どうも、笹塚神之介(@shin_sasasa)です。
この記事を見ている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか?
塚原 藍子塚原 藍子

iPadを使ってイラスト制作ってできるんですか?

笹塚 神之介笹塚 神之介

今やiPadの性能も上がってイラスト制作アプリも充実しているので十分出来ますよ。

当記事では、iPadなどでもイラスト制作をする方法を解説していきます。
iPadでイラスト制作を行える状態にしておqくと、外出していてもイラストの仕事などを行う事ができます。要はどこにいても仕事ができるノマド的な生活も出来る訳ですね。
しかも、どこでも趣味絵を描く事ができます。
この記事では、そんな「iPadで外出先でもイラストを描きたい!」とお考えの方に対して記事を書いていきますね。


イラスト制作をiPad Proで行う方法を解説!【ノマド的な生活が実現】

イラスト制作をするとしたら皆さんはデスクトップPCで描いている人が多いんじゃないでしょうか。

中にはノートパソコンでも描いている人はいますが、大多数がデスクトップPCで描いていると思います。

そんな中、パソコンでイラストを描くには【板タブレット】か【液晶タブレット】のどちらかを使っていると思います。

では、iPadでもイラスト制作ってできるのか、という疑問がありますよね。

iPad Proでイラスト制作ってできるの?

結論を言うと出来ます。

むしろ、iPad本体が液晶タブレットになっていますし、本体も軽いので持ち運びも容易です。

なので、家以外の場所でもイラスト制作が気軽に行えるようになるメリットが非常に多いんです。

買うならiPad Pro!

iPadにはクリエーター向けのハイエンドモデルのiPad Proと一般向けのiPadがあります。

2018の三月に新型のiPadが出ましたがこちらはプロではありません。前モデルまではApple Pencilに非対応でしたが、このモデルからproではなくてもApple Pencil対応するようになっています。

主な違いは画面の大きさ内臓チップの性能画面の反射率など、外出先でちょっと絵を描く程度、値段をできるだけ抑えたいという方ならproで無くてもいいとは思いますが、iPadを液タブとして使いたいという方は基本的にはproの方を買うのをお勧めします。

12.9インチを買うのがお勧めです

iPad Proを買うと決めて次に悩むのがサイズ 中身のスペックは同じですが、12.9と10.5の2種類があります。

これは好みで別れるのですが、私の場合はiPad proをノートパソコンのような感覚で使うと決めていたので12.9インチを選びました。作業スペースも画面がデカいだけ広いのでお勧めです。今ではもう画面は見慣れましたが、初めて見た時は「でかっ!」という反応なので、メインは自宅のPCで外出時だけ使ってコンパクトさを重視する方は10.5でもいいかと思います。

iPad Proを購入

iPad Proがイラスト制作に向いている理由

iPad Proがイラストに向いている理由としては、イラスト制作アプリなどの操作のしやすさと、思い浮かんだアイデアを場所を選ばず瞬時に形にすることができる機動力の高さが挙げられます。これはクリエイティブな作業にぴったりといえますね。

他にも以下の向いている理由があります。

  • ①どこでも仕事ができる
  • ②容量の不安はiCloudで解決!
  • ③ハードとソフトの連携性が完璧
  • ④OS&アプリのアップデート

①どこでも仕事ができる

まさにこれに尽きますね。

普通にiPad Proだけでもイラストの仕事をこなす事ができ、世界中を旅しながらイラストの仕事をしながら生活をする事も実現でき、ノマド的な生活をする事も出来る訳です。

パソコンを起動せず、数秒でアプリが立ち上がり、描きたいときにすぐ描ける点も魅力で、イラストを描く人にとっては意外に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

カフェや公園に行って仕事をしたり、自然の中や博物館でiPadでスケッチをしたり、バスや電車の隙間時間でも仕事絵や趣味絵が描けます。 iPadとApple Pencil、充電器、スマートキーボードがあればどこでも仕事ができるので隙間時間に進められるようになると思います。

【2019年】モバイルバッテリーおすすめ10選!失敗しない選び方とは!

