どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。

資産ブログの基本的な考え方を既に学んでいただいた方は、次に学んで頂きたい事があります。

それは稼ぐための文章の書き方です。からこそマインドマップを使って、キーワードの俯瞰をしてほしいのです。

ロングレンジキーワード戦略とミドルレンジキーワード戦略で作成する記事には、場合によっては商品の広告を置ける場合があります。

その時に自然と商品の広告が記事内に挟む事が出来る、稼ぐための文章の書き方や、記事を作成する上で意識する事などを記事に解説していきますので、是非学んで頂ければと思います。



ブログで稼ぐための文章の書き方について解説!

ロング&ミドルレンジキーワードが選べるようになってきたら、次の作業は文章を書くことです。

アドセンスにしても、ASP や楽天アフィリエイトにしても、稼ぐために記事を書くのは欠かせないことです。
ところが、キーワードを選び、しっかり俯瞰して「これなら、いい記事が書けそうだ」と思っても、いざPC に向かってみると、途端に手が止まって、「何を書いたらいいんだろう?」と迷ってしまうことがあります。

これは誰もが通る道なので、是非覚えて頂ければと思います。

そもそも記事は「起承転結」という構成に沿って書いていくのが大前提です。

そこでさらに内容を深く掘り下げ、【稼ぐための記事の書き方】をじっくりと考えていきましょう。

稼ごうと思って記事を書かない!

で、いきなりですが、最初に結論をお話します。

それは【稼ぎたいなら稼ごうと思って記事を書かない】ようにすることです。

これは冗談でもなければ、もちろん文字の打ち間違いなどでもありません。

稼ぐためには、【稼ごうと思って記事を書かない】ことが大切なんです。

こんなことを言うと、まるで禅問答みたいですが、決して精神論や意識論を伝えようとしているのではなく、稼ぐために本当に必要な、実践的なお話です。

それがどういうことなのか、具体的に解説していきます。

 

まず、絶対にやってはいけないのが、
【アフィリエイト報酬を目当てに記事のテーマを選ぶ】ということです。

「この商品が売れたら報酬が大きいから、記事にしちゃえ」という理由で記事を書きたくなる気持ちはよく分かるのですが、これでは稼げません。絶対に読者に感づかれます。

例えば、ASP でとても報酬の高い「英語教材」を見つけたとします。
ですが、その時のトレンドキーワードの中には英語に関するものは、全く見当たらなかったとしましょう。

トレンドキーワードに含まれていないということは、その時点で興味を持っている人は少ないということですから、いくら記事を書いても大きなアクセスは見込めません。

ですから、報酬を獲得できる可能性も低くなってしまいます。

実際には、英語教材などであれば普段から一定量の検索数はあるでしょうから、それなりの成果が出ることも考えられますが、トレンドキーワードの方が大きなアクセスを集められる可能性が高いことは間違いがありません。

つまり、より稼ぎやすくなるということです。

ですから、報酬に合わせて記事を書くのではなく、記事に合わせて広告を選ぶようにしてください。

あくまでも、トレンドキーワードの範疇から離れずにその中でアフィリエイトできるものを探すようにしましょう。そもそも、読者さんは何かを買うためにあなたのブログに来たのではなく、知りたかった情報を得たいために来てくれているのです。

ですから、売りたいものが先にあって記事を書くというのは、本末転倒ということになるわけですね。

買わせたいと思わず、読者の判断に任せる

これと同様に、あまりにも「買わせたい」という気持ちが強すぎる記事を書くことも、かえって稼げない原因となります。

少し前に、有名なゲームクリエイターである飯野賢治さんが「高血圧性心不全」という病気で亡くなったというニュースがありました。

この時、キーワードを俯瞰する訓練を積んでいれば、「血圧計」や「人間ドック」のアフィリエイトができることを思いつくと思います。

そこで、「高血圧性心不全」というテーマで記事を書き、健康のために、血圧計を用意しておきたいですよね、と最後にアフィリエイトリンクを貼っておくことにしたとしましょう。

これ自体はいいのですが、あまりも「買わせよう」と思い過ぎていると、まるで健康機器のメーカーが血圧計の宣伝をしているような内容の記事、いわゆる「売り込み記事」になってしまうんですね。

読者さんが知りたいのは、「高血圧性心不全」という病気についてであり、決して血圧計のスペックなどではありません。

ですが、ここを勘違いしてしまうアフィリエイターが多いんです。

 

例えば、
「高血圧性心不全って怖いですよね。早期発見するためには血圧計がいいですよ。今なら送料無料で○○円で買えます。血圧を下げるには、このお茶もいいですよ。一緒に買うと、ポイントが還元されて、ますますお得になります」

