どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。

ここではブログで稼ぐ為のグーグルアドセンスの審査用のブログについて解説していきます。

特に、最近はグーグルアドセンスの審査が厳しくなったせいで、かなり審査を通すのが難しくなっています。

主な条件として

・無料ブログNG
・日記ブログではダメ
・記事数は30記事以上
・文字数は1000文字以上

などがあげられます。これだけでも大変そうだと感じるかもしれませんが、一度取得してしまえば、あとは楽なので頑張っていきましょう。

以前は、無料ブログで10記事くらい適当に日記書いとけば取得できた時代もあったようですが、今はもうそんなものでは審査は通りません。

さらに、Googleでアドセンス審査について調べると情報が曖昧なところが多かったのでどのようなブログを創れば審査が通るかを解説していきたいと思います。



Google AdSenseを取得する為の審査ブログの作り方のコツ10選!

私がアドセンス審査を通すために意識したポイントは、全部で10個あります。

それぞれのポイントについて解説していきます。。

①ブログの内容がアドセンスポリシーに反していないこと

まず、1番重要なのは、ブログの内容です。

グーグルアドセンスでは、アドセンス広告に適したサイトでのみ掲載が認められていて、少しでも適さない内容だと、審査には通してもらえません。

 

審査に通ったとしても、グーグルアドセンスのポリシーに反した内容だと、警告が来たり、アドセンスを止められたりするので注意してください。

まずは、あなたのブログの内容が、アドセンスポリシーに違反していないか、チェックしましょう!

■アドセンスポリシー■

次のようなコンテンツを含む、またはそうしたコンテンツにリンクするサイトにGoogle広告を表示することはできません。

・ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ

・暴力的なコンテンツ

・差別的な発言(人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好 / 性同一性に基づく特定の個人や集団への差別や暴力を助長するコンテンツを含む)を含むコンテンツ

・嫌がらせやいじめなどに類するコンテンツ(個人や集団に対する攻撃を奨励するコンテンツ)

・不適切な表現

・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ

・迷惑ソフトウェアに関するポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ

・不正なソフトウェアやアドウェア

・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ

・絶滅危惧種を原材料とする商品を奨励、販売、宣伝するコンテンツ

・ビールやアルコール度の高い酒類の販売

・タバコやタバコ関連商品の販売

・処方箋医薬品の販売

・武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売

・授業や講義の課題、または論文の販売や配布

・報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの購読をユーザーに促すプログラムに関連するコンテンツ

・その他の違法なコンテンツ

・不正行為を助長するコンテンツ

・他者の法的権利を侵害するコンテンツ

出典:アドセンスプログラムポリシー

 

グーグルアドセンスは、上記のような内容を、細かくチェックしています。

特に注意して欲しいのは、以下の3つ!

・ポルノ、アダルト向け、成人向けのコンテンツ
・暴力的なコンテンツ
・ビールやアルコール度の高い酒類の販売

成人向けのコンテンツは、水着などの露出が多いものは避けた方が良いですし、暴力的なコンテンツは、基本的に漫画なども避けた方が良いです。お酒のことも、気軽に紹介しがちなので、注意しましょう。あとは、政治的なコンテンツも危険です。

審査に通りやすい内容は?

アドセンスポリシー違反を避けるために、以前は日記を適当に書いておけば審査が通りましたが、現在は日記では審査に通りません。

ですが、日記でもある程度ブログのテーマを特化して、需要がある内容であれば、アドセンス審査は問題なく通ります。

 

例えば、

「タイトル:子供と公園に行ってきました」

よりも

「タイトル:子供の運動のおすすめは?公園にはこんな凄い効果があった!!」

の方が、「子供 運動 おすすめ」などで検索されることが期待できます。

 

アドセンス側から見ても、記事タイトルがしっかりしてるので、しっかりブログや記事が作りこんでいると見られます。

記事タイトルを変えるだけでも、印象が全然違いますし、検索に引っかかる可能性は増えるので、特に意識してください。

 

また、日記以外でも趣味系で、テーマを特化して、ある程度記事が書けるならOKです。

私が他に考えた内容を紹介すると

・プロ野球
・サッカー
・その他スポーツ系
・釣り
・ライブ、コンサート
・育児
・料理
・ダイエット

などなど、検索数がある程度期待できて、30記事程度書ける内容であればOKです!

検索数やタイトル付けは、アフィリエイトで稼ぐためには必須のスキルになります。これができなければ、アドセンスの審査が通ったとしてもアフィリエイトで稼ぐことはできません。

③ブログがある程度整備されていること

①の内容に加えて、ブログの見た目も重要です。

要は、検索してくるユーザーが心地よい空間であれば、アドセンスも受け入れてくれるということです。

具体的には

・文字数
・カテゴリー
・見出し
・テンプレート
・関連記事
・人気記事
・サイトマップ
・運営者情報

など、普通にブログを運営する上で必要なことは、審査用ブログであっても整備しましょう。

③1記事の文字数は1000文字以上

アドセンスポリシーでは、文字数の明確な基準はありません。

ですが、他のアドセンス審査合格者の話を聞くと、最低でも1,000文字以上は書いておく方が有力です。

1000文字って言っても、1,012文字もあるし、1,111文字、1,221文字などもあって、バラバラです。あくまでも1,000文字は目安で、記事を書けば、文字数がばらけるのが普通ですよね。

逆に、全て1000文字ちょっとだと怪しいので、やめましょう。

 