Apple Pencil

スマートキーボード

②容量の不安はiCloudで解決!

イラスト制作は容量が多くなるのがネックですよね。

そんな時はクラウド上にデーターを保存しておいて、どの端末からでも開けるようにするのが便利で安心です。

iCloudのストレージは5GBまで無料ですが、その上のプランは有料になります

  • 200GB:月々400円
  • 2TB:月々1300円

クラウドに絵のデーターや写真を保存するという方は5GBは直ぐにいっぱいになってしまうので月々支払う事にはなります。ですが、1300円で2TBというのは他のDropboxやGoogledriveのクラウドサービスの同じ価格の2倍の容量(この価格帯だと1TBが主流)なので個人的にクラウド上に保存できてこの値段ならかなり安いと思います。

そのうえ、iCloudは家族で共有できるので二人で使えば月々一人650円づつ、三人で使えば月々一人433円でいいのです。 クラウド上の容量をシェアしているだけなのでお互いのフォルダにはアクセスできないようになっているのでプライバシー面も問題なしです。

③ハードとソフトの連携性が完璧

ポータブルお絵描きデバイスとしてiPadを他のタブレットよりお勧めしたい理由はこちらになります。

わかりやすく説明すると ハード=iPad本体 ソフト=iPad内のアプリ です。購入当初はiPadはiOSというiPhoneと同じOSでパソコンのソフトが使えないのが欠点だと思っていたのですが、実はこれがいい面でもあるということに購入してから気がつきました。というのもWindowsのタブレットとPhotoshopという組み合わせで絵を描こうと思った場合、PhotoshopがPC用のソフトなのでタブレットだけで操作するように作られていません。

なので、キーボードのショートカットが必要になってきます。 しかしiPadの場合、iPad用に開発されたアプリなのでキーボードを使わずに操作できるように設計されています。(もちろんキーボードのショートカットも使えます)

最もよく使うprocrateというペイントアプリを例に挙げると

ジェスチャーだけでも

  • 二本指でタップ(戻る)
  • 三本指でタップ(進む)
  • 指でタップ(クイックツールの呼び出し)
  • 三本指で下にスライド(カット&ペースト関連のメニュー呼び出し)
  • 二本指でピンチ(拡大縮小)

等々と数々のジェスチャーでキーボードショートカットの代わりをこなしています。

慣れるまではキーボードのショートカットがあった方が便利だなと思っていましたが、すぐに慣れて素早く操作できるようになります。

あと、画面がツルツルして描きづらい場合はペーパーライクという紙のような描き心地になる液晶保護フィルムもあるので用意するといいですね。

ペーパーライク

④OS&アプリのアップデート

これもiPadがとても素晴らしいと思える大きな要因です。

iosのアップデート

アップルは毎年新型iPhoneと発売と同時にiOSをアップデートしています。これによって年々使い勝手が向上していっています。

去年のアップデートによって、これまでiPadはただの大きなiPhoneでしたがこのアップデートのマルチタスク機能ドック機能で飛躍的に使い勝手が向上しました。今ではこの機能がなかった時のことが考えられないくらい使っています。

アプリのアップデート

イラスト制作アプリ自体も不定期ですがアップデートが加えられます。

こちらも徐々に使い勝手を向上していてprocreateを例に挙げると買ったばかりでは線がジャギっていたりと欠点がまだまだありましたが、この一年でかなり改善して使いやすくなりました。

イラスト制作をipadで行う為におすすめなアプリ6選をご紹介!

イラスト制作をiPad Proで行う人たちの口コミ

実際にiPadを使ってイラストを描いている人たちの口コミがいくつかありましたのでご紹介します。


まとめ:iPad Proは絵描きなら持っていた方がいいです

今回の記事では、iPad Proでイラスト制作を行う為の方法を解説していきました。

実際に使ってみないと分からない場合もありますが、多くの方が実際に利用して高評価な意見ばかりなので、絵描きの方なら1台は用意しておくと出先で気軽にお絵描きが楽しめるようになりますよ。

それでは。