という感じで、売り込み色満載の記事になってしまい、読者さんから警戒されるだけで決して買ってもらえることはありません

では、どんな記事がいいのか?
一例を挙げておきましょう。

<良い記事の例>(あくまでも例文ですので途中は省略しています)


「高血圧性心不全(こうけつあつせいしんふぜん)」という病気をご存知でしょうか?
少し前になりますが、有名なゲームクリエイターだった
飯野賢治さんが、この高血圧性心不全のために亡くなられました。
高血圧性心不全の主な症状は、
・~~~~~~
・~~~~~~
などがあり、その原因としては
・~~~~~~
などが知られています。
飯野さんの他にも
・~~~~さん
・~~~~さん
といった方々が、高血圧性心不全で亡くなられていますね。
主な治療法として、~~~~~~が挙げられますが
何といっても大切なのは予防。
特に高血圧性心不全を引き起こしやすいのが
●●~●●くらいの血圧の時だと言われています。

ですから、健康的な食生活、適度な運動、ストレスの軽減など、生活習慣を見直すことが必要なようです。
また、普段から定期的に血圧をチェックしておくことも大切ですね。
最近では、手軽に使える家庭用の血圧計でも、高機能なものが増えてきていますから、日常の健康管理のために用意しておくといいですね。→アフィリエイトリンク


これは、あくまでも例文ですが、このような流れで読者さんが知りたいであろう“病気に関する情報“を伝えた上でナチュラルに誘導するということがポイントになります。

ですから、基本的には『記事内容に沿った広告が“あれば”貼る』というスタンスで考えておいてください。

また、広告は1 記事につき1 つまでというのが鉄則です。

元々、アドセンス広告も貼っていますのでブログの中でも広告は目立った状態になっています。
そこに、さらにたくさんの広告がベタベタと貼ってあったのでは、「これは売り込みのためのブログなんだな」と思われて誰にも読まれず結局のところ稼ぐこともできなくなってしまいます。

あくまでも『読者さんの役に立つ記事を書く』という基本を決して外さないようにしましょう。
「でも、なかなかそんな記事を書くのは難しいよ・・・」という声も聞こえてきそうですが、だからこそマインドマップを使って、キーワードの俯瞰をしてほしいのです。

キーワードを俯瞰するときの大切なポイントを覚えていますか?

忘れた方はこちらの記事をご覧ください。

大切なポイントは、【キーワードと人を結びつけて考える】ということです。

実はこれが、記事を書くときにも、すごく重要なポイントになるんです。

【キーワードと人を結びつけて考える】癖がついてくると、そのキーワードにまつわる情報をほしがっているのがどんな人なのかということが、おぼろげながらでも見えてくるものです。

そのためにも、性別や年代、職業などの環境も合わせて考えるようにするといいでしょう。
そして、大まかで構わないので、なんとなく思い浮かんでいる人物像に対して喜んで貰えそうな記事を書くように心がけてみましょう。

稼ごうと思って記事を書くと、大抵の場合は売り込み色の強い文章になってしまって、訪問者に嫌われてしまうものです。

当然クリックもされませんから成果も上がらなくなるんですね。
それよりも、訪問してくれた人にとって役立つ記事を書いて喜んでもらうほうが、結果的にはクリック率も上がり、私達の成果にもなってくれます。

【稼ぎたいなら稼ごうと思って記事を書かない】というのは、そういう意味なんですね。
まずはここを、しっかりと理解しておいてください。


人に役立つ記事を書く方法

稼ぐために、人に役立つ記事を書くことが大切なことはご理解いただけたと思います。
ですが、具体的にどんな風に書いていけばいいのかということが、まだわかりにくいかもしれませんね。
そこで、取っておきの方法をお伝えしたいと思います。

それは、【架空の人物を想定して、その人に向けて記事を書く】というものです。

マインドマップでキーワードを俯瞰していると、
「どんな人が、そのキーワードにまつわる情報をほしがっているのか?」
ということがある程度まで見えてくると思います。
そこをさらに掘り下げていきましょう。

その人が男性なのか女性なのか、年齢層はどのくらいなのか、といったところまではキーワードの俯瞰である程度絞り込めると思います。

でも、ここではさらに深くまで想像してみるんです。
例えば、

  • 一人暮らしなのか家族と同居しているのか?
  • 独身なのか結婚しているのか?
  • 独身なら恋人はいるのか?
  • 結婚しているなら子供はいるのか?
  • 職業は何をしているのか?
  • 役職は何か?
  • 何か趣味を持っているのか?
  • 好きな食べ物は?
  • どんな性格なのか?

