塚原 藍子塚原 藍子

Googleアドセンスの審査手順が知りたいな。
あと、具体的なアドセンス広告の設置場所が知りたいです。

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • Googleアドセンスの申請手順
  • 審査を通すコツを全て晒す
  • 収益を上げる広告設置場所

Googleアドセンスは

ブログを始める上で1つの登竜門と

なっており、ブログで稼ぐ為の

1つの手段になります。

 

私自身、ブログを始めてすぐに

Googleアドセンスの審査を行い

見事に審査を通す事ができました。

それにより、毎月数万円の収益になっています。

※アドセンス規約で具体的な数値は公表禁止です。

Googleアドセンスの審査は
年々難しくなってきていますが、
しっかりとした審査を通すコツを
しり、正しい手順をすれば
取得できるようになります。

ブログを始めて間もない人や

審査方法が分からない方は

是非最後まで読んで参考にしてみてください。

※この記事は5分で読み終わります。




Googleアドセンスの審査手順と収入爆増の広告設置場所も解説!

改めて、ブログを収益化させる

1つの方法としてGoogleアドセンスの収入があります。

Googleアドセンスとはいったい何?

自身のブログに広告を張り、

見られた回数、クリックされた回数で収益が発生するサービスになります。

 

これはGoogleアドセンスの

アカウントを取得して審査に通る必要があります。

 

Googleアドセンスの審査は

年々変化しているので、

ネットで紹介されている中には

古い手法とは違う可能性が高いです。

※この記事の情報は2020年4月現在のもの

 

参考にして自身のアドセンス申請に活かしてください。

ただ、ブログには他にも稼ぐ仕組みはあるので、そちらも知識として覚えておきましょう。

Googleアドセンス全ての審査・広告設置の手順

Googleアドセンス取得までには、次の4つのステップがあります。

  • ① 審査を通すブログを作るコツ
  • ②一次・二次審査の手順
  • ③広告コードを設置する
  • ④支払い手続きをする

Googleアドセンスは、

申請さえすれば必ず使えるわけではありません。

 

Google側でしっかりした審査で

広告を貼るのにふさわしいブログか

どうか判断されます。

 

しかも、

Google側も適当に審査しておらず

1つひとつしっかり見て審査をしています。

① 審査を通すブログを作るコツ

まずは、アドセンス審査に

申請するためのブログを作成します。

 

ブログはWordpressを使うように

しましょう。

wordpressにはレンタルサーバーが

必要なので、こちらで最適なサーバーを

選んでおきましょう。

 

また、ブログを作った後、

日記などを書くだけでは審査は

通りません。

 

中には、審査合格までに

半年かかったりするなど、

かなり時間がかかる人もいます。

 

なので、審査を通すコツとしては

  • 日記以外に有益な記事
  • 記事数は10記事以上
  • 文字数は1000文字以上

この3点は必ず守ってください。

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらを確認しましょう。

②一次・二次審査の手順

ブログの準備が出来たら

Googleアドセンスの申し込みをします。

 

一次審査では、ブログのコンテンツが

Googleアドセンス広告にふさわしいかどうかを審査します。

 

Googleアカウントを作成後に、

Googleアドセンストップページにて

「申し込みはこちら」をクリックして、申し込みを進めましょう。

 

すると、『ウェブサイト』と

『コンテンツの言語』の

入力欄が表示されますので、

作成したワードプレスのURLを入力し、

コンテンツの言語は「日本語」を選択して、「保存して次へ」をクリックしてください。

 

次に、「AdSense利用規約」が

表示されますので、

「はい、利用規約を確認し、内容に同意します。」に

チェックを入れて、「同意」をクリックしてください。

 

すると、

「~@gmail.comに関連付けられたAdSenseアカウントをすでにお持ちです。今すぐご利用いただけます。」

というメッセージが表示された画面に移ります。

 

ですが、これはアドセンス審査通過したわけではありませんので注意してください。

これから審査が始まります。

 

次に、「支払い先住所の詳細」の記入ページに移ります。

順番に、必要事項を記入していきましょう。

 

記入が全て終わったら、「送信」をクリックしてください。

さらに進めると、次のような画面で、電話番号による確認をします。

 

SMSか通話かどちらかを選んで確認コードを送信します。

ちなみに、SMSの方が簡単でおすすめです。

 

