どうも、イラストレーターの笹塚神之介です。

今日は以前、知人の絵描きさんから言われて、はっ! っとなった事があったのでそれについて書いていきたいと思います。



イラストが上達しない理由

塚原塚原

イラストってすぐに上達しなくて挫けそうです

笹塚笹塚

そのメカニズムなんだけど、イラストって練習の成果が出るのに体感で三か月ぐらいかかるんだよね

塚原塚原

そ、そんなに! それじゃすぐ上達したい! っていうのは無理なんですか!?

笹塚笹塚

そう、だから上達を実感できる前に描かなくなっちゃうんだ。でも”すぐ”は無理だけど、上達出来る方法はあるんです!

まずはイラストを描くといっても、描く対象を知っていないとそもそも描くことはできません。よく理解していない状態で想像などで描いている人がいますが、それでは上手く描ける訳がないんです。
なので、描く対象の事をまず知る事がイラスト上達の第一歩になります。

知るだけではダメ

知るというのは、しっかりと資料を用意するという意味なのですが、これだけではまだ駄目で、しっかりと集めた資料を元に何故上手く描けないのかを”頭で考える”事です。

塚原塚原

でも先生、考えても上手く描けない! って時はどうすればいいんですか?

笹塚笹塚

そういった状態は必ず来るけど、そこで諦めちゃダメなんだ。

もし、イラストを描いている時に上手く描けなくて、資料とかを集めても上手く描けない時があると思います。
でも、それでいいんです。

大事なのは、今描いているイラストを完成させるって事なんです。

以前ノルマ理論を説明した記事で詳しく書いていますが、初めから完璧に上手いイラストを描こうという大きな目標を持つからいつまでたってもイラストが完成しないんです。
今の実力、今できる最大限を出し切ればそれで大成功です。ノルマ理論を詳しく知りたい人は以前書いた記事をチェックしてみてください

でも、完成させるのはいい事なのですが、一つだけしてはいけない事があります。


毎回同じ構図で描かない!

塚原塚原

これ無意識にしてしまうやつですね…

笹塚笹塚

いろんなパターンの構図を描くことで脳内でキャラクターを動かせるようになるんだ

例えば、右向きのキャラクターを数回描くと腕が慣れてきて、右向きのキャラクターだったら描けるようになるかもしれません。
ですが、慣れているからと言って毎回右向きのキャラクターだけを描いていてはダメです。
出来る限り、前描いたイラストの構図とは違うイラストを描くようにしていくといいでしょう。
また、手や足を積極的に画面内に収めて描くような構図にするのも勉強になります。
そういった構図をどんどん描いていくと、脳内でキャラクターを動かして描きたいポーズをしてくれるようになります。
でも、まだモザイクがかかったような状態の場合は資料を用意して補填していけばいいんです。いずれ鮮明にイメージできるようになりますよ。構図について記事にまとめているのでご覧ください

⇒ イラストの構図11選を確認する

一度構図を決めれば逃げられない

構図を決める際に、今まで描いたことのないポーズだったり、アングルだったり設定すれば、それを描き切らないといけない訳で、そのためにめちゃくちゃ資料も用意するでしょうし、めちゃくちゃ力も付くようになるんです。そしてなにより忍耐力が付きます。この忍耐力が付けば、どんなイラストを描こうが逃げないし、最後まで描き切るようになるんです。是非忍耐力もつけていきましょう。

資料の探し方

あと、たぶんわかると思いますが、資料を集める際はGoogle画像検索で探せばイメージに合うイラストなり資料が出てくると思います。
一時期pixiv内で探したりしましたが、正直google画像検索が優秀すぎました。
なので、絵を描く際に資料が足りない!と思った際はGoogle画像検索から拾ってきましょう。

他にイラストを描く際に参考になるサイトをまとめた記事があるので、興味がある方はご覧ください。

⇒ イラスト制作に役立つサイト12選を見る


最近のイラスト添削で思う事

少し前に始めたイラスト添削をしていて思った事があるのですが、添削ってめちゃくちゃ楽しいですね。
送られてきたイラストを見るとすぐに

笹塚笹塚

あ~、こういう感じか、この場合だとこれを言ってあげればいいかな

って感じで、自分も通ってきた道なので言ってあげた方がいい事がすぐに出てくるんですよね。

それに、来たイラストを自分でも赤ペンを入れて描くので、純粋に自分の絵の練習にもなる訳です。よく人に教える際は自分もより理解を深める事ができて自分も学んでいる。という話があるように、イラスト添削をしていると自分のスキルも上昇していくのを感じました。

でも、考える事は放棄しないで

上にも描きましたが、あくまでイラスト添削は最終手段として考えて頂ければいいと思います。できる限り、自分で資料を用意して頭で「どうすればもっと可愛く&かっこよく…」、という感じに考えを振り絞ってみてください。
そして出来た作品をイラスト添削で送ってきてくれると、私がアドバイスなり、練習法なりを教えれると思います。
あなたの作品が出来た際も、添削依頼をしてみてくださいね。

最後

さて、今回はイラストが上達しない人に対して、上達するにはどうすればいいのかをまとめていきました。イラストは上達を実感できるのにタイムラグがあります。それも踏まえながら日々イラスト練習を頑張ってみてください。

またこの記事以外にもイラストを活用したノウハウをまとめてあるので↓をご覧ください。