など、一見キーワードとは関係なさそうなことでも構いませんから、できるだけ詳しい人物像を作りあげてみてください。

もちろん、これは想像で構いません。
まるで、小説やドラマのキャラクターを設定するかのように、架空の人物像を、あなたの頭のなかで作り上げていくのです。

なぜ、そんなことをするのかというと、それは
『対象となる人がハッキリしているほど、文章が書きやすくなるから』
なんです。

日常生活の中でも、目の前に誰がいるのか、その相手によって、話や話し方などは自動的に変わってくるものです。

例えば、相手が初対面で年上の方なら丁寧に話すでしょうし、小学生の子供であれば、より噛み砕いてわかりやすく話すでしょう。

サッカー好きの人がサッカーを話題にする場合、相手も同じようにサッカーが好きなら、かなりマニアックな話もできますが、全くサッカーを知らない人であれば、解説するように話をするでしょうし、場合によっては、話題そのものを変えるかもしれません。

このように、日常生活の中で相手がいれば私たちは自動的に、その相手に合わせて話し方や内容を調節しているのです。

言い換えると、
『相手が誰かがわかっているから、話す内容も決まってくる』のですね。

これは、文章を書くときにも、全く同じことが言えます。
相手が誰なのかわからない状態では、何を書いていいのかがわかりませんからまるで、空か壁を相手に話をしているようなものです。

これでは、文章を書くこと自体が苦しくなってしまいますね。

無理矢理、手探りで書いたとしても、相手がわかっていないわけですから、男性に対して一生懸命、女性向けの化粧品の説明をしているような、見当違いの文章になってしまう可能性が高くなります。

それでは、絶対に稼げませんよね。

ですが、相手がどんな人なのか、その姿がわかっていれば自動的にその人にとってわかりやすく、親しみやすい文章が書けるようになっていきます。

だから、できるだけ細かいところまで想像をめぐらせて、対象となる人物像を創りあげてみましょう。
「でも、架空の人物に向かって書いた文章が、実際に読む人に伝わるの?」
と思われるかもしれませんが、そこは大丈夫です。

というのも、文章(実際に話すのもそうですが)には面白い特徴があるんです。
それは、
【不特定多数の人に向かって書いた文章は誰にも伝わらないが特定の人に向かって書いた文章は、意外と多くの人に伝わる】
ということなんですね

誰にでも伝わるようにと、不特定多数の人に向かって文章を書くと、焦点が絞り切れないため、結果的には誰にも伝わらない文章になります。

ですが、誰か一人に対して書いた文章は、伝えたいポイントも明確になるので、そこに反応する人が増えてくるものなのです。

自分の頭で想像した架空の人物と、どこか共通点がある人が、「これは自分のことだ」と、強く共感してくれるからです。

これは文章の面白い特徴なんですね。
ですから、キーワードを俯瞰するときにも、『人と結びつける』ということをお話していました。
キーワードを俯瞰することで、その情報を求める相手の立場やシチュエーションを想像しながら記事が書けるようになります。

「自分に対して書いてくれている」と思われるような記事は強い共感を呼び、「ぜひ、また読みたい」というファンを生み出していくのです。

  • 「こういうタイプの人だったら、ここがわかりにくいかもしれないな」
  • 「この人なら、こんな情報もほしくなるかもしれない」

など、いろいろ思い浮かぶことも増えてくると思いますよ。
これに慣れてくると、文章自体も書きやすくなりますし、内容を考えることがもっと楽しくなってきます。

楽しくなれば、ますます記事の質も上がってきますから、より良いブログになって、稼ぐ額にも反映されてくるんですね。
【人の姿を思い浮かべる】

これも、極意のようなものですから、ぜひ実践してみてください。

身近な人物に向かって記事を書く

『架空の人物を想像して、その人に向けて記事を書く』
というお話をしましたが、なかなか想像することが難しくうまくキャラクターを作れないこともあるでしょう。
そんな時には、
【実際に知っている人に向かって記事を書く】という方法が有効です。

実際に存在していて、よく知っている人なら、想像しなくてもいろんなことがわかっていますから、かなりイメージしやすいですよね。
1 つのキーワードや、それにまつわる情報、あるいは商品やサービスなどを、あなたのお母さんに説明するとしたら、どんな文章になりますか?

相手がお父さんだったらどうでしょう?