SMSの場合は、

その後ショートメッセージで、

確認コードが送られてくるので確認コードを入力すると審査の申し込みが完了します。

サイトをAdSenseにリンク

次に、

アドセンスと審査サイトを

関連付けるために、『サイトをAdSenseにリンク』を行っていきます。

 

アドセンスの審査では、

サイトの内容はもちろんですが、

広告コードがきちんとブログに広告が貼れるかどうかについても審査されます。

 

上記メールの「今すぐ利用を開始」を

押して、Googleアドセンスに

ログインすると、以下のようにサイトにアドセンスの広告コードを貼るように案内がされます。

 

この赤で囲ってある広告コードを、

ブログに貼り付けます。

 

ワードプレスの場合は、

<head>タグはWordPress管理画面から

「外観」→「テーマの編集」→「header.php」の中にあります。

 

通常は、この<head>直後に貼り付ければOKです。

 

ですが、ワードプレスのテーマによっては、

<head>タグが見つけられない場合もあります。

 

私が使ってる「賢威7」では、

</head>タグはすぐに見つけられましたが、

<head>タグは見つけにくかったです。

 

その場合は、</head>の直前に貼ってもOKです。

私は、「</head>」の前に貼って、

無事の合格したの間違いありません。

 

きちんと広告コードが

貼り付けられると、

以下の画面になって二次審査の申込が完了します。

審査期間について

二次審査の審査期間は、

「最大3日間」と書いてありますが、私は1週間かかりました。

 

ですので、3日過ぎたからと言って、

不合格なわけではありません。

また、仮に不合格になっても

何回も再審査ができます。

 

ここでも一次審査と同じく、

コツコツと記事更新しながら待ちましょう。

 

その後、無事審査が通過すると、

【おめでとうございます!】

と以下のような嬉しいメールが届きます。

このメールが届けば、もうアドセンスの広告を貼ることができます!

③広告コードを設置する

二次審査に合格したら、

さっそくブログにアドセンスを貼っていきましょう。

 

ここでは、

広告コードの設置方法をお伝えします。

 

まず、Googleアドセンスにログインして、左メニューの「広告」をクリックして下さい。

 

次に、「広告ユニットごと」のタブをクリックします。

すると、広告の作成ページに移ります。

すると広告の種類が表示されるので、ディスプレイ広告を選択します。

すると、広告設定画面に遷移するので、広告名称を適当に入力して「作成」をクリックします。

すると、広告を表示できるコードが表示されるので、広告番号をメモに控えます。

書き出されたコードの画像の箇所をメモに残しておきましょう。

それでは、Googleアドセンスの収益が上がる広告設置場所を紹介します。

Googleアドセンスの収益が上がる配置場所

まずはGoogleアドセンスの設置場所を図で解説します。

 

サイドバーに貼っても良いですが、

実はサイドバーはほとんどクリックされません。

設置するだけ無駄なので、設置しなくてOKです。

 

それもそのはず。

スマホだとサイドバーは記事よりも

下に配置されてしまいますからね。

 

それよりも、上記のように、

記事の中に4~5つ配置するのが、

ユーザーの邪魔にもならないのでおすすめです。

では、具体的な設置方法を紹介します。

見出し前に広告を表示する方法

まずは、こちらのコードをメモにコピーしましょう。

解凍した後のフォルダ内にある

【見出し前.txt】を開いて頂き

コード内にある【あなたの広告番号】を

↑でメモったあなたの広告番号に変えてください。

このコードを下記の場所に貼り付けます。

しっかりと張り付けるコード内の

広告番号をあなたの広告番号に

書き換えるようにしてください。

タイトル直後と記事の文末に広告を表示する方法

続いて記事の最後に広告を表示させる方法です。

これにはプラグインを使います。

使うプラグインは【WP QUADS】

インストールした後に設定画面を開きます。

図の【Ads】をクリックします。

そして、広告1をクリックして下記の状態にします。

張り付けるコードは

上記で解凍した後のフォルダ内にある

【広告1に設定するコード.txt】を開き

ここでも【あなたの広告番号】を書き換えて↑図の場所に貼り付けます!

