どうも、笹塚です。

 

突然ですが、FXの世界には難病があります。

それは

ポジポジ病と呼ばれる病気です。

相場に参加されている方は誰もが”稼ぎたい”という気持ちを持っているが為に、少しでもチャンス(がないのに無理やりあるように解釈)を見出しエントリーを行ってしまう病気です。

稼ぎたい気持ちもすごくわかりますが、相場の世界ではこの”稼ぎたい”っていう気持ちが利益を上げる上で一番邪魔なモノなんですよね。

 

プロスペクト理論が原因

プロスペクト理論は簡単に言うと

損は出したくない!利益を出したい!

という人間の心理を元に行動してしまう理論です。

誰だって損はしたくないですもんね。私もそうです。

ですが、そんな損得が絡む状態で人間はとても【非合理的な行動】をしてしまうんです。

よく使われている例があるので載せておきます。

(例

今からコインを渡すので指で弾いて表が出たら100万をあげます。

ですが、裏が出たら50万もらいます。あ、やらない場合は20万あげますよ。

A.コインを指で弾く

B.コインゲームをやらずに20万もらう

 

このような状況の時は、多くの場合Bを選択してしまいます。

これはAの50万の資金がなくなってしまうようなハイリスクを嫌いローリスク・ローリターンを好むからなんです。

 

ちなみに期待値はAの方は高いです。

■100万円GET or 50万円を失う
(100 × 0.5)+(-50 × 0.5) = 期待値は25

■確実に20万円を手に入れる
(20 × 1.0)+(0 × 0) = 期待値は20

このように、厳密にはBの方が期待値が低いのですが、人間は直感的にリスクが小さく確実な方を選んでしまいます。

 

このプロスペクト理論がFXの世界では非常に邪魔な存在になります。

 

損小利大と損大利小

上記の理論がFXの世界では損大利小という形となって現れてしまいます。

利小について簡単に説明すると買いでエントリーしたとします。それから価格は上昇し、含み益が10000円まで上昇しました。「やった!やったぞー!」と嬉しくなりますよね。ですが、そのあとチャートは下がってしまい、1万あった含み益は6000円になってしまいました。この時に多くの人は「うわ、4000円損した!」と思ってしまい、すぐに利確をしてしまうんですよね。その結果、利確後まだチャートは上昇を続けて、仮に買いポジションを持ち続けていたら+4万ぐらいの利益になっていた。などという状態が非常に多く発生します。

※ただ、そのまま含み損になってしまうケースもあるのでそこはダウ理論などを駆使してトレンドの終焉を素早く察知して利確をしましょう。

次は損大について説明すると売りエントリーをした際にチャートが上昇してしまい、大きな含み損を抱えているとします。そもそも逆指値のストップ注文を入れていないのがおかしいのですが、それは一旦おいておきます。ここで多くの人は「きっと戻ってきて含み損は消えるだろう」と考えて損切をせずにそのまま含み損を抱え続けてしまいます。

その結果、最悪ロスカットまで含み損が膨れ上がり、大きな資金を失ってしまうという状態になってしまうんです。

これにより、FX参入者はこのメカニズム多くの人がロスカットにあってしまい、大損害を被ってしまうんですね。あ~悲しかった。

 

FXでは”待つ”事が重要

含み益を持っている時もそうですが、まだポジションを持っていない状態の時、いかに”待てるか”が重要になってきます。

焦ってエントリーを行いポジションを持っても何も良いことなんてありません!

 

そんな時、いい方法があります。それは…

 

予約注文です!

あらかじめチャートのシナリオを予想し、指値を指しておき、その価格の位置までにチャートが移動すると注文が行われる方法を活用します。

これにより、待つ事でも自分のシナリオ通りの動きをするのかどうかも確認できますし、もし仮に違う方向へ移動した場合、ポジポジ病によりエントリーをしていたら含み損になっていたので得をした感覚も味わえるという一石二鳥っぷりです。

これでチャートを見てエントリーポイントが見つからない時も大丈夫ですね!

 

トレード動画

今回は上記で説明した予約注文を活用しています。

よかったら見て行ってくださいね。

それでは。