塚原 藍子塚原 藍子

ブログで稼ぐ事ってできるのかな?
ブログで稼ぐ方法も知りたいです。
何から始めればいいんだろう?

このような悩みに答えます。

本記事の内容
  • ブログで稼ぐ意味が分かる
  • ブログを始める手順が分かる
  • ブログの収益化の手順が分かる

まず始めにお伝えしておきますが、

ブログを使って稼ぐまでには最低でも半年は稼げないと理解してください。

 

ブログは、アルバイトなど即金性の高い仕事とは違って収益化まで時間がかかりますが、

それだけ大きな事業ビジネスとなる可能性を秘めています。

 

ブログのビジネスモデル上、

一度記事を公開すると世界中からアクセスできる状態になるので、

たとえ1本の記事であっても100万円を生み出す可能性があります。

 

私自身、ブログを始めて340日ぐらい毎日更新を続けていますが、

これまでの積み上げで月に10万円を稼ぐ事が出来ています。

 

少しでもブログに興味がある人は、

この記事を参考にしてあなたの

ブログを始める参考材料にして頂ければと思います。

※この記事は5分で読み終わります。




ブログの始め方・失敗しない手順を無料解説!

まず大前提としてブログを作成しないと稼ぐ事ができません。

それでは具体的な手順を解説していきます。

  • ①まずはブログを始めよう
  • ②お勧めなプラグイン
  • ③お勧めなWordpressテーマ
  • ④グーグルアドセンスの取得方法について
  • ⑤ブログで使う画像の入手方法を確保

①まずはブログを始めよう

ブログを作成されていない方はまずこちらから初めていきます。

ブログはwordpressを使った有料ブログ一択です。

wordpressにはレンタルサーバーが必要なので、こちらから使いたいサーバーを選びましょう。

②お勧めなプラグイン

続いて、有料ブログを使った時のWordpressでお勧めなプラグインなどを紹介しています。

WordPressでブログを始めたい方は参考にしてみてください。

③お勧めなWordpressテーマ

正直、Wordpressテーマは初めはあまりじゅうようではありません。

デザインが好きなものを選べな問題ありません。

  • アフィンガー:アフィリエイトで稼ぐのに適したテーマ
  • 賢威:このブログで使っているテーマ
  • cocoon:無料で使いやすいテーマ

詳しくはこちらを確認してください。

④グーグルアドセンスの取得方法について

続いて、グーグルアドセンスを

取得してサイトに広告を

表示できるようにする手順を解説します。

⑤ブログで使う画像の入手方法を確保

記事内に画像を挿入することで、読者にとって読みやすい記事になります。

設置場所は、基本的に

  • 記事の最初(アイキャッチ画像)
  • H2見出しの後

この2か所に設置すればOKです。

 

特にお勧めな無料画像サイトは以下になります。

  • O-DAN:質の高い海外系の画像サイト
  • freepik:イラスト系の素材サイト
  • unDraw:イラスト系の素材サイト2

基本的にO-DANを使っておけば問題ありません。

ブログ型アフィリエイトで稼ぐ手順を無料で解説!

それでは、具体的にブログで稼いでいく運営手順をご紹介していきます。

ブログでアフィリエイトを行う上で必要な知識とやり方の手順をご紹介していきます。

  • ①ビジネスマインドに思考を切り替えよう
  • ②アフィリエイトの仕組みを理解する
  • ③SNSを運用していく
  • ④ASPの登録を行う
  • ⑤SEOを徹底的に学ぶ
  • ⑥記事の書き方を覚える
  • ⑦検索順位チェックツールを導入して定期的に記事順位をチェック&リライト
  • ⑧キーワード概念を理解する
  • ⑨Webマーケティングスキルを学ぶ
  • ⑩読者の悩みを言語化する
  • ⑪読者を操る心理学テクニック

①ビジネスマインドに思考を切り替えよう

これから会社の収入以外にお金を稼いでいく訳です。

なので、今までの思考法では稼げるようにはならず、ブログを途中で挫折してしまいます。

 

まずは、ネットビジネスで稼げるようになるマインドセットを身に付けてみてください。

知っているのと、知らないのとでは全く違った結果になります。

ブログを継続する秘訣を動画でも解説

ブログ運営の参考書籍

これはブログで生活している人が書いている書籍で「ブログで稼いだ後の生活をイメージできる本」となっています。

これからブログで稼いでいくのですから、未来はどのようなものになるか確認しておきましょう。

ブログ界で神と呼ばれるイケハヤさんの書籍です。

有益な書籍になります。

②ブログで稼ぐ仕組みを理解する

まずは、

基本的なブログアフィリエイトの仕組みについて知りましょう。

③SNSを運用していく

アフィリエイトをする上で、SNS集客は非常に大切です。

ブログを始めた当初はどうしてもアクセスは集まりません。でも、SNSを活用する事で、SNS経由でブログを見て貰う事ができる訳です。

 

