どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。

この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?

塚原 藍子塚原 藍子

301リダイレクトってどうやってすればいいのか分からないよ…

笹塚 神之介笹塚 神之介

確かに、301リダイレクトは手動でする場合はよく分からないよね。

でも、ワードプレスのプラグインで簡単に301リダイレクトできる方法があるんだよね。

塚原 藍子塚原 藍子

ほ、本当ですか!? あんなに頑張った私はいったい…

笹塚 神之介笹塚 神之介

当記事では、ちょっと実装するのが難しい301リダイレクトが非常に簡単に実装できるワードプレスのプラグイン「redirection」の導入方法と設定方法、使い方の解説を行っていきたいと思います。

パーマリンクや古い記事を新しい記事にリダイレクトしたい人は是非参考にしてみてください。



WordPressのプラグインで301リダイレクトする方法を解説!

ブログを始めてからブログを運営していくと、記事のURLの変更した時に新しいURLにリダイレクトするのを301リダイレクトと言います。

今回は、310リダイレクトを簡単に設定できる便利なWordPressプラグイン「Redirection」の使い方について紹介していきます。

では、まず301リダイレクトをしないといけない場面をご紹介します。

パーマリンクを変更したらSEOは初期化

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。

パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。

つまりパーマリンク=URLという事です。

SEOの初期化は悲しい

一生懸命記事を育てたSEO効果がパーマリンクを変える事で0に戻ってしまいます。ですが、今回ご紹介する301リダイレクトで前の記事のSEOを引き継ぐ事が出来ます。

古いパーマリンクにアクセスしたら新しいパーマリンクに半永久的にリダイレクトする事になるので安心ですね。

NOT FOUND(404)は悲しい

パーマリンクを変えた時、その古いパーマリンクにアクセスすると、せっかくページに来てくれた読者さんが初めて見るページが↑のような画像だと悲しすぎますよね。

そうならないようにGoogleなど検索結果に表示されるページが404となっていないか日々確認し、404があった場合はリダイレクト設定を行って適切なページを閲覧者に提供できるよう設定をしていきましょう。

それでは、簡単に301リダイレクトできるプラグインの導入方法を解説していきます。

Redirectionプラグインのインストール

ダッシュボードのプラグイン検索からインストールしましょう。インストール後、有効化を行って基本設定に進みます。

プラグインの管理画面は下記の場所にあります。
WordPress管理画面(左側) > ツール > Redirection

初回は基本設定を求められる

管理画面は日本語化されているのですが最新のバージョンにおいて、ここはまだ翻訳が進んでいないようです。後からも変更可能ですがチェックして進めましょう。

こちらでは上の2つにチェックを入れるでいいと思います。閲覧者のIPアドレスを記録に残したい場合は、プライバシーとGDPRに関して留意をした上で3つ目のチェックも入れましょう。

特に設定項目はないので「Finish Setup」を押して進みます。

Redirectionの設定方法

主な設定タブが「転送ルール」「グループ」「ログ」「404エラー」「インポート/エクスポート」「設定」「サポート」とあります。何ができるのか1つずつ見ていきましょう。リダイレクト設定以外にも色々と使えそうな機能が沢山あるようです。

転送ルール

主に設定するのはこのタブになります。ソースURLがリダイレクト元でターゲットURLがリダイレクト先のURLです。

それ以外の項目は特に使いませんのでスルーでOKです。


まとめ

さて、今回は301リダイレクトを簡単に行えるWordpressのプラグインをご紹介しました。

パーマリンクを切り替える予定の方は、このプラグインを活用して記事のSEO効果を新しい記事に引き継いでみてください。

それでは。