要は、それなりのボリュームで、ユーザーの役に立つ内容であればOKということ。

現時点で1,000文字書けないのであれば、練習だと思って最低1,000文字は書く努力をしましょう。

④記事数は30記事以上

記事数に関しても、アドセンスポリシーには明確な基準はありません。
20記事でも通ったという情報もあれば、50記事でやっと通ったという情報もあります。

私の場合は、30記事で審査に出して一発で通りました。

ですので、上記ブログレベルの内容で30記事あれば審査に通るということを、1つの基準にしてみてください。

 

また、更新頻度は、毎日更新しなくてもOKです。僕は、なるべく毎日更新しましたが、更新できない日もありました。毎日更新できるに越したことはないですが、更新頻度に敏感にならなくても大丈夫です。

⑤アクセス数は関係なし

アクセス数は、ほとんど関係ありません。私のブログの場合は、友人にシェアしたくらいで、検索からのアクセスはほぼありませんでした!

普通に考えれば、立ち上げて1か月のワードプレスのサイトで、アクセスなんて来るわけありません。

アクセス数が心配であれば、はてなブックマークやSNSでシェアして、少しでもアクセスが来るようにしましょう。

⑥画像はフリー画像を利用

「画像は貼らないほうが良い!!」

という情報もありますが、著作権違反をしなければ、貼っても大丈夫です。

Googleは、基本的にユーザーに役に立つサイトやブログを求めています。そう考えると、むしろ画像がない方がイメージが湧きにくいですし、ユーザーの役に立つとは言えないですよね。

 

私は、画像を貼ってアドセンス審査に通ったので、安心して画像は貼ってください。

1記事につき1つの画像を貼って、アイキャッチ画像も設定すれば、それなりに見やすいサイトになります。

 

ただ、先ほども言ったように、著作権違反には注意しましょう。

必ず、著作権フリー画像を使って、間違ってもネットに落ちてる画像や有名人の画像を勝手に使うのはやめてください。

著作権フリー画像は、こちらを参考にしてください。

⑦アフィリエイトリンクは張らない

アマゾンや楽天などのアフィリエイトリンクが貼ってあるからと言って、一発でアドセンス審査に落ちることはありません。

ですが、特に意味もなく貼りまくるという行為はNG!

グーグルアドセンスには、広告を出している広告主がいることを忘れないでください。

グーグルは、あなたのサイトに広告を貼ってもらって、ユーザーが広告主のサイトに飛び、商品などを購入してもらわなければ、あなたのサイトに広告を貼る意味がありません。

 

なのに、他のアフィリエイトリンクが貼りまくっているサイトだったらどうでしょうか?

グーグルアドセンス側は、そのサイトに広告は貼りたくないですよね。ですので、本当に必要ならアフィリエイトリンクを貼っても良いですが、必要最低限にすべきです。

⑧見出し、改行、文字装飾は適度に入れる

見出しと改行、文字装飾は、ブログを運営する上で、基本中の基本です。

見出し(h2,h3など)を付けるだけでも、ブログ記事の見やすさは格段に変わります。検索してくるユーザーも、Googleもまずは見出しを見ると言っても過言ではありません。

 

また、ブログの見やすさを考えると、改行や文字装飾(赤文字など)もしっかりやりましょう。

これはブログを運営する上で必ず必要なことなので、意識してやるようにしてください。

⑨運営者情報・プライバシーポリシーを作成

運営者情報とプライバシーポリシーも必ず作るようにしましょう。

■運営者情報とは

どんな人が運営しているのか?という情報。

■プライバシーポリシーとは

Googleが個人情報をどのように扱うか?という明記。

Googleは、ユーザーのサイト履歴などに合わせて、広告を出します。ですので、一応個人情報についてプライバシーポリシーを明記する必要があります。

 

私のサイトを参考に、固定ページで作ってみてください。

 

上のページを参考に、ちょっと言葉を変えて作れば、問題ありません。

その後、外観のメニューからメニューに載せるようにしましょう。

 

⑩その他外観を整える

最後に、その他の外観の整備をして、見やすくしましょう。

・カテゴリー分けをしっかりする
・ワードプレスのテーマを変更する
・関連記事を表示させる
・人気記事を表示させる
・サイトマップを作成する
・お問い合わせフォームを作成する

などプラグイン等を使えば、簡単に設定できるものばかりですので、まだ設定していけなければ設定するようにしましょう。

プラグインはこちらで紹介しているので、参考にしてください。

 

ワードプレステーマは、無料と有料がありますが、無料であれば「STINGER」というテーマがおすすめです。ちなみに、私は「賢威」という有料のテーマを使っています。


最後

ここではグーグルアドセンスの審査用ブログを作る際のポイントについて解説しました。

アドセンスポリシーに反しないテーマで、30記事程度まともに書けば、落ちることはまずありません。

アドセンスの審査に落ちた場合は、再審査は2週間の期間を空けなければなりません。もしブログの内容がグジャグジャで、何回も審査に落ちているなら、一度審査用に作り直すことをおすすめします。

アドセンスの審査方法については↓を確認ください。

ちなみに、グーグルアドセンスのヘルプフォーラムもあるので、ヘルプフォーラムを参考にしても良いですね。

グーグルアドセンスは、ブログアフィリエイトで稼ぐ第一歩です。アドセンスを取得できなければ、ブログアフィリエイトで稼ぐことは難しいので、頑張って取得しましょう。

それでは。