジムに行くようにしましょう。

通うのが面倒くさい方は、自宅にジムスペースを作るのも手ですよ。

ホームトレーニングセット
ホームトレーニングセット

③信用がなくなる

フリーランスになると、社会からの信用もなくなるので、クレジットカードなどの審査が通りづらくなります。

これは本業を退職する前に申請しておけば問題はないです。

フリーランスで活躍している職種

  • ①Webデザイナー
  • ②プログラミング
  • ③イラストレーター
  • ④Webライター
  • ⑤ブロガー

①Webデザイナー

Webデザイナーはウェブサイトのデザインを構築していく人たちの事を指します。

今ではネットで広告を出す企業も多くLPなどの案件も数多くあります。

 

そういったLPのデザインを行う仕事の需要はこれからも高まっていくので、Webデザインのスキルが身に付くと

食べていけるようになっていきます。

②プログラミング

プログラムは多くの言語があり、人気なのはWeb系の言語だとWebデザインと同様に仕事が多く、

LPなどの案件の数が多く稼ぎやすいスキルだと言えます。

 

スキルを学ぶのに3か月~6か月ぐらいは必要ですが、最近ではオンライン完結のプログラミングスクールもあるので、

プログラミングスキルを学びたい方は無料体験も用意されているので試してみてくださいね。

③イラストレーター

イラストレーターは、雑誌のイラストやカードイラスト、ゲームイラストから商品パッケージイラストなど数多くあります。

稼ぐには営業力と一定の画力が必要になるので、もしイラストレーターとしてフリーランスになりたいのならTwitterでまずはファンを獲得したほうが早いですね。

以下の記事を読んで、イラストを描く上での心得と練習法を学んでください。

④Webライター

ネット上の文章を書く仕事になります。

今では、非常に需要のある仕事なので、一定のライティングスキルがあれば、仕事は多く転がっています。

 

文字単価の値段を実績が上がるにつれて増やしていくと、それに従って収益も上がっていくので、ある程度レベルが上がっていく度に値段交渉を行うようにしましょう。

⑤ブロガー

アフィリエイト収入などを得て過ごしていく人たちです。

アフィリエイト収入は構築するまでに時間がかかりますが、コツコツと構築していく事でドメインパワーも増えていくので検索からの流入も増えていきます。

一度構築すると、自然と収益が上がっていくので、日々次々と仕組みを作り続けていくのがブロガーの仕事になります。

 

そうする事で、仕組みが収益を上げるようになっていくので、極端に言えば、寝ていても収益があがるようになっていきます。

目安としては10000人に1人がブロガーとしてご飯を食べれる状態になれるぐらい難しいので、試したい人は下記のまとめ記事を参考にチャレンジしてみてください。

フリーランスになる前に覚えておく事

  • ①生活について
  • ②保険や年金について
  • ③確定申告について

①生活について

フリーランスになると、生活面がガラっと変わるので、

  • 生活リズム
  • 作業時間
  • 睡眠時間

これらをしっかり管理して日々過ごしていくようにしましょう。

 

そういった管理を行わないと、業務が貯まり、効率よく仕事が行えなくなります。

徹夜などは、作業効率が下がるだけなので、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

②保険や年金について

フリーランスになった後は保険を国民保険に、年金を国民年金に切り替える必要があります。

 

これは役所に行けばすぐに行えるので、忘れずに済ましておくようにしましょう。

③確定申告について

フリーランスになる際には、確定申告を行う必要があります。

更に事前に開業届も提出する必要もあります。

申請時には青色申告で行うようにすると最大65万の控除を受けられるので、絶対に青色申告の開業届を提出しましょう。

 

青色申告は資料の作成が非常に面倒くさいという声もありますが、最近では簡単にできるツールが出来ています。

その名も「会計ソフトfreee」です。
これは、確定申告書類が簡単に行える上に、良く分からなくなった時もコールセンターやチャットサポートが充実しているので、初めての個人で行う確定申告をサポートしてくれるツールになります。
詳しい使い方は下記の記事を参考にどうぞ。

まとめ:フリーランスは事前準備が大切

この記事では、フリーランスの働き方と必要なスキル・メリットなどについて解説していきました。

フリーランスは会社に依存せずに、自分だけの力で稼いでいく働き方です。

 

当然ですが、スキルが無かったら生きていけないので、まだスキルが無い人は仕事をしながら副業として

活動を始めて見る事をお勧めします。

ネット副業などは下記の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね。