どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

WEBデザイナーにおすすめな資格とかってあるのかな?

さーづかさーづか

お勧めな資格が1つありますのでご紹介します。

当記事では、Webデザイナーで唯一の国家資格である、ウェブデザイン技能検定について解説していきます。

 



Webデザイナーにおすすめな資格【ウェブデザイン技能検定】とは!

未経験からWebデザイナーへの転職や、Webデザイナーとしてさらなるキャリアアップを考えている方には、資格取得をおすすめします。Web関連資格の中でも人気の高い資格の一つが、Webデザイン業界唯一の国家資格「ウェブデザイン技能検定」です。今回はウェブデザイン技能検定の試験内容や受検するメリット、試験対策についてご紹介します。

ウェブデザイン技能検定とは?

ウェブデザイン技能検定とは、特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」によって実施される、Webサイト制作に必要な知識やスキルを問う試験です。ウェブデザイン技能検定に合格すれば「ウェブデザイン技能士」と履歴書に記載できます。ウェブデザイン技能士はWeb業界唯一の国家資格であるため(2019年7月現在)、注目度が高いことも魅力の一つです。

試験は1級から3級まで3つのレベルに分かれています。3級はどなたでも受検が可能ですが、2級は3級合格、1級は2級合格(1級・2級ともに協会が定める実務経験を満たしている場合は受検可能)が受検要件です。
令和元年度は1級が1回(学科試験は11月、実技試験は令和2年2月)、2級と3級が4回(5月、9月、11月、令和2年2月)に実施されます。

これからWebデザイン業界でお仕事を始めようと考えている方にお勧めの3級試験の概要は、下記表をご参照ください。

ウェブデザイン技能検定 3級試験要項

試験方法 筆記試験(マーク方式):「多肢選択法」「真偽法」形式
実技試験:課題選択方式
試験時間 筆記試験60分+実技試験45分
合格基準 筆記試験:70点以上(100 点満点)
実技試験:70点以上(100点満点:ただし、各作業分類において配点の60%以上の得点を得ること)
受験対象者 ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び従事しようとしている者
学科試験科目及びその範囲
  • インターネット概論
  • ワールドワイドウェブ(WWW)法務
  • ウェブデザイン技術
  • ウェブ標準
  • ウェブビジュアルデザイン
  • ウェブインフォメーションデザイン
  • アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
  • ウェブサイト設計・構築技術
  • ウェブサイト運用・管理技術
  • 安全衛生・作業環境構築
実技試験科目及びその範囲
  • ウェブサイト構築
受験料金 学科試験:5,000円(非課税)
実技試験:5,000円または3,000円※(非課税) ※2019年4月1日において35歳未満の方は3,000円

参考:ウェブデザイン技能検定-受検案内(試験要項)

ウェブデザイン技能検定を受検するメリット

ウェブデザイン技能検定を受検するメリットとして、未経験からWebデザイナーに就職・転職する際に採用担当者に意欲やスキルをアピールできる点、既にWebデザイン業務に従事する方であれば自分のスキルの把握や昇進に活かせる点が挙げられます。

「ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者および従事しようとしている者」(3級受検資格)が受検対象であることからも分かるように、ウェブデザイン技能検定はWebサイト制作に直結した試験であり、国家資格の取得は大きな自信につながるでしょう。

ウェブデザイン技能検定に合格するために必要な勉強は?

ウェブデザイン技能検定は、「インターネット概論」「ワールドワイドウェブ(WWW)法務」「ウェブデザイン技術」を含む10科目の理解度を測る学科試験、Webサイト構築と運用に関する技能を確認する実技試験から構成されます。

学科試験では、インターネットの仕組みやネットワーク技術、著作権などの知的財産権、HTMLやCSS(全級共通)、JavaScript・CGI・PHP(1~2級)の他、人間工学を取り入れたユーザビリティやアクセシビリティを考慮したユニバーサルデザインに関する問題が出題されます。

実技試験会場で用意されるPCには、ブラウザとテキストエディタ(全級共通)、Adobe Photoshop、Flash(またはAnimate CC)、Dreamweaver、Fireworks(1~2級)、ApacheやPHP(1級)などのソフトウェアがインストールされているため、試験本番までに使いこなせるようにしたいところです。

具体的な勉強方法とは

独学で試験対策をすることも可能ですが、初心者から効率良く勉強したい方はスクールに通うことをおすすめします。スクールではWebに関する最新情報を得やすく、ポイントを押さえた学習が可能です。学習上の疑問点を講師にその場で質問したり、スクールが学習のペースメーカーとなり、検定合格に向けて計画的に学習を進めたりできます。同じ目標を持つスクールの受講生と切磋琢磨しながら勉強できるメリットもあります。


まとめ:これだけ取っておけばOK

ウェブデザイン技能検定の取得は、Webデザイン未経験の方が就職・転職する際に役立つだけでなく、Webデザイナーの方が自分のスキルを確認・証明する上でも有効です。

インターネット・アカデミーは、ウェブデザイン技能検定を運営する「インターネットスキル認定普及協会」の正会員であるため、ウェブデザイン技能検定資格を保有している講師も多く、受検者の立場から指導を受けることができます。ウェブデザイン技能検定を受検される方は、インターネット・アカデミーの「ウェブデザイン技能検定対策講座」を受講されてはいかがでしょうか。

それでは。