どうも、笹塚です。

 

今回も過去にワンドロで描いたやつを仕上げる遊びをしています。

その中でいままで描いてなかった長門さんをイラストを仕上げてみました。

まずはワンドロ時のイラストです。

鎮守府にいる長門さんをイメージして当時1時間で描いた記憶がありますが、当然のことながら1時間で描き切れるはずもなく、雑な感じのイラストになっています。

 

それを今回描き直して仕上げたのがこちらです。

 

今回は書き直したキャラクターに背景も付けてみました。

背景を追加すると絵の世界観がより出るので、いい感じになりますね。

 

でも、最近このワンドロを仕上げる遊びをし始めて感じた事は、やっぱりイラストってラフを決める時が一番時間かかるんだなー、と感じました。

昔聞いた話ですが、ラフってイラストの良し悪しを決める一番大事な工程だそうです。

いくら線画とか塗りが良くても構図が悪いと全てが悪くなる、という感じになるので、イラストを描く際は構図を意識してラフを作るといいと思います

 

とはいいつつも、しばらくはワンドロ遊びを続けるのでラフを作るのはしばらく先になりそうです。

それでは。