兄弟や恋人、結婚しているなら奥さんや旦那さん、子供さん、友達、会社の上司など、あなたの回りにいるいろいろな人を思い浮かべて、その人に向けて記事を書いてみてください。
感覚的には、手紙を書くようなつもりで記事にするとわかりやすいと思います。

  • 「このキーワードは年配の女性向きだから、母さんに説明するつもりで書いてみよう」
  • 「この商品は上司が喜びそうだから、そのつもりで書いてみよう」
  • 「これは彼女が好きそうだから、ラブレターみたいに書いてみよう」

など、相手がハッキリすると、内容も見えてきて書きやすくなりますし、結果的に読む側にとってもわかりやすい文章になります。

同じキーワードや商品でも、伝えたい相手が変わってきたら文章の内容も変わってきます。
すると、いろんな切り口で記事が書けるようになりますから、無理なくバリエーションを増やしていけるようにもなるんですね。

例えば、パソコンの操作方法について話す時に、相手がパソコンをほとんどさわらないお母さんと、結構詳しい弟に話すのであれば、話し方や内容も変わってきますよね。
これを記事に置き換えてみましょう。

同じ「パソコンの操作方法」というテーマの記事を書くにしてもお母さんに読んでもらうつもりで書くのか、弟に読んでもらうつもりで書くのかで自動的に2 種類の記事が書けてしまうということです。
このように、同じテーマであっても、相手が変われば内容も変わり記事にバリエーションを持たせることができます。

「記事が書けない」と悩んでいる人の大半は、誰に向けて書いているのかという『相手』が見えていないものです。
相手が見えていないから、何をほしがっているのか、何を伝えればいいのかがわからず、文章が書けなくなるんです。
でも、相手の姿がハッキリすると、ウソのように文章が書きやすくなりますから、ぜひ実践してみてください。
文章を書くのが、とっても楽しくなってきますよ。


「解決型」と「提案型」

『人に向かって記事を書く』という、文章を書くための極意をお話したところで、今度はもう少し具体的な方法もお伝えしておきましょう。

それが、私が記事を書くときに使っている、『解決型』と『提案型』という2 つのパターンです。
まず、『解決型』というのは、

ブログの訪問者が持っている「◯◯◯のことを知りたい!」、「◯◯◯の悩みを解消したい!」という欲求に対して、「その答えは△△△ですよ」と教えて(解決して)あげる文章内容ですね。

日常の中で、「ちょっと困った」とか、「ちょっと不便に感じる」というようなものに対して解決策を提供するということなら、すでに知っていることやネットで検索した情報を自分の言葉に直すだけで簡単にできると思います。

後は、それに関連する商品があればさり気なくアフィリエイトリンクを貼っておけばOK ですし、関連商品がなかったとしても、アドセンスがありますから、その記事を収益につなげることは十分できますよね。
ぜひ実践してみてください。

また、もう一つの『提案型』の方も、基本的な流れは同じです。

ブログの訪問者が持っている「◯◯◯のことを知りたい!」、「◯◯◯の悩みを解消したい!」という欲求に対して、『その答えは△△△ですよ。そして△△△対策には●●●がオススメです』と教えて(解決して)あげたうえで、さらに役立つ商品を紹介(提案)するというものです。

当然、その「オススメですよ」というところにアフィリエイトリンクを貼っておくわけですね。
ブログを訪問してくれた人は、何かの問題を解決したいわけですから、そのために必要なものであれば興味を持ってクリックします。

興味を持っているのですから、購入する可能性も高くなりますよね。
だから成果につながるわけです。

これは、自分の報酬欲しさのために「買え買え」と迫ってくるようないわゆる『売り込み型』とはハッキリ違うことがおわかりいただけると思います。

『解決型』と『提案型』の場合には、まったく売り込んでいないんです。
あくまでも解決方法を提供して、その先にアフィリエイトリンクがあるというだけです。

その時に、記事を読んでいる人の姿をハッキリとイメージできていれば、文章の内容にも説得力や優しさが出てきますから、クリック率や購入率も格段に高くなります。

だから、結果的に稼げるわけです。

【稼ぎたいなら稼ごうと思って記事を書かない】というお話をしましたが、自分の家族や大切な人に何かを売りつけるようなことはしませんよね。

でも、「それが、その人に役立つ」と思ったら、一生懸命良さを説明して、その結果、商品やサービスの購入につながるということはあると思います。

それと同じように記事を書いていきましょう。
そのために、『解決型』と『提案型』という2 つのパターンが役立ちますので、ぜひ使ってみてください。

最後

今回はアフィリエイトで稼ぐブログ記事の書くコツなどを解説していきました。

記事は書いて書いて書きまくって覚えないと覚えられないものなので、少しずつ書きながら覚えていくといいと思います。

ですが、そもそも人に記事を見て貰えないと意味がありませんので、Google検索の上位に表示されるSEOのノウハウを記事にまとめています。

⇒ SEO対策について確認する

この記事も合わせて確認しておくとブログ運営では失敗はしないでしょう。