どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

良いイラストを描くコツがあればいりたいです!

笹塚 神之介笹塚 神之介

イラスト制作で良いイラストを描く際に、抑えておきたいポイントがあるのでご紹介しますね。

当記事では、イラスト制作する上で良いイラストを描く為にコツを書いていきたいと思います。

この記事を読むことで、描くイラストの出来栄えが格段に向上するので是非参考にしてみてください。



イラスト制作で良いイラストを描くコツは3つ!誰にも負けない拘りを持つ!

イラスト制作は、膨大な作業時間を掛けて出来上がる1枚になります。

そのイラスト制作を行う時に特に意識してほしい内容が3つありますのでそれぞれ書いていきたいと思います。

イラスト制作時に意識する3つのコツ

それでは主なコツを書いていきます。

  • ①考えて描く
  • ②拘(こだわ)りを持つ
  • ③楽しみながら描く

①考えて描く

イラストを描く時は、どうしても制作時間がかかってしまいますが、油断すると思考停止で描いてしまいがちです。

でも、イラスト制作では思考停止してはいけない作業パートがあり、「ラフ制作」「着色作業」の2つの作業時は必ず、思考停止させずに描きたいイラストを具体的に考え、実現する為にどうすればいいのかを具体的に考えて作業をする事が重要です。

なぜなら、イラストの良さは8割型がラフの段階で決まるからです。ラフが決まっても色塗りをしっかり行わないとイラストの出来栄えが落ちてしまいます。

ラフの制作パートでは、考えながら制作するようにしましょう。

②拘(こだわ)りを持つ

イラストを描く時に、最低1つは拘る箇所を意識して描く事で、良いイラストになります。

なぜなら、拘っている箇所はあなたが拘ってる内容と同じ人がイラストを見た時に、強く印象に残るようになり、評価を得る事が出来るからです。

なので、なんでもいいです。1つだけイラストを描く時に「ここだけは誰にも負けないように描いてやる!」と思えるようなところを作るようにしましょう。

③楽しみながら描く

イラストは、制作者の感情が入り込むと言われています。

なので、イラスト制作する時は、もう本当にニヤニヤしながらワクワクしながら楽しみにながら作業をすることで、その作品を視聴する人はその感情をダイレクトに感じる事ができ、イラストを見た方から評価を得る事ができるようになります。

逆に、イライラしながら描いたイラストは見た人にイライラが伝わるでしょうし、ワクワクだったり楽しく作っていると、それも視聴者に伝わります。

どうせだったら、ワクワクとかが伝わったほうはいいですよね。


良いイラストを描くには技術も必要

とはいっても、イラストを描くにはある程度の技術が必要です。

 

  1. イラストを描き始めて間もない方
  2. もっとイラストが上手くなりたい!

と考える方は、オンライン上でプロのイラストレーターから直接動画形式でイラストを学ぶ事ができるオンラインスクールがあります。

イラストは独学も行えますが、プロのイラストレーターから直接教わる方が圧倒的に成長速度は速いです。

お勧めのイラスト講座サイトは「パルミー」です。

具体的にパルミーについて解説したレビュー記事を過去に書いているので、

  • イラストをもっと上達させたい!
  • イラストで仕事を貰えるようになりたい!

とお考えの方は、一度ご覧になってみてください。

パルミーで神絵師に!評判・口コミ調査!実際に入会した人の体験談!

 


まとめ

さて、今回は良いイラストを描く際の3つのコツや、イラスト講座サイトのパルミーについてご紹介しました。

また、イラストの上手くなる手順を記事にまとめているので興味がある方はご覧ください。