塚原 藍子塚原 藍子

wordpressのブログを作ってみたけど、プラグインって何を付ければいいんだろう?
沢山あり過ぎて何を付けていいのか分かりません。
お勧めなプラグインが知りたいです。

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • お勧めなプラグインを紹介
  • プラグインのメリット・デメリット
  • wordpressの高速化設定を解説

wordpressを作った後に導入するのが

プラグインになります。

 

プラグインの数は膨大で、何を選んで

良いのか正直分からない人が多いです。

今回は、私がブログを1年間毎日更新を

行ってきた過程で、一番最適なプラグインを

ご紹介していきたいと思います。

 

この記事で紹介したプラグインで問題ないと

思いますが、利用しているテーマに応じて

多少異なるので、私のブログテーマ「賢威

を元に解説していきます。

※この記事は5分で読み終わります。




WordPressにお勧めなプラグイン20選!【これだけでOK】

それでは早速プラグインの紹介を

していきたいと思います。

  • ①AddQuicktag
  • ②AdSense Integration WP QUADS
  • ③Autoptimize
  • ④Async JavaScript
  • ⑤Broken Link Checker
  • ⑥Google XML Sitemaps
  • ⑦Lazy Load by WP Rocket
  • ⑧PS Auto Sitemap
  • ⑨PuSHPress
  • ⑩Redirection
  • ⑪Shortcodes Ultimate
  • ⑫Table of Contents Plus
  • ⑬WP Show Posts
  • ⑭WP-PostViews
  • ⑮Contact Form 7
  • ⑯WP Multibyte Patch
  • ⑰Rinker
  • ⑱EWWW Image Optimizer
  • ⑲Classic Editor
  • ⑳TinyMCE Advanced

①AddQuicktag

記事を書く時に定型コードを

記憶させておくことができる

プラグインです。

 

なので、記事内で多用するコード

を予め記憶させておきば、毎回

コードを入力時間を短縮できる

ようになり時間短縮できます。

②AdSense Integration WP QUADS

Googleアドセンスの設置サポートの

プラグインになります。

私は、アイキャッチの後と

記事の文末後にアドセンスを設置

する為に使用しています。

 

具体的な活用法などをアドセンスの審査手順の記事の後半に記載しているのでご確認ください。

③Autoptimize

wordpressの内部コードを

縮小してくれる

プラグインになります。

 

HTML・CSS・JSの3つの最適化が

出来るプラグインで、このツールだけで

wordpressの速度を格段に上げる事が

できるようになります。

 

具体的なwordpressの高速化の記事内で利用方法を解説しているので参考にしてみてください。

④Async JavaScript

↑で解説したAutoptimizeと同じ制作者の

プラグインになります。

 

このプラグインはコード内の

jsを非同期にできます。

 

非同期にする事で、ブログの表示が

高速化出来るようになります。

このツールの使い方もこちらで

Autoptimizeと一緒に解説しています。

⑤Broken Link Checker

wordpress内でリンク切れになった

リンクを検知して管理画面で

通知してくれるプラグイン。

 

通知が来たら該当記事を

すぐに修正できるので

導入しておくといいです。

⑥Google XML Sitemaps

wordpressのサイトマップを

作成してくれるプラグインです。

このプラグインを入れないと

Googleがブログを認識して

くれないので、導入しておきましょう。

⑦Lazy Load by WP Rocket

ブログで画像や動画の読み込みを

遅延させるプラグインです。

 

画像や動画の読み込みを遅らせる事で

単純に表示速度が向上させる事ができます。

⑧PS Auto Sitemap

wordpress内で全ページの

サイトマップを簡単に作る事が

出来るプラグインです。

 

導入しておくと読者の

利便性を上げるのでお勧めです。

⑨PuSHPress

このプラグインは導入すると

記事を書いた後に、すぐに

Googleの方に記事投稿を

通知するプラグインです。

 

なので、このプラグインを

入れておくことで、すぐに

Googleさんが記事を認識

して検索に載りやすくなります。

⑩Redirection

301リダイレクトをしてくれる

プラグインです。

 

301リダイレクトとは、

URLが変わった時に、

前に使っていたURLに

アクセスしても、自動的に

新しいURLのページを表示

してくれる機能です。

⑪Shortcodes Ultimate

この一つのプラグインで

短いコードで様々な事が

出来るようになります。

 

具体的な利用方法はこちらで解説しています。

⑫Table of Contents Plus

記事の目次を表示するプラグイン

 

カラーなどもカスタマイズでき

使い勝ってが良いプラグインです。

⑬WP Show Posts

任意の記事をグループ化して

表示する事が出来るプラグインです。

 

このプラグインを活用する事で

表示させたい記事だけを

一覧表示できます。

⑭WP-PostViews

各記事のビュー数が確認できる

プラグインです。

自分の記事がどれだけ見られたか

確認したい人は導入しておきましょう。

⑮Contact Form 7

wordpressにお問い合わせを

設置する事ができるプラグイン。

 

何があるか分からないので、

必ずwordpress内に設置しておきましょう。

⑯WP Multibyte Patch

お問い合わせから来るメールの

日本語を文字化けさせないようにする

プラグインです。

 

念のために導入しておきましょう。

⑰Rinker

wordpressの記事に

Amazonなどの商品リンクを

設置する事ができるプラグインです。

 

導入手順と具体的な使い方は以下の記事で解説しています。

⑱EWWW Image Optimizer

画像を軽くするプラグイン。

画像を最適化するとブログの

表示速度を上げてくれるので

必須のプラグインです。

⑲Classic Editor

wordpressのエディター画面を

旧式の状態に戻すプラグインです。

 

2021年の12月までサポートを

しているようです。

⑳TinyMCE Advanced

Classic Editorを補足させる

プラグインです。

主に、文字の色を変えたり、

背景色などを変更できる

ボタンなどを追加できます。

 

Classic Editorを導入するなら、

合わせてこちらも導入しておきましょう。

まとめ:プラグイン選びに時間は使わない!

この記事では、ブログの初めからからお勧めしたいワードプレスのプラグインをまとめていました。

記事内で紹介したプラグインでWordpressに必要なプラグインは網羅できたと思います。

 

プラグインの準備が出来た方は、テーマ選びもしっかり行っていきましょう。