どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

アフィリエイトってどうやって始めればいいんでしょうか?

さーづかさーづか

アフィリエイトを始めるにはブログを作成し、ASPの登録をして記事を書くことで始めることができますよ。

当記事では、ブログなどでアフィリエイトの収益を上げる為のセールスライティングについて徹底的に解説していきます。

私自身、まだアフィリエイトを始めて9ヶ月ぐらいですがアフィリエイト収益を10万以上に出来た実績があります。

初心者がアフィリエイトで月10万の収⼊を達成!努力した事を解説!

ブログ収益がいまいち上がらないという人は、是非この記事を参考にしてみてください。

※この記事は4分で読み終わります。



セールスライティングの徹底講義!アフィリエイトで稼ぐには必読!

セールスライティングを学ぶ事でネットを金脈にする事ができます。

なので、記事を読み終わった後でセールスライティングについて学ぶ事が出来るようになります。

ブログでアフィリエイトの始め方は非常に簡単です。

まずは始め方を解説していきたいと思います。

セールスライティングのコツ6選

主なセールスライティングの方法は以下になります。

  1. 無料は最強
  2. 比較して押し売りを消す
  3. 手順解説で成約を促す
  4. 成功より失敗を避ける
  5. 今すぐに申し込みする理由を書く
  6. 初心者が一歩歩み出す記事を書く

1.無料は最強

無料なのは、成約しやすいです。

非常にシンプルですよね。ネットでは無料が最強のセールスライティングです。

ただ、無料なので報酬も低いので数多く成約させないと収益は上がりづらいので、更に閲覧数を上げる努力が必要です。

2.比較して押し売り感を消す

商品を紹介する時に、1つの商品を勧めてしまうと押し売り感が出てしまい、大抵読者は逃げてしまいます。

そこで、関連商品を取り上げて比較して、その中で1番いい商品はこれです!

といった感じにセールスすると、押し売り感が消えて、成約につながりやすくなります。

3.手順解説で成約を促す

何かセールスする時に手順形式で解説を行い、一つの手順の中でアフィリエイト商品を忍ばせておくと成約につながりやすくなります。

4.成功より失敗を避ける

読者は、失敗することが怖くて検索をしている方が多いです。

なので、失敗するケースを網羅的に解説し、失敗しない為にはどうすればいいのかをしっかり記事で解説する事が必要です。

5.今すぐに申し込みする理由を書く

一番分かりやすい方法が期間限定キャンペーンなどがあげられます。

ただ、紹介する商品に依存するので、もし何もキャンペーンがないのであれば、リンクを設置した後に

「今行動することで未来の自分を変える事ができるので今行動しないのは損です」

といったように「損」や「得」といった文字を文章に添える事でも今すぐ申し込みを行えるような動機を作る事ができます。

ただ、商品自体のブランドも成約率には関係してくるので、扱う商品があまり人気のない商品の場合は成約しづらいかもしれません。

商品によりますが、成約率の相場は3%~8%になっています。

6.初心者が一歩歩み出す記事を書く

ざっと簡単にセールスライティングについて書きましたが、更に大切なのは、初心者が一歩歩み出す記事を書くようにすることです。

よく考えてください。何かを始める時ってお金が動きますよね。

例えば、何かを学びたい時は塾費用が発生しますし、釣りを始める時は釣竿を買いますよね?

なので、収益化を狙うなら初心者が一歩歩み出す記事を書くようにしましょう。

やっぱりSEOの知識が必要

ここまで解説してきましたが、結論を言えばやはりブログ運営はSEOの知識が必要不可欠です。

なので、本気でブログ運営をするのであればSEOの知識を学ぶ事が重要になってきます。

この記事を見れば、SEOの知識を得る事ができます。何度も繰り返し見ることをお勧めします。

セールスライティングの本質は心理学

商品を買う行動を読者に促す本質は”心理学”をライティングに組み込めば解決します。

心理学を上手く活用した方法を↓記事を解説しています。

アフィリエイトにはASP登録も必須!

また、ASPの登録もすませておきましょう。

30個以上あるASPの中から最低限必要なASPを紹介しているので参考にどうぞ。


まとめ:セールスライティングは必須スキル

この記事では、ブログなどでアフィリエイトの収益を上げる為のセールスライティングについて徹底的に解説していきました。

また、ブログを運営するのならSEO知識は必須といえますので、この記事でしっかり学んで頂ければと思います。

それでは。