続いて広告2の方を選択します。

こちらに張り付けるコードは

上記で解凍した後のフォルダ内にある

【広告2に設定するコード.txt】を開き

ここでも【あなたの広告番号】を書き換えて↑図の場所に貼り付けます!

そして、最後に【設定を保存】ボタンを押します。

 

続いて、メイン画面に戻ります。

そして、

  • Beginning of Post
  • End of Post

の2つにチェックを入れて

  • Beginning of Postに広告1
  • End of Postに広告2

を選定します。

図のようになっていればOKです。

 

これで【変更の保存】を押したら設定完了です。

Googleアドセンスの収益の上がる設置手順は以上になります。

④支払い手続きをする

広告を配置し、

クリックされると収益が発生します。

「よっしゃ~~これでほっとけばお金が入ってくる!!」

というわけではありません。

 

お金を受け取るためには、

アドセンスはもう一手間かかります。

 

アドセンス審査に合格した後に

行う支払い手続きが以下の3つ。

  1. 個人識別番号(PIN)の郵送と認証
  2. お支払い方法の追加
  3. 少額デポジットの入金と認証
  4. 補足①アドセンス審査の結果がこない場合は?
  5. 補足②アドセンスの最低支払額と支払日

以下で、詳しく見ていきます。

1.個人識別番号(PIN)の郵送と認証

アドセンスの見積もり収益額が1,000円を超えると、2週間くらいで登録の住所宛てに、以下のような「個人識別番号(PINコード)」が郵送されます。見積もり収益額が1,000円を超えると、自動的に郵送されるので、手続き等は必要ありません。

 

封を開けると、個人識別番号(PIN)が記載してあります。このPINをアドセンスで認証します。

アドセンスのトップページの左メニューの「設定」から「アカウント情報」クリックします。次に、「住所の確認」をクリックします。

 

「PINコードの入力」と書かれた部分に、郵送されてきたPINコードを入力して、「PINを送信」をクリックすれば完了です。

※半角で入力しましょう。

2.お支払い方法の追加

PINの認証が完了したら、アドセンスのトップページ上部の「お客様のお支払いは現在保留されています。お支払いをお受け取りになるには、お手続きが必要です。」という文言の右側「操作」をクリックします。

 

すると、銀行情報を入力する画面に切り替わるので、銀行情報を入力して、「保存」を押しましょう。

 

次の画面に切り替われば、お支払い方法の追加は完了です。

3.少額デポジットの入金と認証

最後に、追加した銀行口座に、1~3営業日以内に少額のデポジットが振り込まれます。

僕の場合は、翌日に41円の入金がありました。

デポジットが入金されたら、最後の認証作業をしてください。

もう一度、「操作」をクリックして、認証画面に進みます。

 

さらに、こちらの画面で、デポジット金額を選択し、「確認」を押せば完了です。

4.補足①アドセンス審査の結果がこない場合は?

たまにアドセンス審査の結果がこない場合もあります。

これは審査落ちしてるわけではなく、単にアドセンス側の処理がまだ終わってない可能性が高いのです。

結果がこない場合は、以下のAdSense審査状況確認フォームから問い合わせましょう。

AdSense審査状況確認フォームはこちら

私の場合は、二次審査で1週間連絡来ないで、AdSense審査状況確認フォームから問い合わせしました。すると3日くらいで「合格」の通知が来ましたよ!

諦めずに、まずは問い合わせをしてみて下さい。

5.補足②アドセンスの最低支払額と支払日

アドセンスのPINコードが送られてくるのは「1,000円」ですが、

最低支払額は「8,000円」になります。

 

アドセンス収益の確定額が8,000円に達した翌月末(23日くらい)に、

先ほど登録した銀行口座に振り込まれます。

 

例えば、1月までの見積もり収益額は、2/23に振り込まれます。

ですので、会社の給料と大体同じサイクルですね。

 

また、この見積もり額は累計額ですので、ご安心ください。

例えば、「1月3,000円、2月3,000円、3月3,000円」であれば、4月に9,000円振り込まれます。

まとめ:Googleアドセンスの審査を通し記事を書いていこう!

今回はGoogleアドセンスの申請方法や稼げるアドセンスの設置方法について解説していきました。

基本的な流れは簡単だと思いますが、

 

更に、初心者向けにブログで稼ぐまでの手順を

下記の記事にまとめているので参考にしてみてください。