アフィリエイトを始める方は、ブログとSNSはセットで始めるようにしましょう。

④ASPの登録を行う

Amazonアソシエイトや

各社ASPの登録を行い、アフィリエイトの準備を整えます。

この記事で紹介しているASPに

登録しておけば、問題ありません。

⑤SEOを徹底的に学ぶ

アフィリエイトで稼ぐには、

SEOに対して網羅的な知識が必要です。

 

SEO対策について下記の記事内で徹底的に解説しています。

⑥記事の書き方を覚える

早速記事を書き始めましょう。

でも、闇雲に記事を書いても意味がありません。

記事の書き方は下記の記事を参考にしてください。

記事の書き方を動画でも解説

記事の書き方参考書籍

文章の型が学べます。

主に、主張、理由、具体例、反論への理解、主張の順番で文章を書いていきます。

文章の型にとらわれ過ぎない為の本。

始めはめちゃくちゃでもいいから書こう、という内容の本になります。

漫画形式で作られている書籍。

Webメディアの作り方を網羅的に分かる事ができます。

⑦検索順位を確認し、定期的に記事順位をチェック&リライト

記事を書いたらそのままにせずに、しっかり順位を確認しましょう。

また、記事を作成して三か月ぐらいたっても検索上位に表示されていない場合は、リライトを行うようにします。

ただ、闇雲にリライトしていてはダメです。明確な目標設定を決めていないと、ゴールのないマラソンを走り続けるようなものなのでやめましょう。

下記の記事で検索順位の具体的な確認方法とリライト方法について解説しているので参考にしてください。

⑧キーワード概念を理解する

記事を書き続けていくと思いますが、記事を作成する時にはキーワード概念を理解するようにしましょう。

具体的に解説した記事を用意したので、下記を参考にしてみてください。

⑨Webマーケティングスキルを学ぶ

ネットで商品を売る時の必要な知識ですね。

これも日々学んで身に付けておきましょう。

基本的にアフィリエイトはPV×CTR×CVRの数値を最大化させれば稼げるようになります。

詳細は下記で確認してください。

マーケティングの参考書籍

漫画形式で作られている書籍。

とても分かりやすく作られているので、楽しみながらマーケティングを学べる書籍になります。

広告の基礎・基本が分かる書籍。

これはブログから収益に繋がるようにする為の知識が学べる書籍になります。

⑩読者の悩みを言語化する

知識を一通り学んだ後は、アフィリエイト記事を書く時に読者の悩みを言語化するように記事を書いていけば、自然と商品が売れていくようになります。この知識も身に付けておくようにしましょう。

また、原則アフィリエイトをする時は、実際にその商品を使ってみたりすると効果的で、客観的な視点で記事を書く事ができるので必須です。

⑪読者を操る心理学テクニック

最後に学んでほしいのはアフィリエイトで稼ぐ為に必須と言える心理学テクニックですね。

 

これを学ぶ事で、読者を巧みに操って商品購入まで導いていけるようになります。

しっかり下記の記事を読んで、自分のスキルにしていってください。

心理学の参考書

もう心理学といったらこの参考書です。

まだ読んでいない人がいたら読んでおきましょう。

 

価格は3000円と少し高いですが、読む事で3000円以上のお金を得る知識は手に入るようになります。

 

メンタリストDaiGoさんの著書で、分かりすく読者を操る方法が書いている参考書です。

↑の影響力の武器より見やすくなっており、読みやすいので読書初心者の方にはお勧めな参考書です。

 

 

さて、ブログ型アフィリエイトで稼ぐには基本的に上記の11の要素を学んで記事を作成していき、

継続努力していけば、稼げるようになっていきます。

ただ、初めにも書きましたが、最低でも1年は稼げないと思って日々学んでいくようにしましょう。

まとめ:ブログは資産になるので作っておこう

この記事では、ブログの作成方法とアフィリエイトのやり方を徹底的に解説していきました。

ブログはストック型なので資産性のあるメディアで、積み上げていく事で資産は積みあがっていきます。

資産性のあるものを作っておくとあなたの人生は豊かになっていきます。

ブログを始めるのは簡単です。

始めるかどうかはあなたにお任せしますが、まずは試してみてくださいね。