どうも、さーづか(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

アフィリエイトを個人で稼いだとして確定申告とかってどうやるんだろう?

大変じゃないのかな…?

さーづかさーづか

副業で20万以上稼いだ年は確定申告が必要になります。具体的に解説していきますね。

当記事では、アフィリエイトで個人で稼いだ翌年に行う確定申告について解説していきます。

私自身、物販で稼いでいたので数年前から確定申告を行っていますが、数年前までは結構面倒くさかったのですが、確定申告を効率よくする方法について解説していきます。
今年から副業で頑張る方や、既に何かの副業で20万以上稼いでいる方は、是非確定申告の効率のいいやり方を参考にして頂ければと思います。
※この記事は4分で読み終わります。


アフィリエイトは個人ビジネスなので確定申告が必要!効率良い方法!

 

副業を始めたのはいいけど、本業とは別に収益が上がっていく訳です。

その収益が1年の間に20万を超えた時には「確定申告」をする必要があります。

アフィリエイトも立派な個人ビジネスになるので、稼いだ後には確定申告をする必要があります。

アフィリエイトは個人ビジネス

アフィリエイトは基本的に副業で始める人が多いビジネスですが、立派なビジネスの1つになります。
仕組みを作り始めた後は、収益はどんどん増えていきますので、必然的に確定申告が必要になります。

確定申告は非常に面倒くさい

ただ、確定申告は非常に面倒くさい事です。

特に青色申告は非常に面倒くさいです。ですが、これは手作業でやるから面倒くさいんですね。

でも最近では、確定申告を効率的に行えるサービスが行えるようになっているんです。

確定申告を短縮する方法

従来の方法としては、税理士さんにお願いする方法でした。

でも今では、自動で書類を作成してくれるツールサービスが始まっています。


アフィリエイトの確定申告を個人でするなら会計ソフトfreee

今では、非常に簡単に確定申告が出来るツールが出来ています。
その名も「会計ソフトfreee」です。
これは、確定申告書類が簡単に行える上に、良く分からなくなった時もコールセンターやチャットサポートが充実しているので、初めての個人で行う確定申告をサポートしてくれるツールになります。
それでは、その使い方は主に以下の工程になります。
  • 使い方①質問に答えるだけで書類作成可能
  • 使い方②簿記を知らなくてもカンタンに入力可能
  • 使い方③電子申告で自宅から申告書を提出できる

会計ソフトfreeeの使い方①:質問に答えるだけで書類作成可能

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、3月中旬までに指定の税務署に申告書を送る必要があります。

私も数年前までは、本業と副業の収益を確定申告していましたが、とても面倒な作業でした。

ですが、この会計ソフトfreeeを使う事で面倒くさい作業が殆どなくなり、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類が作成できるようになりました。

ハイテクすぎますよね。

会計ソフトfreeeを使うと図の5STEPで確定申告の作成が完了します。

銀行口座やクレジットカードを同期すれば、自動で金額入力

1年は結構長いので、自分の銀行口座からどんなお金が出ていくのかを管理するのは大変です。

でも銀行口座を同期しておくことで、支出が自動的に記入され、勘定科目なども推測して自動入力してくれるのでとても手間がなくなります。

会計ソフトfreeeの使い方②簿記を知らなくてもカンタンに入力可能!

現金で何かの支払いを行った場合でも、いつ・どこで・何に使ったのかを、家計簿のように記入するだけで問題ありません。すると、自動的に複式簿記の形に変換してくれる為、簿記の記入方法を覚えなくても問題ありません。

アプリを使えば、溜まったレシートも自動で入力できる

アプリを利用すれば、レシート画像をAIが自動解析をしてくれるので、文字情報から自動で経費などを入力してくれます。

確定申告時に、1年間で貯まったレシートまとめて入力するのも簡単になります。

↓こんな感じ。

さらに、ツールを使っている時に良く分からなくなった時に、有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1,980円)はチャットで確定申告についての質問が行えます。さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も行う事が可能です。

会計ソフトfreeeの使い方③電子申告で自宅から申告書を提出できる

あとは、保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用しているなら、質問時に利用していると選択すれば、自動で計算もしてくれるようになります。

なので、確定申告の本を買って自分で勉強する手間や時間を短縮できるようになるんです。

時間をお金で買う感覚に近いですね。

あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

あとは、自動で確定申告書類を作成してくるので、税務署に郵送、又は電子申告で提出するだけ。

これで確定申告が終了になります。

※電子申告する際には、マイナンバーカードとカードリーダが必要になります。

以上で、確定申告が完了します。

会計ソフトfreeeと税理士さんに依頼した時の金額を比較してみた

会計ソフトfreeeは、確定申告初心者の多く方から「本当に簡単に終わった!」という声を多く、口コミも広まっています。では、実際に税理士さんにお願いした場合と、会計ソフトfreeeを使った場合とで値段的にどれぐらい違うのか比較してみたいと思います。

 

まず会計ソフトfreeeを使った場合、一番安いプランのスタータープランの月額980円を使って12ヶ月使うと1万1,760円ぐらいかかります。

それに比べて税理士さんにお願いすると、毎月の経理の費用として最低でも1万ぐらいはかかり、確定申告の書類作成には5万~10万は費用が発生します。合計すると、確定申告の費用が5万だとしても17万ぐらいはかかる計算になります。

ツール使用:1万1,760円

税理士使用:17万

16万ぐらいは安くなる訳ですね。

 

これは使わない選択肢は無いに等しい額になります。

会計ソフトfreeeの申し込みはこちら

※30日間無料お試しアリ

会計ソフトfreeeは画面のステップに従って質問に答えて書類作成ができますし、毎月の支出も自動的に入力してくれるので、非常に合理的な確定申告ツールと言えます。

アフィリエイト収益が増えてきた人や、その他の事業で確定申告が必要になった人は、積極的に導入するべきツールなので、試してみてください。


まとめ:まずは確定申告が出来るまで稼ごう

この記事では、アフィリエイトで個人で稼いだ翌年に行う確定申告について解説していきました。

副業を始めていくと収益がいつかは上がっていく訳なので、その額が1年の間で20万を超えたタイミングで確定申告を行うんだと思って貰えればと思います。

なので、まずは副業で20万を稼ぐところからはじめましょう!

それでは。